浅草エリア

浅草でおすすめ散歩してきた!おすすめのコースを紹介!

投稿日:2019年4月3日 更新日:

浅草仲見世通り

 

 

浅草と行ったら浅草寺や雷門が有名ですが、裏通りに行ったり、仲見世通りを外れたりすると結構穴場のスポットがたくさんあります。小生は今回昼間の浅草を散歩してみて、結構いろんな観光すべきポイントがあるなと感じました。

おすすめしたい散歩のコースや観光ルートの紹介をしていきます。

 

スポンサーリンク

浅草寺でおすすめの散歩コースは浅草寺

浅草の浅草寺雷門

まずは浅草寺にいきましょう。浅草寺の雷門から仲見世通りを通り、浅草寺に行くのが定番の観光ルートですので、まずは雷門にいきました。雷門に一番近いのは都営地下鉄浅草線の浅草駅東京メトロの浅草駅かEKIMISEの中にある東武スカイツリーライン(伊勢崎線)の浅草駅です。

東武スカイツリーラインは久喜方面から来る路線です。新橋や東銀座、日本橋から来るなら都営地下鉄浅草線で行くといいでしょう。渋谷や銀座なら東京メトロを使うのがおすすめです。いずれの路線も雷門から3分ほどのところにあります。

浅草仲見世通り

雷門を通るとあるのがこの「仲見世通り」。コロッケやお団子など、食べ歩きグルメがたくさんあるのですが、あまりにも人が多いので、「食べ歩き禁止」の商店街でも有名です。明治時代から続いている老舗のせんべい屋さんなど、有名店がたくさんあります。お土産もある。

浅草の白波五人男

日本史を勉強している時に出てきたかもしれません。これがかの有名な「白浪五人男」です。実在したとかしないとか、白浪五人男と言われる盗賊の活躍を描いた時代劇の主人公です。「知らざあ言って 聞かせやしょう」という有名なセリフがあります。

浅草の仲見世通りの横道

仲見世通りがあまりにも混雑しているので、途中でこのような路地から外れることができます。外れると細い路地が浅草寺まで続いているので、こちらの路地から浅草寺に行くのもおすすめです。おじさん自転車で抜けるなんてパワフルですね!

浅草の外貨両替スポット

仲見世通りの裏の路地にはこのように「外貨両替」の機会があります。これは雷門の近くですね。

浅草の伝法院通り

仲見世通りをまっすぐ行き、浅草寺の手前にこの「伝法院通り」があります。仲見世通りの西側です。こちらはまっすぐ行くとホッピー通り、国際通り方面です。

浅草寺の本坊である「伝法院」の手前の通りです。国の名勝として知られる伝法院庭園というのがあり、こちらからスカイツリーを見ることができます。浅草寺の五重塔の裏側ですが、特別公開の時だけ入れます。

浅草公会堂

近くに有名な「浅草公会堂」があります。講演会やコンサートに使われるところですが、スピリチュアルカウンセラーの江原さんや演歌歌手の天童よしみさんがコンサートを行ったりするようです。行ったことはないです。

ちなみにこの手前には「オレンジロード」という通りですが、そっちの方はモーニングのできる喫茶店や飲み屋さんなどグルメなスポットが密集しています。

浅草西参道商店街

こちらは浅草寺の境内を西に出たところにある「浅草西参道商店街」です。江戸の街をテーマに作られた観光客向けの商店街です。浅草の定番グルメ最中アイスや外人ウケしそうな和銅や刀、手裏剣が売っているお土産屋さんがありましたね。お土産を買うのに良さそうです。

浅草のレトロな飲みスポット

まっすぐ行くとホッピー通りの方になります。浅草はグルメな街なので、結構たくさん飲み屋があります。昼間から飲めるバーや、ビニールハウスの店先で飲める大衆酒場もここら辺にあります。

浅草のホッピー通り

昼間のホッピー通りです。昼間からやっているお店もあります。いいとこ育ちの人がホッピーなんて飲み物大人になるまで知らなかった、なんて話をよく聞きますが、今は若い人でもホッピー大人気です。

浅草のホッピー通りの店先

もつ煮込みや牛すじの煮込みと一緒にホッピーをいただくことができる有名なスポットです。

浅草の夜のホッピー通り

ちなみに夜になるとこんな感じです。浅草は夜でも散歩するのにおすすめのスポットです。ホッピー通りの前には客引きのお兄さんとお姉さんがいるので、どんなものが食べれるのか気軽に聞いてみるのがいいでしょう。

