未分類

中目黒の雰囲気はどんな感じ?住みやすいか?いいところも紹介!

投稿日:2019年3月10日 更新日:

中目黒駅周辺の雰囲気やいいところ

 

中目黒駅はおしゃれすぎて小生には近寄りがたい雰囲気がある。しかしやはり東横線沿いの雰囲気は非常にいい。住みやすいし、駅前の商店街や飲食店の感じもいい。住みやすさは抜群だ。賃貸が高いが。

 

スポンサーリンク

中目黒はどんな雰囲気なのか?

中目黒の街の雰囲気

中目黒はおしゃれな街、高級住宅街の街、ファッションの街というのが一般的だろう。しかし結構庶民的な街のイメージがある。

中目黒駅前の横断歩道

駅前にやたらゴージャスな蔦屋書店があるので、これをみるとかなり上品な街のイメージなるのだが、意外とそんなことはないかと思う。

蔦屋書店は高架下にあるが、この高架下にはファッション関係の会社?やお店が入っている。「中目黒高架下」と正式名称でいうらしい。公式のウェブサイトもある。

中目黒の蔦屋の前

中目黒の蔦屋書店。スタバが入っている。

中目黒駅は東横線の駅であるが、渋谷に近いのでアクセスしやすい。駅を降りて信号を渡ると蔦屋書店がある。この蔦屋書店はスタバやカフェが入っているので待ち合わせやデートに使われる。蔦屋書店といえば代官山が有名であるが、こちらの蔦屋書店も秘密基地っぽくてなかなか使いやすい。

中目黒の高架下

この蔦屋書店の裏にアパレル店やブティックがある。この高架下を中目黒方面から歩いて行くと隣の祐天寺や学芸大学方面にいける。

まっすぐ行くと中目黒の駅になる。この道はなかなか静かでいい感じだ。ファッション関係のおしゃれな若者が歩いている。東京はファッションがすぐに東京だとわかるのが面白い。どこの街にも「ぽさ」というものがあるものだが、中目黒、代官山、青山なんかはよく似た感じがするのは小生だけだろうか。

通りにはこのようなブティックやアパレル店がある。みんなここでブランドを立ち上げ、でスタートアップするのだろうか。

中目黒高架下のギャラリーストリート

ここは「ギャラリーストリート」というらしい。ちなみにこの高架下の向こう側にアパレル店などがある。目黒銀座商店街というところである。

 

中目黒駅周辺の雰囲気は?

中目黒駅周辺の雰囲気

今度は中目黒駅周辺の雰囲気を見ていく。駅の周辺は飲食店が非常に多い。

駅の周辺は居酒屋さんなどが多い。駅前にパン屋さんなどもあるので住民にとってはなんでもあって非常に住みやすい街だと思う。

中目黒駅周辺には居酒屋がある

このように駅前や路地に居酒屋が多い。夕方くらいになると店先でお食事を楽しんでいる人がたくさんいる。

こちらは先ほどの駅前から反対側になるが、別の蔦屋やドラッグストアもある。カウンター席の快適なコンビニもこの隣にあるので、住みやすそうだ。

こちらは駅前の通りを山手通り方面に進んでいったところだが、ニトリもある。中目黒に引っ越すなら新たに必要な生活用品はここで帰るので便利である。

山手通りと駒沢通りが重なっているところだが、こちらを右に駒沢通りを進んでいくと住宅街が広がっている。目黒区役所もある。駅前にはターワマンションもあるが、こちらは比較的賃貸もお手頃な物件が見つけられそうだ。

駒沢通りはお店もあるし、ランナーがマラソンしているので気持ちのいい道路だ。

こちらは駅前から徒歩3分くらいのところにある「目黒銀座商店街」である。こちらにもアパレル店やおしゃれなカフェやレストランがある。

昔ながらの商店と、新しいカフェやレストランが入り混じっているのが印象的だ。昔からここに住んでいる人もたくさんいるのだろう。昔はそれほどではなかったのだろうが、地価が上がった今、地元の人はどんな気持ちなのだろうか。

