生活

コインランドリーの使い方まとめ!経験から活用術を紹介!

投稿日:

コインランドリーの使い方

 

コインランドリーって高いイメージがありますが、あんまり洗濯しない人や布団やシーツなどの大きなもの洗濯する場合は非常に便利です。

今回はコインランドリーの基本的な使い方から、自宅に洗濯機がある人も便利に使える方法を見ていきます。

 

スポンサーリンク

コインランドリーってそもそもどんなところ?

コインラインドリーはどんなところ

コインランドリーとは自宅に洗濯機がない人や、自宅の洗濯機では洗濯できないシーツや布団を洗ったり、大家族で洗濯が追いつかない人が大型の洗濯機を利用するために使う為に行く場所です。

意外と使い方の知らない人も多いのではないでしょうか。

 

コインランドリーには洗濯機の種類がたくさん

  • 洗剤付きの業務用の洗濯機
  • 家庭用の洗濯機
  • 洗濯物30kg以上対応の大型の洗濯機
  • 乾燥機
  • 靴の洗濯機

コインランドリーには様々な洗濯機が置かれています。古いコインランドリーには小さい家庭用サイズの洗濯機くらいしか置かれていないところもあります。

最新設備の整った大型のコインランドリーは30kg以上の大量の洗濯物を洗うことができる業務用の洗濯機や、靴を洗うことができる洗濯機があります。

 

シーツや大量の洗濯に最適

大型の洗濯機が置かれているので、大量の洗濯は自宅の洗濯機を数回するよりもコインランドリーでやってしまった方が早い場合があります。

また、乾燥機も自宅にはない業務用のガス乾燥機が置かれているので、数倍早く洗濯物を乾燥させることができます。シーツなど干す場所がない単身者のアパートなどは、乾燥機だけ使いに行く使い方もあります。

 

深夜に洗濯・乾燥できる

深夜まで営業しているので、夜遅くに帰ってきて洗濯機を回せない時は、コインランドリーで洗濯して乾燥させれば翌朝まで間に合います。

 

他にも活用幅がたくさん

一週間まとめて大量の洗濯
シーツや布団を洗う
靴を洗う
乾燥機だけ使う
深夜に洗濯したい
買い物などの外出の時間に洗う
洗濯機が壊れた時
衣替え

コインランドリーの使い方は活用方法で幅広いです。時間短縮や、緊急時など、コインランドリーを使うメリットは大きいです。

 

コインランドリーの使い方:値段と時間を知る

洗濯物10kg以内(通常パターン) 縦型が一回250円〜くらい
ドラム缶が一回500円〜くらい
洗濯物10kg以上(シーツや大家族) 一回600円〜1000円くらい
乾燥機 10分100円くらい
靴の洗濯機 20分200円くらい
靴の乾燥機 10分100円くらい

店舗や運営会社にもよりますが、料金はだいたいこんな感じです。縦置きの洗濯機とドラム缶式の洗濯機、大型の洗濯機などで料金が変わります。

よくある一般的な機械の値段と使い方を見ていきましょう。

 

縦型の洗濯機

縦型の洗濯機

こうした家庭用の縦型の洗濯機は使い方も簡単で、料金も安いです。自分で蓋を開けて、洗濯機の洗浄ボタンを押して、自分で持ってきた洗剤と柔軟剤を入れてお金を入れて洗濯します。

料金は安いところで一回250円〜で、普通のところで一回300円くらいです。

 

ドラム缶式の洗濯機

ドラム缶式の洗濯機

コインランドリーでよく見るドラム缶式の洗濯機です。洗剤などがいらないタイプがほとんどなので、洗濯物を入れるだけで洗濯できるので使い方がもっとも簡単なタイプです。

柔軟剤も入っている場合があるので、綺麗に洗濯ができます。料金は500円〜です。場所によって大きく値段が変わるので、注意です。大きいサイズのドラム缶しか置かれていなくて、一回900円という場所もありました。

 

乾燥機

コインランドリーの選択乾燥機

選択乾燥機はこんな感じでドラム缶式の洗濯機に似ていますが、これが乾燥機です。10分100円くらいからで、「低温」「中温」「高温」「送風」の4パターンで温度を調整できます。

分量によって乾燥時間の目安が書かれています。

 

スポンサーリンク

コインランドリーの使い方:流れを知る

洗濯の仕方の流れ

  1. 洗濯機を選び、洗濯物を入れる
  2. コインを入れる
  3. 時間になったら洗濯物を取りに行き、出す
  4. 乾燥機を使うなら乾燥機に入れる
  5. 時間いなったら取りに行く