浅草の東洋館フランス座

浅草は平日でもたくさんの人がいるので、散歩するのに歩きづらい場所もたくさんありますが、ここまでくると道路も広いので人もまばらです。ここはホッピー通りをまっすぐ進むとある、かの有名な「フランス座」です。

東洋館フランス座といえばビートたけしさんが下積み時代に舞台に立っていた場所ですが、今でも浅草の芸人さんの舞台を見ることができます。手前の通りで客引きをしているので、チラシをもらったり、声をかけてみるといいでしょう。普通に有名な芸人さんも舞台に出ています。

もともとはストリップ劇場でしたが、『濹東綺譚』で有名な永井荷風がかつてよく通っていたという場所です。ちなみに浅草には永井荷風のゆかりの天ぷらそば屋があるので探して行ってみてはいかがでしょう。

浅草のドンキホーテ東洋館前

フランス座の目の前にメガドンキがあります。夜になると怪しいネオンが印象的です。ちなみにタックスフリーのお店なので外国人観光客御用達のお店です。階段が広い!でかい!散歩ついでにいかが?

浅草の国際通り

まっすぐ抜けると国際通りです。つくばエクスプレスの浅草駅がある場所です。こちらはゲストハウスや宿などがあるので、利用することも多いでしょう。飲食店や夜までやっているファミレスがあるので、旅行者がWi-Fiを使いに来るのに便利です。

浅草の国際通り周辺

ここら辺のゲストハウスに泊まってきましたが、快適でした。都内にいくつかある&AND HOSTELの浅草店でしたが、若い方が受付をされていましたが接客も丁寧で、英語がしゃべれるようで外国人夫婦と会話してました。何よりかなり安かったです。2000円前後で泊まれて綺麗でしたね。浅草は安くてカフェが併設されているところなどもあるのでいいです。

浅草の国際通り周辺

奥の通りは国際通りですが、路地からスカイツリーが見えます。実は穴場のスカイツリーの撮影スポットです。下町な感じと一緒に撮影できるので撮影に来ている人も結構います。穴場中も穴場ですね。

浅草の国際通りから見たスカイツリー

地元の人は驚くでしょうね。急にこんなに近代的なタワーが立ったら。でもいい感じです。これも東京らしい光景です。散歩で来てよかった。

浅草の雷門柳小路から見たスカイツリー

雷門柳小路というところらしいですが、飲食店や喫茶店があります。こちらは仲見世通りや新仲見世通りよりも人が少ないので、昼間に喫茶店を探すなら穴場でおすすめです。散歩の合間にお茶やお食事をするのもいいでしょう。

浅草の新仲見世通り

今度は国際位通りからJRや東京メトロの浅草駅に戻ります。国際通りから少しのところにある「新仲見世通り」です。雷門の左から入っていける場所ですが、こちらにもチェーン店のカフェやランチ店、天ぷらや、蕎麦屋、とにかく浅草の有名なお店はこの通り沿いに多いです。

浅草の吾妻橋と屋形船

散歩もそろそろ終わりです。東京メトロの一日乗車券(600円)に乗って来ましたので、東京メトロの浅草駅まで戻って来ました。近くに「吾妻橋」という隅田川にかかる橋があります。ここから浅草の屋形船が見えます。アサヒビールの看板もありますね。

浅草のアサヒビール

奥に見える金の「う◯こ」みたいなのはアサヒビール本社です。日本の名ビールのスーパードライを作ったアサヒビール100周年記念で作った「聖火台の炎」です。浅草の飲食店では確かにメニューにアサヒビール多いですね。

浅草の屋形船

隅田川沿いはひっそりとしていたいい感じです。屋形船に乗って宴会をしたいものです。

 

浅草の散歩はひとまずこれで終了です。夜もおすすめです。明治に作られた老舗のバーや、スカイツリーの見えるおしゃれなテラスのあるバーがこの隅田川の近くにあります。夜に散歩するのもいいでしょう。

 

 

-浅草エリア
-, , ,




東京散歩の特集

「東京上京-up to tokyo-」は東京に関する情報を発信するメディアです。スタッフの現地取材によってリアルな東京をお伝えするメディアとして東京で生まれました。東京に住む人も、観光で来られた人も、東京に関わるすべての人のためのメディアです!