生活

大学生の一人暮らしの費用はいくら?一緒に計算してみよう!

投稿日:

大学生の一人暮らしの費用

 

大学生の一人暮らしに、一体いくらぐらいかかるものなのでしょうか。今回は大学生が学生寮や学生アパート、自分で探した賃貸物件を借りて生活した場合の費用を見ていきます。

物件の初期費用から食費、月々かかる費用などを一緒に計算してみましょう。

 

スポンサーリンク

大学生の一人暮らしの費用一覧

アルバイトで稼いで自活する大学生の、理想的な費用を一覧にしました。実際にはもう少し節約しないと厳しいと思いますが、仕送りや奨学金などの援助が定期的に受けられると考えた費用を見積もって見ました。

 

物件
初期費用 10万〜
引っ越し 3万〜
小計 18万〜
生活費 月々
家賃 例 5万
食費 1万〜3万
光熱費 8000円〜1万
日用品の購入 1000円〜5000円
合計 8万〜

基本的にかかる費用です。通信費や遊びに使うお金などは抜いて計算しています。

物件の初期費用や家賃などは高くかかるイメージですが、家賃6万位の初期費用15万位に収めるのが理想かと思います。

 

大学生の一人暮らしの費用:賃貸の契約(初期費用)

大学生で学生寮や学校が提携しているアパートやマンションを契約する場合は、初期費用がかなり抑えられる可能性があります。なので、学校のパンフレットや公式サイトに乗っているアパートを調べて見るのがもっともおすすめです。

 

学生なら学生寮や提携のアパートを借りるべし

通う大学にもよりもますが、大学の「生協」や学生の相談課で物件探しをしてくれます。

学生専用のマンションというものがあり、初期費用も賃料も安いです。寮母さんがいて食事を作ってくれる学生寮もあるので、受験するずっと前に早めに資料を集めて考えておくのがいいでしょう。

学生寮は入学が決まらない段階で仮契約ができる場所があります。上京する場合はあらかじめ調べて、仮契約まで進め、入学までに間に合うようにしておきましょう。

 

スポンサーリンク

大学生の一人暮らしの費用:引っ越し

引っ越し業者で関西から東京なら単身パックで5万〜6万くらい

大学せ引っ越しの費用まで賄ってくれる学校はかなり少ないでしょう。引っ越しの費用は自分で負担しなければいけない事が多いです。

 

一人暮らしの引っ越しの費用はいくらかかる?

県内・・3.5万〜5万くらい
200kmまで・・4万〜5.5万くらい
500kmまで・・5万〜6.5万くらい

一人暮らしの引っ越しの場合、単身者パックのような一人暮らし向けのプランがあります。

主に、引っ越し屋さんか宅急便会社に申し込みをすることになります。

お近くの引っ越し業者と宅急便の会社を調べ、安い方を選択するのがおすすめです。

 

自分で引っ越しをする場合

あまり大きな荷物がない場合、自車・レンタカーを使うか、ダンボールを送って自分で引っ越し作業をすることもできます。

県内で半日ほどで作業が終わるならレンタカーも安い場合があります。また、重さがなくダンボール2〜3個ほどなら宅急便でも安い場合があります。

 

料金の目安
レンタカー料金:軽トラック 6H 4000円/12H5000円など(ガソリン代別・通常満タン返し)
ダンボール送料:160サイズが一個、県内で2000円ほど

レンタカーは軽トラックで家具も運べます。ガソリンを満タン返しなので、県内で1000円〜3000円くらいは別途でかかるでしょう。

ダンボールは送料が高いので、多い場合はレンタカーを借りた方がお得になるでしょう。

 

スポンサーリンク

大学生の一人暮らしの費用:家賃

続いて大学生の家賃がどれくらいかかるのかも見ていきましょう。大学生の一人暮らしでおすすめは、学校と提携している学生寮やアパートやマンションです。

 

学生寮の場合

学生寮と言ってもアパートやマンションタイプのものが最近は多いです。会社の寮と同じ感じです。朝と夕方1000円くらいのちゃんとした食事付きタイプと、食事なしタイプがあります。一人一室借りれて、男女別や男女一緒のものがあります。

学生寮は設備が充実しているの費用がかかるイメージです。例は以下は某有名私立大学を参考にしました。

 

