引っ越し

一人暮らしの初期費用は最低いくら?10万で普通にいけます

投稿日:

一人暮らしの初期費用は最低でいくらかかる

 

一人暮らしで初期費用は最低でいくらくらいかかるものなのでしょうか。不動産屋さんに聞くと当然ですが、30万以上かかりますと言われます。普通にやると確かにそれくらいかかります。しかし経験談から、筆者は普通に賃貸契約なども含めて10万くらいで行ってきたので、もっと抑えることができます。

今回は一人暮らしの初期費用で最低どれくらいでできるのかみていきましょう。

 

スポンサーリンク

一人暮らしの初期費用は最低10万円〜

まずは普通に何も考えなしに不動産屋さんに行って引っ越した場合の金額です。家賃は6万の場合の計算です。

費用 内訳
賃貸契約 20万円 家賃+仲介手数料etc
引っ越し 10万 1000kmなら15万以上
家具家電 10万
生活費 10万 家賃6万+生活費4万
合計 50万

ざっと50万円です。家賃が6万円なのに、一人暮らしで50万も最初にかかります。個人的にはこれはかかりすぎではないかと思います。よく不動産屋さんに聞くとこんな金額を出されますが、まず賃貸契約の初期費用で20万円もかかっている場合はある程度節約できる可能性があります。

節約するとこれくらいの金額になります。

費用 内訳
賃貸契約 10万 仲介手数料などなし
引っ越し 2万円
家具家電 3万円 必要になったら揃える
生活費 10万円 家賃6万+生活費4万
合計 25万円

25万円です。初期費用が半分になりました。引っ越しを宅配業者の単身者向けのプランか、自分の車で引っ越しして、家具家電は必要なものを毎月買い揃えていく方法で、これだけ下がりました。

しかし、これでも初期費用が少し高いと筆者は思います。6万くらいの安い部屋を借りるなら、もっと節約した方がいいのではないかと思うのです。

ちなみに筆者は10万以下でいけました。嘘くさいかもしれませんが、郊外で電車移動できる範囲の物件でしたので、可能だったのです。筆者のも紹介しておきましょう。

費用 内訳
賃貸契約 8万円 仲介手数料なし
引っ越し 0円
家具家電 1万円
生活費 1万円 前家賃0円/生活費1万
合計 10万円

本当にこれくらいでできます。家賃は5.3万円の物件ですが、6万でも同じくらいでできると思います。ちなみに賃貸契約は仲介手数料が50%かかりましたが、割引してもらい2万円くらいでした。

前家賃がかからないタイミングで不動産屋に行ったので、初期費用としての家賃がかかっていないので生活費のみです。ちょっとせこい計算の仕方ですが、前家賃を削ったり、日割り計算にしてもらって初期費用を抑えることができます。

こうしたテクニックも一緒に今回はご紹介していきましょう。一般的な初期費用の費用と、抑える方法をポイントに見ていきます。

 

一人暮らしの初期費用の最低金額:賃貸契約

まずは賃貸契約にかかる初期費用です。賃貸物件を借りると家賃とは別に、物件のオーナーさんに支払うお金紹介してくれた不動産屋さんに払うお金、部屋のクリーニングなどの物件の準備にかかるお金を合わせて初期費用がかかります。

目安としては、最低でもだいたい家賃の2倍〜5倍と考えるといいでしょう。

内訳は以下の通りです。

初期費用の一覧 金額
敷金 家賃1ヶ月分以上
礼金 家賃1ヶ月分以上
仲介手数料 家賃の0%〜100%
日割り家賃 1/2に入ったら残りの28日分
前家賃 家賃1ヶ月分
保証会社利用料金 家賃の50%〜100%
火災保険 1.5万〜
鍵交換代金 1.5万〜
部屋のクリーニング 3万〜

賃貸契約の初期費用でかかる主な内訳はこの通り位です。だいたいどこもこの通りです。

 

敷金と礼金

敷金は退去する時のクリーニングにあてたりするお金で、礼金は物件のオーナーさんや大家さんにあげる感謝のお金です。礼金とか、実際、意味不明ですよねw。

敷金と礼金は初期費用でかかる場合とかからない場合があります。家賃の安い物件はどちらもかからないか敷金1ヶ月分だけの場所が多いです。タワーマンションなどの高級物件はどちらもかかる場合が多いです。