ブランド店も多い。小生が行った時は店先でモデルの撮影をしているお店があった。

飲食店もあるのでグルメ旅にも使えそうだ。この商店街はなかなか雰囲気がよかった。

また別記事で紹介したいが、新宿もこんな感じで商店街の向こうに高層ビル、みたいな景色がある。いかにも東京らしい光景だ。写真右のダンボールの置いてある店先で野菜を売っていた。やはり中目黒は駅を離れると閑静な住宅街である。

突き当たりにナチュラルローソンがある。ここをまっすぐ行くと先ほどの「中目黒高架下」に出れる。さらに進むと祐天寺方面である。

こんなアーティスティックな場所もある。そういえばバンクシーの作品も探しに行きたいと思った筆者である。さすが中目黒。商店街ののどかな光景に、ファッションと芸術の街ということを忘れさせられていた。

ちなみに先ほどの商店街を左に曲がると上目黒地区になる。ここら辺は賃貸物件があったが、結構古めなアパートだった。どちらかというと新築や昔から住んでいる人の家が多い。

こっち方面にも路地には隠れた喫茶店やカフェがある。ランチ営業しているところがあり、店先に看板が出ている。

ちょっと珍しいお店を見つけた。小生が行った時はお昼頃だったので、何人か店先に並んでいた人がいた。また戻ってきた時にいなくなっていたので、「あれ?どこに行ったんだろう」と思った。なにやら張り紙がある。

なにやらかき揚げ丼の有名な飲食店らしい。お店の二階でお食事ができるらしい。知らないと普通に通り過ぎてしまう。これぞ穴場のお店と行った感じだ。雰囲気がよすぎるぞ。近くにいる時行ってみよう。

 

スポンサーリンク

中目黒駅前の山手通りの雰囲気

中目黒駅前の山手通り

今度は中目黒駅前の山手通りに行ってみよう!ここら辺は大きな道路を隔てて飲食店が多く並んでいるチェーン店のカフェなどもあるので、常に人通りが多い。スーツケースを引いた観光客もたくさんいる。ここら辺はなかなか雰囲気がいい。

カフェやスイーツ店もある。中目黒の印象はおよそこの通りで作られているのではないか。大きな山手通りと、道端に並んでいる多くの飲食店。そしてこの路地を曲がっていくとある目黒川が有名な観光スポットだ。

路地を曲がると川がある。これが有名な目黒通りである。桜並木が川の周りにあるので春になると美しい桜が満開になる。観光客も増え、夜まで大賑わいだ。

川の周りにもカフェやレストランが多い。テラスでお食事をしている人もいる。みんなおしゃれだ。

こちらが目黒川である。この川の周りにあるのがみんな桜の木だ。小生が取材に行ったのは3月だったので、まだ桜は咲いていなかったが、4月ごろになると800本のソメイヨシノを見ることができる。「中目黒桜祭り」というのが開催され、夜まで周辺のレストランでお花見ができたりする。

中目黒は非常にお店が多い。なんだろう、この宇宙人は。

 

スポンサーリンク

まとめ

中目黒の蔦屋書店のカフェ

中目は非常におしゃれな街だ。蔦屋書店はおしゃれすぎて小生には立ち入ることができない。「いや、駅行くんですけど….」という顔をして中通りを通り過ぎるだけである。

 

スポンサーリンク

中目黒は住みやすい?住みにくい?

