引っ越し

不動産屋の初心者は内見一回で契約しない方がいい!

投稿日:2019年5月16日 更新日:

不動産屋の契約は一回で決めるな

 

不動産屋さんに行く時は初心者の人は注意した方がいいと思うことがたくさんあります。筆者も一人暮らしをして「ああしておけば騒音に悩まされることはなかったな….」「こうしておけばもっと費用を抑えられたな…」ということが本当にたくさんあります。

いわゆる「たられば」です。

今回はそうならないように、みなさんには内見ではいきなり契約しないように注意を呼びかけたいです。

 

スポンサーリンク

不動産屋さんの内見後にいきなり契約して欲しくないという話

私は過去に何度か引っ越しをしましたが、なんども失敗しました。その時は物件が悪かったのだと思っていました。しかしよく考えると、ちゃんと内見しなかった自分が悪いのだと気がつきました。害虫にご近所迷惑などなど、瑕疵物件以外の問題はだいたい経験しました。

失敗した理由は一つ。それは一回の内見で契約してしまったこと。不動産屋さんは基本的に一回目の内見の後にすぐに契約させて欲しがるものです。優しい心を持った私は「このうら若いフタッフの男の子に、なんども手間をかけさせてはいけない!」そう思った私は多少気に入らない物件でも即決していきました。

そんなことをしているうちに、退去費用や何やらでひどい総額になっていました。こんなことやっていると安い家一個買えるな、と思うようになり、一回の契約では決めず、必ず持ち帰り、冷静になってから契約を決めるようになりました。

みなさんにも、特に初めて賃貸物件を不動産屋さんで契約するという若い方には本当に気をつけて欲しいです。

 

不動産屋さんで内見後すぐに契約させたいスタッフ

不動産屋さんにとっては内見者の希望に沿った物件を見つけ、希望を絞り、そこから内見に行くとなるとかなりの時間を取られます。しかもこれを毎日やっている訳ですから、当然一人にかける時間を短くしたいのは当然です。

さらに内見の予約を入れるとオーナーさんや管理会社さんに電話で物件を押さえてもらうので、不動産屋さんのスタッフはオーナーや管理会社さんの期待も背負う訳です。1週間も2週間も長く物件を押さえていると、他のお客さんを入れる時期が遅れてしまう訳です。

なので不動産屋さんのスタッフはなるべく早く契約させたいのです。場合によってはそのスタッフさんのノルマにも関係してくるので、あまり一人のお客さんに時間をかけたくないのものなのです。

 

スポンサーリンク

不動産屋さんにも申し訳ないがすぐに契約するのは危険

筆者はどうなのかと言うと、今まで一回の内見ですぐに契約してしまったことがほとんどです。なんとなく不動産屋さんにこんなに時間を割いてもらって悪いと思い、すぐに契約してしまい、後から「最初に考えていた物件と違うな」とか、「予想以上に費用がかかってしまった」ということがあります。

ネットなどで物件を見つけることが多いかと思いますが、ネットで見つけた物件にそのまま入居するということはあまりないものです。物件を見つけても実際に店舗に行き、「似たような物件を探してみました」と言われ仲介手数料かかる物件なんかを契約してしまうことがあるのです。

期待していた物件と違った物件、よく考えると不動産屋さんやオーナーさんの方にメリットが大きい物件を選らばされてしまう可能性があるのです。不動産屋さんに探してもらい、自分が期待していた初期費用や家賃よりも安い物件、手数料がない物件などを紹介してくれる不動産屋さんはあまりないでしょう。

 

スポンサーリンク

不動産屋さんの優しさに騙されるな

よく不動産屋の口コミに、「スタッフの対応がよかったのでいい不動産屋さんでした!」と若々しいコメントが寄せられているのをみます。スタッフの対応がいいのは当たり前。それが仕事であり、毎月かかる高い家賃や仲介手数料を1日の対面で支払わせようとしているのだから、それは優しくなるに決まっています。

よく考えてみましょう。家賃が10万円なら一年間で120万です。仲介手数料が100%なら初期費用は、仲介手数料10万+前家賃10万+保険や鍵交換、クリーニングなど10万と考えて30万もさらに払いますので、年間で150万です。これを、たった1日の2〜3時間の相談と内見で払ってしまうのです

なんとなくみんなそうなのだからと疑問に思っていない人が多いのですが、若い人が多い不動産屋業界でこの金額を自分よりも年下か大学卒業したての未熟な営業マンに1日で払わされるのはかなりおかしくないでしょうか。しかも仲介手数料は弁護士の一回の顧問料よりも高いですから。

なので、賃貸物件を不動産屋さんで借りる時は、慎重になりすぎるくらい慎重にならなければいけないのです。優しさに気後れして契約を急がない方がいいです。やってもらいすぎるくらいでも割に合わないのですから。

 

スポンサーリンク

不動産屋さんの内見はすぐ契約しないであらゆることを考えるべし!