使い方はこの流れになります。コインランドリーの店舗によって微妙に使い方が違う場合もありますが、一般的には上記の通りです。詳しく見ていきましょう。

 

1. 洗濯機を選んで洗濯物を入れる

洗濯機は種類があります。洗濯機の大きさや機能によって値段が違います。お好みの洗濯機を選んで、空いているものを探して洗濯物を入れます。

ドラム缶タイプの洗濯機の場合は洗剤や柔軟剤が必要ありませんが、古い縦型の洗濯機の場合は料金が安い分、洗剤や柔軟剤を自分で入れます。洗剤は固形のものが30円くらいで売っているとこもあります。

 

2. コインを入れる

洗濯物を入れたらコインを入れます。時間は洗濯機は30分からのものがほとんどです。30分で250円くらいからといった料金設定です。両替機もあります。

 

3. 時間になったら洗濯物を取りに行き、出す

洗濯している間は自宅に帰ってもいいし、コインランドリーに併設されている待合室で待つことができます。

時間になったら取りに行きます。洗濯が終わったのにいれっぱなしにしていると、次の人の迷惑になる場合もあるので、朝方や昼間の洗濯ラッシュの時間帯は注意です。

ポイント:使い方に慣れていない場合は、最初は夜など混雑していない時間に行くのがおすすめです!筆者も最初は深夜に行ってみました!

 

4. 乾燥機を使うなら乾燥機に入れる

洗濯物を出したら脱水はされていますが、まだ濡れているので乾燥しなければいけません。家で干してもいいし、そのままコインランドリーにある乾燥機を使ってもいいでしょう。

乾燥機は10分100円などで使うことができます。一人分の洗濯物なら少量なら10分〜20分くらいで乾燥できます。10分だけ乾かして部屋干し、という使い方もあります。

 

5. 時間いなったら取りに行く

乾燥が終わったらまた取りに行きます。乾燥機の方が時間がかからないので、乾燥している間は待合室で待っているのもいいでしょう。

待合室はWi-Fiが完備されていてパソコンができるところもあります。

 

スポンサーリンク

コインランドリーの使い方:洗えるものを知る

コインランドリーは色んなものが洗えます。普通の家庭の洗濯機で洗えるものはもちろん全部洗えますし、自宅で洗えないものもコインランドリーなら洗うことができます。

今度は「洗えるもの」と「洗えない物」を知って、使い方を学びましょう!

 

日常的に洗うもの

衣類・靴・タオルなど

自宅の洗濯機でも靴やカーテンやなんかも洗うことができますが、洗濯機の洗濯層が汚れるから洗濯したくない人も多いでしょう。泥のついた靴や服などは手洗いしてからでないと、洗濯機が傷んでしまうことがあります。

アウトドアやスポーツをして大量に汚れ物がある場合は、コインランドリーを活用するといいかもしれません。

 

時々洗うもの

靴・シーツ・布団・カーテン・カーペット・ダウンなど

布団やシーツなど、衣替えのタイミングでダウンなどの冬物を洗うのもいいでしょう。カーペットなど、自宅の洗濯機を使いたくない時にも活用できます。

自宅で干せないものをコインランドリーの乾燥機で乾かすこともできます。

 

洗えない物

大事な服・装飾付きの服・カシミヤやシルク素材の物

大事な服やお洒落着はコインランドリーでは洗うことができません。自宅で使っている洗濯機で普段から洗っているよ!という場合は同じ洗濯機を使えば洗えますが、大事なものは引っかかったり破れたりする心配を考えて避けた方がいいでしょう。

滅多に着ない大事な服は洗濯機やコインランドリーではなく、クリーニング屋さんにお任せするのが一般的ですよ!

 

スポンサーリンク

コインランドリーの使い方:上手に洗濯する方法を知る

コインランドリーには洗濯ネットがないので、自分で用意しなければいけません。また、縦置きの普通の洗濯機は自分で洗剤と柔軟剤を入れなければいけません。

上手に洗濯すためのコインランドリーのちょっとした工夫や使い方を見ていきましょう!

 

洗濯ネットを使う

洗濯ネットを使って靴下やシャツやなんかを分けておけば、洗濯物が混ざらずに洗うことができます。また、よくある洗濯物の置き忘れ対策にもなります。

 

自分で洗剤を用意する

自分で洗剤と柔軟剤を用意して洗濯するのもおすすめです。安い洗剤って、結構衣類が傷みますので嫌な人も多いはず。また、液体よりも粉末タイプの洗剤がいい人もいますよね!

