引っ越し

一人暮らしは怖がりさんでも大丈夫!解消法を伝授

投稿日:

一人暮らしは怖がりでも大丈夫

 

私も昔は怖がりでした。初めて一人暮らしをしたのは仕事を始めてからですが、とにかく一人で家にいるのが嫌でした。怖がりでしたので幽霊も嫌だし、事件に巻き込まれるのも嫌でした。

しかし、どんな怖がりの人でも一人暮らしをして経験を得れば、必ず慣れてきます。今回は怖がりを克服できるように、どんな怖いことがあるかを予測し、その対処法などを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

一人暮らしで怖いことって何?

一人暮らしで怖いことって何?

一人暮らしで怖いことってそもそもなんでしょうか?一人暮らしで怖いことってあるのでしょうか。もちろん怖いことはたくさんあるでしょう。その中でも怖いことは、防犯、やストーカーや痴漢、またはおオバケでしょうか?

また、筆者はいろんな場所に引っ越ししてきましたが、人が一番怖いな、と思うことが多いです。

筆者が初めての一人暮らしをしていた時、下の階にいた男性が夜の2時になると決まってドアをバタンと開け、深夜の街路を疾走するという癖があり、非常に怖かったです。

一人暮らしというのは今まで住んでいた場所を引っ越し、知らない土地に行くというのは怖いことにも出会うということです。それがいい場合もあり、悪い場合もあります。一人暮らしでどんな怖い経験があるのか知っているだけでも、一人暮らしの恐怖を克服するのに役に立ちます。

 

怖がりの女性の一人暮らしでのストーカーが怖い?

一人暮らしではストーカーが怖い

対策としては、出かけている時に洗濯物などはちゃんとしまっておくこと、シャッターがあるならシャッターを締めていくことなどです。筆者は男ですが、空き巣対策のために3時間くらいの外出なら必ずシャッターを締めていきます。

また、夜帰る時も注意です。駅から誰かがついてきてしまうことも多いのです。同じ駅、よりも、違う駅の人が同じ駅に降りてついてくることがあります。帰り道には後ろに気をつけて歩く方がいいでしょう。

また、毎朝電車に乗るならいつも違った車両に乗ったり、駅から出たらスーパーによったり、なるべく帰り道や家のありかを他の人に知られないようにして行きたいところです。ストーカーは暇なので、それでもついてくる場合もあるでしょう

 

スポンサーリンク

怖がりさんは幽霊に気をつけて!

怖がりさんは幽霊が怖い

不動産屋さんに行ったら不動産屋さんの人にどんな怖いことがあるか、幽霊の話はないか、仲良くなるきっかけに聞くことが多いからです。すると、結構な確率で不動産屋さんの人は幽霊話を持っています。

台所にいたら後ろに女の人がいたや、毎回1ヶ月経たないうちに引っ越してしまう物件も実際に〇〇にある、という話も聞きました。あげればキリがないです。幽霊が原因かわかりませんが、こうしたことは知らないだけでかなりの件数あるということです。

筆者も不動産サイトで1万5千円で普通のアパートが出ていたので、初期費用を聞いたら3万という謎の見積もりが出他ので飛びついて不動産屋さんに行ったことがあります。そうしたら「瑕疵物件(かし物件)です。」と言われました。

結構あるので、怖がりさんは大島てるさんのサイトや、不動産屋さんに瑕疵物件でないか聞いておくといいでしょう。ちゃんとした場所なら教えなければいけないのでちゃんと教えてくれます。

 

スポンサーリンク

一人暮らしの怖がりさんは訪問販売に注意

怖がりさんはセールッスマンに気をつけて

筆者は一人暮らしを始めて2年目ぐらいの時に訪問販売のしつこいビジネスマンに出会いました。夜の8時ぐらいに急にピンポンが鳴り、当時インターホンがありませんでしたのでそのままドアをあけてしまいました。

ドアを開けると自分より少し若い新人らしいスーツを着た男の子が立っていました。彼は不動産屋の物だといい、玄関まで大丈夫ですかと優しくいうので気軽に許すと、玄関まで入り、ドアを丁寧に閉めました。今度は資料を見せるスペースをお借りしたいので廊下に座ってもいいですかと言いました。

みるまみるまに玄関に入り、今度は廊下にあぐらをかいて座りました。あぐらをかかれたので正直びっくりしました。そこから20分以上まったく動かず、内容の薄いマンションを買った方がいいのかって一体物件を買った方がいいのかどっちがお得かという話をされました。

結局「賃貸の方がいい論」で論破して上司に電話させて帰らせたのですが、しつこい訪問販売は世の中にはたくさんいます。訪問販売は基本的には警察に連絡すると来てくれますので、あまりにも悪質で危ないと思ったら、早めに携帯電話を持って行って警察を呼ぶといいです。

 

スポンサーリンク

一人暮らしの怖がりさんには注意!深夜のドアガチャ

深夜のドアガチャって何?