中目黒はファッションの街という印象が多く、周辺のお店も非常におしゃれなところが多い。通称「ナカメ」と呼ばれている中目黒は都会に移り住む人の憧れの街である。一体住みやすいのか、住みにくいのか、どっちなのだろうか。

中目黒は住みやすいのか、住みにくいのか

目黒川周辺の住宅街

小生はなかなか住みやすい街だと思う。人によっては人が多くて、駅前は工事なども行われているので住みにくいという人もいるようだが、小生はそんなことはないと思う。駅前はタワーマンションが多いので、上京などでここら辺に住む人は少ないのではないだろうか。

賃貸も高いので、学生や若者の場合はなるべく少し離れたところに住むことになると思う。そうすると駒沢通りや祐天寺方面などのアパートやマンションに住む可能性が高い。ここら辺なら中目黒よりも比較的賃貸が安いし、住宅街なので静かである。住みやすいに違いない。

駒沢通りは住みやすいか

駒沢通りと山手通りの交差点

賃貸的には代官山、中目黒、祐天寺、と行った順番である。この三つは高いので、小生なら同じ東横線の学芸大学か都立大学を選ぶ。実際に住もうと思って渋谷の不動産屋さんと一緒にここら辺を回ったが、6万くらいからいい物件がいくつかあった。7万あれば余裕かな、という感じだ。それ以下は結構厳しい。

しかし中目黒は始発があるので、電車に座りたいならおすすめだ。渋谷勤務などの場合は朝と夕方に混雑する中目黒は楽である。東京メトロも中目黒から通っているので、中目黒は電車の利用者にとっては使いやすいのである。通勤のことを考えるとナカメはいい。

中目黒駅前のバス停とタワーマンション

中目黒駅前のターマンションとバス停

中目黒に住む人は自転車やバイクを使っている人が多い。通勤で使うのだろう。通勤時間はナカメの商店街まで駒沢通りから降りてくる人がいるので、駒沢通り方面に住んでいる人が多いのだろう。ナカメの駅周辺はお金持ちが住むイメージで、若者や学生さんでできれば賃貸を抑えたい人は少し離れた山手通りや駒沢通り方面、または同じ路線の学芸大学、都立大学、祐天寺などに住むのだと思う。

賃貸は高いが、住みやすさとしては抜群だと筆者は思う。買い物に困ることはまずないだろう。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は東横線の中目黒を見に行ったが、ナカメは金持ちのイメージがあるが、歩いている人は庶民的な人が多い。ファッション関係の人も非常に多い。ビジネスで来ている人もいるのでスーツ姿の人、旅行で来ている人、外国人、若い女子大生やカップルなどなどと行った感じだ。

実際に歩いてみて、どんな雰囲気なのか探ってみるのもいいです。

 

……あとは君たちの冒険だ。

-未分類
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一週間の出張で持っていくべき持ち物

一週間の出張で必要な持ち物!ホテルに「ある」ものと「ない」ものなど

  一週間程度の出張ではどのくらいの持ち物が必要なのでしょうか。一週間となると着替えはどうするのか、クリーニングできるのか、ホテルには何があるのかなどを詳しく見ていきます。 一週間の出張の前 …

ホテルの部屋はなぜアップグレードしてくれるのか

ホテルで部屋をアップグレードしてくれうのはなぜか?その方法は?

  最近はビジネスホテルでも大きな部屋にアップグレードしてくれるホテルがあるようなのですが、基本的にアップグレードというのは高級ホテルによくあるサービスだと思います。高級ホテルでは、「よく身 …

東京都内でおすすめの勉強する場所

都内で勉強する場所はどこ!?無料で使えるのは図書館以外にもある!

  小生はこれでも一応大学に行ったことがあるので、受験勉強というものをしたことがあります。受験勉強をしていた時は地元の図書館や予備校の自習室を使っていたのですが、周りの人間が席を立つまで休憩 …

学芸大学駅の周辺は住みやすいのか

学芸大学は住みやすいのか?賃貸相場なども一緒に検証!

  春に東京に上京してくる人もいると思いますが、都内に住むなら筆者は「東横線」の周辺に住むのがおすすめします。東横線は渋谷と横浜を結んでいる線路です。「学芸大学」も東横線にあるのですが、ちょ …

no image

多摩川から中目黒まで歩いてみた!

    今回は東横線の多摩川駅から中目黒駅まで歩いてみました。多摩川駅から中目黒までは歩いてい時間以上かかりますが、途中で東急東横線の沿線を散歩することができたり、駅近くの観光スポ …