 

仲介手数料

これは物件をオーナーさんや大家さんの代わりに紹介してくれた不動産屋さんに支払うお金です。家賃の0%〜100%取るところがあります。家賃が6万円で物件の紹介ページなどに仲介手数料100%などと書かれていたら6万円になるということです。

弁護士の初回コンサルよりも高いですよねwww

キャンペーンなどでないとなかなか仲介手数料が0円のところはないです。不動産屋によって社員の営業ノルマに関わるお金でもあるようです。取られるのが普通です。

 

日割り家賃

1月2日に入ったら、残りの28日分は日割りで家賃を払います。これが日割りの家賃です。最近は1月の20日とかに入ると「残り1/3だからオーナーさんにお願いしてタダにしてもらえるか聞いてみます..」と行って無料交渉してくれる不動産屋さんもいます。

まあ、初めからそういう取り決めをオーナーさんと不動産屋さんでしている場合もあるので、そんなに得ではないです。

でも初期費用を抑えることができるので、最低初期費用を下げるならその月の半ば以降に入るのがいいです。

 

前家賃

日割り家賃と加えて次の月の家賃です。1月20日に入居したら、1月20日〜1月31日までの11日分日割り家賃と、2月分の前家賃を支払うことになります。

両方払いたくない場合は、日割り家賃のかからないように、2月ぴったりに入ると前家賃を免除してくれる場合があります。最低限の初期費用にするならばおすすめのテクニックです。

 

保障会社利用料金

家賃が払えなくなった時のために、連帯保証人として両親などをつける場合がありますが、つけないならば家賃未払い専用の保障会社を利用する場合があります。だいたい家賃の半分くらいの料金になります。

6万円くらいの家賃のところなら、家賃の半分の3万円くらいの場合が多いと思います。私は5万の家賃で2万だったことがありました。保障会社にもよるみたいです。

 

火災保険

その名の通り火災に関する保険です。だいたい1.5万円くらいです。初期費用として最低でもかかってくるお金です。

 

鍵交換

前に住んでいた人が使っていた鍵と同じだとまずいので、鍵穴から鍵を交換します。だいたい1.5万で消費税入れて1.6万5000円くらいです。これも最低初期費用でかかるお金です。

 

部屋のクリーニング

これも初期費用で最低かかるお金です。内装工事で壁紙を張り替えたり、部屋のクリーニング業者が風呂や水周りを掃除したりします。業者が入る数にもよりますが、3万以上はかかります。一部は物件のオーナーがまかなうようになっているので、普通の内装屋さんのお金とはちょっと違います。

 

スポンサーリンク

一人暮らしの初期費用の最低金額:引っ越し

一人暮らしをするときに不動産屋さんの初期費用は結構かかりました。しかし、まだ初期費用としてかかってくるお金はあります。それが引っ越しの料金です。最低でもいくらかかるのでしょうか。

 

自分でやるなら約最低1万円〜

レンタカー代金 軽トラ6H3900円くらい
ダンボール代金 無料か一個300円くらい
電車代金

自分で引っ越しすると荷物移動にかかる自動車のレンタカー代金と、引っ越し先と自宅の往復にかかる交通費くらいしかかからないので初期費用を下げることができます。首都圏内で電車移動できる距離なら最低でも1万円くらいあれば初期費用は足りるのではないかと思います。

筆者は自分の車を使って、ダンボールなどはホームセンターで買って、1万円以内で済ませたことがあります。ダンボールは大きさにもよりますが、一個300円〜購入することができます。最近はホームセンターなどでもらえなくなってきているので、貯めておくといいかもしれません。

 

引っ越し業者なら約最低3万円〜

場所 繁忙期(1月〜4月) 閑散期(5月〜12月)
同県内 3万前後 2万前後
他県 5〜8万 3〜6万
350km以上 6万〜10万 5万〜9万
荷物が多い プラス1万〜2万くらい
繁忙期 プラス1万〜2万くらい

大体ですが、同じ県内の一人暮らしの引っ越しで、荷物が多くないなら3万円以下でやってくれるところも多いです。時間もかかるので、引っ越し業者に頼んでしまった方が楽な場合も多いです。

東京から関西くらいの350km以上の距離になると大きく一人暮らしの引っ越しの初期費用が高くなるので注意が必要です。

 