急に夜中にドアをガチャガチャされると言う話を聞きます。怖がりさんは注意した方がいいです。学生時代、大学の近くの学生寮向けのアパートに住んでいる友達の家に遊びに行くと、深夜にドアをガチャガチャされると言っていました。一人暮らしお話をしている人に聞くと結構「ドアガチャ」をされるという話を聞きます。

1回ドアガチャって何なのでしょうか?誰がやってるのでしょうか?怖がりさんにとっては急に深夜にドアをガチャガチャされたら眠れなくなってしまうでしょう。ドアガチャの原因として考えられるのは空き巣です。

ドアの戸締りを忘れた家をしらみつぶしに探しているといいます。人間というのはドアをコンコンされたりガチャガチャされたりしたぐらいでは警察を呼びませんし、人によっては見に行きもしないという人もいるでしょう。

ドアをガチャガチャされたら、空き巣が狙ってるかもしれないので、ドアの開け閉めをしっかりする、必ず外出する時にシャッターをしていくなど、十分な防犯対策をとったほうがいいでしょう。

 

一人暮らしで怖がりさんは慣れる

一人暮らし離れる

怖がりさんでなくても、一人で暮らすのに慣れていない人ははじめは怖いものです。筆者も初めて引っ越しした物件は怖かったです。不動産屋に行く時も怖かったし、初めて入居した日は駅のドトールに夜までいたのを覚えています。

でも怖がりでも一人暮らしは慣れていきます。みんなやっていることなので、ぜひともこれをいい経験だと思い、慣れていってください。実家が近いなら実家に帰ればいいし、友達が近くにいるなら友達のところにいけばいいのです。

友達がいなくても、行きつけの惣菜屋さんやコンビニなど、なんでもいいのでとにかく街の人と仲良くなるのがいいです。私もよくお肉屋さんのおじさんに唐揚げをサービスしてもらったり、駅前のホテルの従業員のおじさんにコーヒーをおごってもらったりして仲良くなりました。

あなたの心境がわかる人がこの世には必ずいるので、怖がりさんでも積極的に世界と接していってください。怖いものは進んで壊す!それが生きるということだと思います。

 

-引っ越し
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京に住む不安はどんなものか

東京の一人暮らしが不安な人に!不安要素とその解決方法

  一人暮らしには非常にたくさんの不安がつきまといます。特に初めての一人暮らしだと「お金」や「治安」など、実家に暮らしていた時とは違って不安に思うことも多いでしょう。今回は一人暮らしの経験の …

東京に今すぐ上京したい

上京今すぐしたいぞ!悩みと解決方法

  東京に上京する時、悩むことは非常に多いかと思います。今すぐ上京したいと考えている人でも、お金や人の反対など、色んな不安要素があって上京したいのにできないという人も多いのではないでしょうか …

横浜住みたい駅ランキング

横浜で一人暮らしをするのに住みたい駅ランキング!一位はここ!

  今回は横浜生まれ横浜育ちのライターが、横浜で一人暮らしをするならばどこの駅に住みたいかランキングにしました。家族や子育てではなく一人暮らしとして、上京した人や実家を離れる人、就職を気に一 …

内見の持ち物まとめ

不動産屋の内見での持ち物はこれ!必要なものリスト作ったよ!

  ちなみに筆者は1年で2件の物件選びに失敗して100万以上損したこともあります。お金がない若い人がこんなことにあったら大変だと思い、不動産業界の実際を伝えるために記事を書こうと思いました。 …

一人暮らしの初期費用は最低でいくらかかる

一人暮らしの初期費用は最低いくら?10万で普通にいけます

  一人暮らしで初期費用は最低でいくらくらいかかるものなのでしょうか。不動産屋さんに聞くと当然ですが、30万以上かかりますと言われます。普通にやると確かにそれくらいかかります。しかし経験談か …