自分で使いなれたよく知っている洗剤を用意して洗濯するのも使い方の一つです。

 

温度調整をする

乾燥機がついていますが、自分で温度調整をすることができます。あんまり少ない洗濯物で高い温度で乾燥させると、衣類が傷んだり焦げ跡がついたりします。筆者も何度か経験済みです。

焦らず普通の温度で、それなりの時間をかけて乾燥させるのがおすすめです。

 

コインランドリー使い方:お店の選び方を知る

コインランドリーと言っても、大きなコインランドリー会社が運営しているものから、パチンコ屋さんが運営しているもの、銭湯の隣にあるもの、昔からある老舗のもの、クリーニング屋さんが運営するものなど、様々な店舗があります。

実はお店によって、それぞれ料金や設備が違うのです。お店選びからコインランドリーの使い方を学びましょう!

 

大きな会社の運営するコインランドリー

大型のコインランドリー

コインランドリーは不動産や自動販売機や駐車場のように、投資目的で運営していることが多いです。なので他のコインランドリーよりも値段が高い場合もあります。

その代わり大型の最新洗濯機があったり、靴洗いできる洗濯機があったり、洗濯機の台数が多かったりします。防犯カメラの映像をスマホでみれたり、洗濯が終わったらお知らせを携帯で受け取れるなんていう最新設備の整ったところが多いです。

 

老舗のコインランドリー

老舗の洗濯機

住宅街などには昔からある老舗の洗濯機もあります。昔からあるので洗濯機が古かったり、小さかったりしますが、値段が安いというメリットがあります。

だいたい小さい洗濯機がずらっと並んでおり、待ち時間に読める誰かが置いていった漫画や雑誌が置かれている感じです。週刊少年ジャンプなど、週刊誌が置かれているので漫画を買うお金を節約してコインランドリーを使うという使い方もありですね!

 

お店の隣にあるコインランドリー

お店の隣のコインランドリー

銭湯やパチンコ屋さんの隣にコインランドリーがあることが多いです。お店の隣に設置されている場合は値段が安いことが多いです。お店が運営しているので、庶民的な値段設定がされていることが多いです。

また、待ち時間を使って洗濯できるようにと、パチンコ屋さんの隣にもコインランドリーがあることが多いですが、単身者向けの一人サイズの洗濯機の設置が多いなどのメリットもあります。

 

コインランドリーの使い方はわかった?

コインランドリーを使ってみよう!

基本的な使い方は理解できたでしょうか。筆者も初めて行った時は使い方が分からず、説明書きを読む為にウロウロして、洗濯物を盗もうとする人に間違われないか心配になったりしたものです。

でも実際にコインを入れて使ってみると簡単で、便利さを実感しました。それ以来コインランドリーをよく使います。筆者はお金よりも時間を節約したいので、時短につながるコインランドリーはとっても便利だと思っています!

 

-生活
-,

関連記事

一人暮らしのWi-Fiのつなぎ方

一人暮らしのWi-Fiのつなぎ方を解説!ルーターは必要?通信速度は?

  一人暮らしを初めて引越し作業を終えたら、早速Wi-Fiを設置してインターネットを使いたいところです。 物件のタイプによって無料でWi-Fiが使える物件と、プロバイダに契約しないといけない …

一人暮らしの男性のプレゼント

一人暮らしを始める男性にプレゼントをしたい!現実的なアイデア

  「プレゼントをあげる真理は、自分に自信がないから」とラジオで聞いた筆者。本当か..?と焦る筆者。 何を隠そう、筆者は非常にプレゼントをあげたくなるタイプなのです。あげたり選んだりするのが …

一人暮らしのメリット

一人暮らしのメリットを考えてみた!一番は恋人ができること

  一人暮らしのメリットを考えてみました。やっぱり一番は恋人ができることだと思います。一人暮らしは寂しいし、なんか動物的になるんだと思います笑。   スポンサーリンク 一人暮らしの …

一人暮らしの生活費用はどれくらい?

一人暮らしの生活の費用を計算しよう!筆者のかかった費用も公開!

  一人暮らしの生活の費用ってどれくらいかかるものなのでしょうか。 実際に誰かがどれくらいかかっているのか知りたいですよね。と、いうことで、今回は筆者の生活費を公開しつつ、一般的にはどれくら …

一人暮らしあるある

一人暮らしあるある!【お金・料理・トラブルetc】その対処法も!

  一人暮らしは実際に自分でしてみないと、その大変さがわかりません。 一人暮らしをしている人と、そうでない人では、経験に大きな差が出るでしょう。自活するって、それだけ大変なんですよ! 今回は …




東京散歩の特集

「東京上京-up to tokyo-」は東京に関する情報を発信するメディアです。スタッフの現地取材によってリアルな東京をお伝えするメディアとして東京で生まれました。東京に住む人も、観光で来られた人も、東京に関わるすべての人のためのメディアです!