何軒か適当に物件を見つけたら、不動産屋さんと内見に行くことになりますが、この時も注意が必要です。少々高い物件でも、実際に見てみたら予想以上に綺麗で使いやすそうなので、一応見ただけだけどここにします!と決めてしまうこともあります。

内見をする時は最初の希望に沿ったものなのかどうかなどをきちんと考えてから決めるのがいいです。すぐに契約しないで騒音やお隣さんがどんな人か、害虫がでないか、日当たりはいいか、洗濯物は干せるのか、風呂はカビが生えにくいかなど、いろんなことに気をつける必要があります。

 

不動産屋さんと内見に行く時に注意するべきポイント

ちょっとまとめて注意すべきところを見ていきましょう。不動産屋さんのせいでないことも多いので、誤って契約を急いで不動産屋さんのせいにしないために注意すべきところを見ていきましょう。

騒音

物件によって壁が薄いところがあります。マンションタイプよりもアパートタイプの方が壁が薄いことがあります。適当に選んでしまうと壁が薄くて、そうに悩まされて夜眠れなかったり、仕事に集中できなかったりすることがあります。

壁が薄くなくても、お隣さんがいびきをかく人だったり、上の階に学生さんが住んでいたりと、騒音の被害にあうパターンがあるのです。

対策としては、壁の薄さと、天井の高さなどを調べるために、壁を叩いて見るのがいいでしょう。また、一階よりも二階の方が静かなので二階を選ぶ方がいいです。

隣人

隣や上の階や下の階にどんな人が住んでいるのかも非常に重要です。最近は一人暮らしなら表札がないので男か女かもわかりません。ポストを確認して見たり、自転車置き場を見たりして、どんな人がマンションに住んでいるのか確認してみると良いでしょう。

いきなり契約する前に、マンションの周辺環境にどんな人が住んでいるのかも見ておくのがいいでしょう。場所によっては猫が多かったり、変な人が近くに住んでいたりすることもあります。女性ならなおさら心配です。

 

日当たり

陽あたり良好という物件がありますが、選ぶなら間違いなく日当たりの良いところがいいでしょう。確かに夏などは暑いのですが、冬に暖房つけるより、扇風機などでなんとかなるので夏の暑さの方が電気代も節約できます。なのより日が当たらない部屋はきついです。

日が当たらないとどうして悪いかと言うと、朝起きられなかったり、体調不良になる可能性があるのです。一人暮らし初めの人が慣れない一人暮らしで不安になったり、体調を崩したりした時、部屋が暗かったりすると余計気分を害します。

なるべく朝起きるとカーテンから光が差し込むような部屋にするのがいいでしょう。また光が入るだけでしっかりとした生活リズムを作ることができるし、全てにとって良いです。

 

スポンサーリンク

不動産屋との内見のあとはすぐに契約しないで情報収集を!

ちなみに筆者の場合はまず物件に着いたら二階と隣の部屋に行き、ピンポンを押して「これから入居する予定のものですが、何かご不便なことありませんか?」と聞きます。すると夏はどうだとか、冬は寒いから電気代がかかるとか、結構教えてくれます。

さすがにここまでしなくてもいいのですが、家の近くなら契約する前に一度自分で家の周りを散歩してみるのがいいでしょう。スーパーや駅まではどれくらいかかるのか歩いてみるのがいいでしょう。実際に歩いてみるとがっかりすることが多いです。

内見すると行っても、家の中の様子しか見ないので、結局は「部屋が綺麗か・明るいか・変な匂いしないか」とか簡単なことしかチェックしないで判断していることが多いです。一年以上かけて住む家を、そんな1日で決めて言い訳がありません。

 

不動産屋さんで内見する前に契約書を書かされることも?

不動屋さんで物件を調べてもらい、その後に不動産屋さんに戻ってきて契約書を書くという流れがあります。内見してみて良かったらその日のうちに契約書を変えて、審査に送りたいからです。審査には時間がかかりますので、なるべく早く書類を作っておくんなければ、港南さんや管理会社さんに物件を押さえてもらっておく時間が長くなってしまうのです。

不動産屋さんで内見をする前に、お客さんが希望の部屋が変でなければその日に契約してもいいと言う感じだと、先に契約書をある程度書いて、帰りは事務所に戻らず、車で近くの駅で降ろしてくれるという提案をしてくれます。

先に契約書を書くという段階を踏むので、内見でよっぽど変でなければ契約してしまうパターンが多いです。いい部屋であれば問題ありませんが、後から借りた物件で問題が起きないようにしたいなら、その日のうちに契約するのはやめた方がいいでしょう。

 

不動産屋さんで内見した後に契約書を書かない方がいい

内見した後にすぐに契約書を書くわけではなく、エントリーシートのようなものを書き、オーナーさんや管理会社、保証会社を利用する場合は保証会社に提出し審査を受ける流れになります。保証会社とオーナーの審査が完了すると、不動産屋さんで契約書を書く流れになります。

しかし、すぐに決めないほうがいいでしょう。内見が終わった後に他に契約をしたり、早い時には翌日までにお金を振り込んで下さいという場合もあります。筆者も審査が大丈夫そうなので、内見した翌日に振り込んでくださいと言われて焦ったことがあります。