学生寮の費用一覧
食事付き 72,000(月)
食事なし 55.000(月)
エアコン代 6.5000(年間)
通信費 3500(月)
食事 朝350円/夜650円
初期費用
入寮費 16,000(2年契約など)
保証金 50.000
年間管理費 17,5000

このようにセキュリティ施設や、管理人の在中、勉強ルームやジムなどの共有施設があるので、維持費や初期費用が多くかかるところが多いでしょう。

 

大学が提携している学生アパートの場合

大学が提携している学生アパートもあります。家具などがない分こちらの方が安いと思われます。3万円以下の物件や5万円後の物件がたくさんあるので、生協などで探してみるのがおすすめです。

 

学生アパートの費用一覧
家賃 55,000(月)
共益費 3000(月)
敷金 0円
礼金 家賃1ヶ月分(最初のみ)
クリーニング代 33,000円(最初)
初期費用の合計 15,3000円ほど

一般的な値段はこれくらいだと思います。実際、提携しているというだけで普通に不動産屋さんに行って探すのとあまり変わらない物件も多いです。

学生提携アパートなら、5万以下で初期費用が10万以下になるものがあるので、そうした物件を選ぶのがおすすめです。たくさんあります。

 

メモ:学生寮や学生アパートは、同じ大学や近隣の大学に通う学生しか住んでいないので、友達が作りやすいです。しかし夜に話し声などがうるさい場合もあります。

 

自分でアパートを借りる場合

もちろん自分でアパートを探す方法もあります。学生しか以内アパートは嫌だという場合、自分で青パートを探しても、地域にもよりますが、学生アパートと同じくらいの費用とクオリティの物件を見つけることもできます。

 

 

スポンサーリンク

大学生の一人暮らしの費用:食費

全て自炊:1万以内
自炊と外食:2万〜6万(自炊5000円+外食1.5万円など)
外食のみ:6万〜

普通の人が自炊だけで生活するのはそれほど難しくありません。しかし学生さんは遊びに行くことが多いと思いますし、お昼ご飯を自分で用意しなければいけません。すると、自炊と外食での食費がかかるでしょう。2万〜6万くらいはかかるのではないでしょうか。

 

全て自炊

食費の予算月1.5万円で、1日500円の食材が買える。

1日500円では少ない感じがしますが、かなりの食材が買えるものです。節約のうまい主婦の方に1日500円使っていると言うと、多分使いすぎと言われるでしょう。

 

カレーの具材

カレー粉・・120円
ジャガイモ1袋(5ケ)・・200円
玉ねぎ1袋(3ケ)・・200円
人参1袋(3ケ)・・160円
合計・・680円

カレーの具材はこの通りです。八百屋さんや商店街にいけばもっと安く購入できますが、都心部のスーパーはこれくらいのお値段です。合計で680円ですが、この食材だけで1週間以上いろんな料理に使えます。

カレーに使う量はこのくらいです。

カレーの費用

カレー粉 1/3・・40円
ジャガイモ 2ケ/5ケ・・80円
玉ねぎ 1ケ/3ケ・・66円
人参1/ケ3ケ・・53円
合計・・239円

ちなみにお米を5kg1400円で買うと、多分1日50円以下になると思います。

つまり250円あると昼と夜はカレーを食べられる計算です。たくさん食べる学生さんは一食で食べきってしまうかもしれませんが、作り置きした惣菜や小鉢料理を一緒に食べて栄養バランスを考えても、1日300円〜500円くらいで食事ができることがわかります。

これくらいは料理を覚えれば本当にできますからね。ぜひとも頑張ってください。

 

自炊と外食

自炊で5000円、外食で1.5万円

大学生なら朝と昼は学校で食べてもいいですよね。筆者も学生の頃、学食で食事を済ませている学生は普通にいました。そのために栄養バランスなどを考えたメニューが多いので、学食だけで済ませることも可能です。

学食のメニューの例

唐揚定食 390円
チキンカツ定食 410円
鉄板焼肉 490円
カレーライス 310円
かけうどん・そば 230円
しょうゆラーメン 310円
自家製サラダチキンベーグルサンド … 350円
チョコフランス … 160円
お弁当 … 290円〜

ちょっと母校のメニューを参考にしました。パン屋さんから定食屋さん、お弁当屋さんマックやチェーンのカフェなどもあります。全体的に普通のお店で食べるのよりも30%〜半額近く安いです。

 