単身パックなら最低約1.5万円〜

50km未満 1.5万円〜
200km未満 2万円〜
500km未満 2.5万円〜
1000km未満 3万円〜

引っ越し業者ではなく、宅配の引っ越しパックを利用すると最低で初期費用が1.5万円くらいで行うことができます。

一人分の荷物を決まった重量やダンボールの数で送ることができるのですが、宅配なので距離によってそんなに大きく値段が変わりません。引っ越し業者のスタッフ代金もかからないので、人件費がない分最低初期費用を下げることができるのです。

 

スポンサーリンク

一人暮らしの初期費用の最低金額:家具家電

最初に全部一気に買うことは少ないかもしれません。大体の人はちょっとずつ買い集めて行く感じになります。最初に最も必要なベッドや冷蔵庫などの家具を買い集めても10万以内でしょう。安いもので買い集めれば、最低の初期費用は5万以下でも十分行けるでしょう。

 

スポンサーリンク

一人暮らしの初期費用の最低金額:日用品

日用品も随時買っておかなければいけません。でも掃除グッズや洗剤などでも、一ヶ月で1万円もかからないので、初期費用は最低でも5000円あれば十分かなという感じです。

必要なものは100均でも揃うし、ドラッグストアで安くかえます。

 

一人暮らしの初期費用の最低金額の実例

一人暮らしの最低金額の実例としては以下の通りです。

家賃6万円のアパートに引っ越す場合の例で見ていきましょう。

(家賃) (6万円)
賃貸契約の初期費用 15万円
引っ越し(単身パック) 3万円
家具家電 10万円
日用品 1万円
合計 24万円

合計で24万円くらいです。家具家電は半分くらいにも抑えることができるし、賃貸契約の初期費用も10万円以下くらいにできるので、15万円以内でも十分一人暮らしを始めることができるでしょう。

賃貸契約の初期費用の中に前家賃として翌月分の家賃が含まれていますので、翌月の家賃は考えなくてもいいのですが、不安な人はさらに翌月の分の家賃を用意しておくのもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

一人暮らしの初期費用の最低金額は10万でも行けると思う

筆者の経験からいうと、一人暮らしの初期費用は最低金額が9万円くらいでした。なので人によっては10万円でも行けると思います。賃貸契約の初期費用で8万円で、引っ越しの雑費が2万円くらいかかったので、それで10万円以内でいけました。

しかし筆者の場合はいろんなところに引っ越しした経験がかなりあるので、抑えるポイントなどがわかっていました。初めて引っ越しする人は最低でもその倍の20万は貯金しておきたいところです。

一人暮らしの準備の参考になれば幸いです。引っ越し作業頑張ってください。。

 

-引っ越し
-

関連記事

関内駅の住みやすさは?

関内駅周辺の住みやすさは?治安の悪い地域もある?

  横浜は全体的に住みやすい駅がたくさんありますが、横浜駅から3駅目の関内駅はどうなのでしょうか。今回は横浜の人気の街関内駅の住みやすさを見て行きます。伊勢佐木町が近いので、治安の悪い地域も …

不動産屋さんの内見の流れ

内見の流れを知っておこう!不動産屋に行く前にチェック!

  不動産屋さんの内見に行く時にどんな流れになるのか知っておきたいところです。今回はスーモやなんかの不動産サイトから物件を見つけてから、不動産屋さんに内見の予約をとって、物件を見に行くまでの …

男の一人暮らしで危険なこと

男の一人暮らしで想定される危険なこと12選!意外と男でも痴漢にあう?

  一人暮らしで女性の人は夜が怖いという問題があります。しかし。男性でも一人暮らしは怖いことがたくさんあります。意外と男性でもストーカーにあったり、痴漢にあったりするものです。今回は一人暮ら …

内見の持ち物まとめ

不動産屋の内見での持ち物はこれ!必要なものリスト作ったよ!

  ちなみに筆者は1年で2件の物件選びに失敗して100万以上損したこともあります。お金がない若い人がこんなことにあったら大変だと思い、不動産業界の実際を伝えるために記事を書こうと思いました。 …

内見とは?

内見とは?意味や不動産屋さんで何をするのかについて解説

  不動産屋さんや賃貸物件のサイトを見ていると出てくる「内見」と言う言葉。一体内見とは何のことでしょうか?今回はこの内見とはどんな意味か?何をするのかについて見ていきます!   ス …