後日考えたら本当にあの物件で良かったのか、と思うことになることが多いので、内見の後すぐに契約しないで、一旦家に持ち帰ってからよく考えて決める方がいいでしょう。

 

不動産屋さんで内見の後に契約しないで一旦持ち帰る

一旦家に持ち帰って冷静に考えれば、あそこは希望通りではなかった、初期費用は予算を外れている、自分が望んでいた物件とは全く別物だった、などのいろんな疑問が出てきます。疑問というのは必ず出てくるものですが、なるべくその疑問の少ない物件に住みたいものです。

それに疑問の残るまま契約してしまうと、その後に実際に物件で問題があった場合、不動産屋さんに契約を急かされたからだ、という風にクレームにもつながります。

一旦契約書を書いてしまうとクレームを出してもクーリングオフ制度が効かないので、借りてしまった物件をやっぱりやめる、ということはできないのです。

 

不動産屋さんで内見後に契約しない方がいいのはクーリングオフが効かないから

商品などを購入し、何らかの理由で必要なくなった場合、説明不要で一定期間の間までなら商品を返却するということができる制度です。しかしこれは賃貸の契約では効きません。契約書を書いてしまった後にクーリングオフ制度が効かないようになっているのです。

契約書を書いてしまえばあとは不動産屋さんや管理会社にいくらクレームを出しても、やっぱり出たいということができません。初期費用も戻ってきません。そして、解約する時には解約料や違約金もかかります。

初期費用だけでなく解約費用や違約金もかかってしまいますので、1日そこらで適当に物件を決めてしまい、気に入らなかった場合の代償が大きいです。初期費用や解約費用、違約金などで50万円ぐらいかかったとすると、若い社会人の2ヶ月分くらいの給料が飛ぶわけですので、2ヶ月の損失になります。たった一日で、です。

 

不動産屋さんに内見に行く時にはかなり慎重にした方がいい

これだけの損失を出しても、管理会社も不動産屋さんも何も責任を取ってくれません。選んだのはあなただからです。しかも仲介手数料は家賃の一か月ほどですので、家賃が10万円なら10万円です。今の時代弁護士よりも高いコンサルティング料です。

不動産会社というのはよく考えるとおかしな点がたくさんあります。管理会社もしっかりです。今のアパートやマンション物件などは、ちゃんとしたところを管理してる場合もたくさんありますが、バブル時代に買いまくって家賃収入で老後に暮らしていきたいと考えていた甘い大人たちの残骸です。

日本全国にはそういう物件が非常にたくさんあります。是非ともよく注意して内見し、いきなり契約しないで、家に入った持ち帰ってからもう一度内見するから、別の不動産屋で探してもらうか、そのまま契約するかなどを決めましょう。

 

賃貸不動産選びは慎重に!

どれくらい慎重になっても慎重になりすぎることはありません。私は家にいる時間が少なく、一ヶ月のうちでも10日いるかいないかくらいですので、1日で決めてしまいます。しかしそれで失敗したこともあるので、ぜひともお金のない学生さんや、安全なところに住みたい女性の方など、かなり慎重になって不動産屋さんに行って欲しいです。

 

-引っ越し
-, ,

関連記事

一人暮らしは怖がりでも大丈夫

一人暮らしは怖がりさんでも大丈夫!解消法を伝授

  私も昔は怖がりでした。初めて一人暮らしをしたのは仕事を始めてからですが、とにかく一人で家にいるのが嫌でした。怖がりでしたので幽霊も嫌だし、事件に巻き込まれるのも嫌でした。 しかし、どんな …

吉祥寺は一人暮らしにおすすめ

吉祥寺は絶対に!一人暮らしにおすすめ!家賃相場や周辺の施設まとめ

  吉祥寺は一人暮らしで最も憧れる土地といってもいいでしょう。家賃相場が高いことでも有名ですが、学生さんから社会人まで、お買い物や食べる気や観光もできる吉祥寺は憧れの場所です。 今回はこの吉 …

一人暮らしの必需品

一人暮らしの必需品のチェックリスト!コピー可能リスト付き

  いざ一人暮らしを始めるとなるといろいろ買い揃えなければいけないものが多いです。いきなり全部を揃えるのは大変なので、随時揃えていけばいいと思いますが、結構いろいろあるので、自分でノートにま …

内見の持ち物まとめ

不動産屋の内見での持ち物はこれ!必要なものリスト作ったよ!

  ちなみに筆者は1年で2件の物件選びに失敗して100万以上損したこともあります。お金がない若い人がこんなことにあったら大変だと思い、不動産業界の実際を伝えるために記事を書こうと思いました。 …

一人暮らしにかかる費用はどれくらい?

一人暮らしにかかる費用は?筆者の生活費も公開!!

  筆者が初めて一人暮らしをし始めたのは大学を出た後でした。仕事を始めて1年が過ぎた頃、貯金も溜まったので一人暮らしを始めました。筆者は男ですが、初めての時はやはり不安でした。 「貯金が底を …