自炊・・1日166円

外食・・1日2食1000円で3万円・1日1食500円で1.5万円

自炊と外食を組み合わせた例はこんな感じです。外食を学食で済ませて1日500円にすると、月で1.5万円です。自炊で5000円分の食事を朝と夜に作れば合計で2万円でいけます。

おそらく途中で挫折したり、飲み会に行ったりして、倍くらいになることもあるでしょう。外食は厄介な費用ですよね。みんな宅飲みをしていましたね。みんなで1000円づつ出せば十分ですから。

 

外食のみ

外食・・・月に3万〜6万くらい。それ以上になることも

外食のみで大学生が一人暮らしをするのは非常に大変です。実家からの仕送りがある人はできるでしょうか、ほとんどの学生はアルバイトしながら自分で家計をやりくりしているので、外食のみの人は少ないでしょう。

昼は時間がないので、学食で済ませ、あとは自炊で頑張るなど工夫が必要になるでしょう。

 

大学生の一人暮らしの費用:光熱費

水道代:2500円くらい
ガス代:3000円くらい
電気代:3000円くらい

光熱費とは水道代・ガス代・電気代の三つのことです。

最近はオール電化の物件の増えていますが、ガスが電気に変わるのだけなので、だいたい月々8000円〜1万円以内くらいでしょう。

大学で提携しているジムなどがある場合、学校でシャワーを済ませてしまうなどの節約方法はありそうです。光熱費の節約は以外と簡単です。

 

スポンサーリンク

大学生の一人暮らしの費用:日用品の購入

月々必要な日用品:トイレットペーパー(250円)・ティッシュペーパー(250円)・シャンプー・石鹸・ノート代・教科書代など

大学生の場合は、学期ごとに教科書が必要になります。大学の教科書は非常に高いので、親に出してもらえる方は出してもらった方がいいでしょう。自分で買っていく場合アルバイト代だけでは結構キビいいのではないでしょうか。

トイレットペーパーやティッシュなどは一回買えば2ヶ月ほど持ちます。アメニティは月に一回か二回くらい買うことになるでしょう。手洗いは固形の石鹸を使うと安くなります。

 

大学生の一人暮らしの費用のやりくりのおすすめ

おすすめは初期費用の安いところで探し、賃貸料金の安い物件に住むことです。

  1. 初期費用の安いところ(10万以下がおすすめ)
  2. 家賃の安いところ(5万前後がおすすめ)

一番いいのは学校が提携している学生アパートを早くから見つけておくことです。安くてクオリティの高い物件は早く埋まってしまうので、入学が決まっていなくても、仮契約ができるか調べ、先に押さえておくのがいいでしょう。

 

-生活

関連記事

ワイファイは一人暮らしでいらない

一人暮らしのワイファイはいらないよ!0円で済む方法を2つ紹介!

  「いらない」というよりかは、筆者は「新たに契約するのはもったいないなあ!」と思うのです。なぜなら最近の物件は無料でワイファイが設置されている物件が多く、格安Simなども十分な一ヶ月のデー …

ホームスワンミニ炊飯器の炊き上がり具合

ニトリのミニ炊飯器使えすぎだろ!!!リュックに入るので旅行にも出張にも!

  小生は旅行をよくするのでホテルで飯に毎回困る。ビジネスホテルというのは基本夕飯がないので、自分で外に食べにいかなければいけない。そんな時は飯に困る。ご当地の美味しいものを食べるのが出張や …

コインランドリーの使い方

コインランドリーの使い方まとめ!経験から活用術を紹介!

  コインランドリーって高いイメージがありますが、あんまり洗濯しない人や布団やシーツなどの大きなもの洗濯する場合は非常に便利です。 今回はコインランドリーの基本的な使い方から、自宅に洗濯機が …

一人暮らしのメリット

一人暮らしのメリットを考えてみた!一番は恋人ができること

  一人暮らしのメリットを考えてみました。やっぱり一番は恋人ができることだと思います。一人暮らしは寂しいし、なんか動物的になるんだと思います笑。   スポンサーリンク 一人暮らしの …

又吉直樹の東京百景

又吉直樹の『東京百景』は上京する時に読みたい名著

  小生は20代の侘しい生活を懐かしく思う時、昔よく読んだ本を古本屋で探す。当時持っていた本は20代の終わりとともに全て売ってしまった。最近横浜にも古本屋さんがあると知り、野毛を回ってみた。 …