引っ越し

引越しのやる気がでない時の対処法!準備が大事!

投稿日:2019年5月8日 更新日:

引っ越しのやる気が出ない時の対処法

 

新しい部屋に引っ越しをする時、会社の転勤で新しい地域に引っ越しする時など頻繁に引っ越しする人にとって引っ越し作業は非常に面倒です。何度も引っ越しをしているとやる気がなくなるものです。今回はそんな引っ越しの準備のやる気が出ない人のために、筆者の経験からやる気の出る方法を見ていきます。

 

スポンサーリンク

引っ越しの準備は自分でやってきた私の場合

引越しを自分で行う

引っ越しでやる気が出ない時は一体どうすればいいのでしょうか。実は私は引っ越し作業を全て自分でやってきました。なので引越し業者というものを使ったことがありません。引越し業者に依頼すると中々の金額になりますので、なるべく引越し業者を使わない方法で引っ越しをしてきました。

引越しの業者に行ってもらう

結果的に今まで4回引っ越ししましたが、1回も引越し業者を使っていません。引越しのやる気がでなかったので、夏休みの宿題方式で業者を使わずにレンタカーなどを借りて全て自分で運びました。なので引越し業者が来る前に荷物を準備していけない、ということにならなかったのです。

引越しの作業は自分で行う

そんなこともあって、やる気のでない筆者はいつもその日に準備してその日に引っ越すことにしています。しかし、ほとんどの人は上京したり、仕事で転勤になったりするので、引っ越す日が決まってしまうものなので、しっかりとやる気を出さなければいけませんよね。

 

引っ越しでやる気が出ないなら物事を整理しよう!

とはいっても難しいことを考える必要ありません。引っ越しでやる気が出ない原因は、あれもやらなければいけないこれもやらなければいけないと考えてしまうからです。

「物事ははシンプルに考えるのが一番」

ということで、本当にやらなければいけないこと、やらなくていいことを考えてから引っ越しの作業をします。物事が整理されると自然にやる気が出てくるものです。

具体的にはどういったことかと言うと、今自分の部屋にある必要ないものと、必要あるもの分けることです。特に必要ないものを先に整理し、それを捨ててしまえば、作業がグンと楽になります。必要ないものの整理は、外出している時に携帯にメモしたりして考えておくのもいいです。

 

スポンサーリンク

引っ越しのやる気を出すには「必要ないもの」から整理

必要あるものを考えるより、「必要ないもの」を考える方が楽です。必要あると思っていても、やはり後から必要だったと思って後悔することがあります。なので、先に必要ないものを整理しておけば、後で後悔することがなくなるので楽です。

 

粗大ゴミになるものを探す

引っ越しをするときは必要ないものを探すのに一番いいのは、まずは粗大ゴミとなるものを探すことです。市や区の回収センターでは粗大ゴミや家電製品、テレビや冷蔵庫などは家電量販店で回収してくれることがあります。

まずはいらない粗大ごみを捨てることから始めるといいでしょう。粗大ごみを出すのに時間がかかるので、先に予約しておく必要があります。引っ越し直前に予約してしまうと、引っ越した後に回収しにくることになるかもしれません。

引っ越した後の住居に粗大ゴミをずっと置いておくわけにはいかないので、あらかじめ粗大ゴミは予約しておかなければいけません。遅くても15日前までには予約しておきたいところです。普通は一ヶ月先を見越して予約するものです。

 

小さいものをゴミ袋に捨てていく

次は必要のない小さいものを捨てていく作業です。まずは大きなゴミ袋持ってきて、部屋の中にある必要のない紙や書類、ノート、使わなくなったペン、置物、服などなど、燃えるゴミやプラで捨てれるものを捨てて行きます。

ここまで来るとかなりのゴミがなくなりますのでかなり部屋がすっきりしたのではないでしょうか。必要のないものから捨てて行くと、部屋がかなりすっきりしますので、気持ちも楽になります。

 

スポンサーリンク

引っ越しでやる気がでない時は本当に必要なものリストを作る

引っ越しのやる気が出ない時は本当に必要なものリストを作ってみるのがいいでしょう。先にある程度必要ないものを捨ててしまったので、今度は簡単に必要なものを見つけることができるでしょう。

実家から引っ越しして、ある程度のものは残しておける、という時など、この必要なものリストから持っていくと、引っ越し先の生活に困りません。

本当に必要なもののリストを作って、次の家で使うことができるものとそうでないものを分けておきましょう。やる気が出ない時にやっておくと、作業する時に楽になります。

 

スポンサーリンク

引越しのやる気がでない時は長期間に渡って作業をする

物事は長期間に渡って行うことで成功率が上がる、ということで、時間をかけて作業するのがおすすめです。一ヶ月や二ヶ月先でも、かなり早めに引っ越しの作業をしておくと非常に便利です。

先に粗大ゴミ等、大きいものを捨てておくと良いでしょう。テレビなど後々必要ないけれども今の生活には必要と言うものは仕方ないですが、今すぐ捨てられるものがあるならば、それだけでも先に捨てるといいでしょう。

やる気が出ない時は先にいらない衣類や調理器具など、迷わずにどんどん捨てていきましょう。再利用できるものは再利用したりボランティア団体に寄付する、と言う方法もあります。

 

引っ越しでやる気がでない時は部屋のプランを考えてみる

引っ越しでやる気が出なくなった時は、次の部屋でどんなものを置きたいかプランを考えてみるのが良いでしょう。新しい部屋のプランを考える時間はとても楽しい時間です。引っ越しのやる気が出ない時は家具量販店に行ってみたり、カタログを見てリラックししましょう。

私も次の家が決まるまでニトリにインテリアを見に行ったり、IKEAにインテリアに行ってホットドッグを食べて帰ってきたりと、やる気が出ない時は次の部屋のプランを考えてモチベーションをあげました。

今の生活で使っていたものを改善してみたり、今度は必要ないなと言うものを探してみたり、ライフハックできるものをどんどん探していった結果、今ではかなり効率的に暮らせるようになりました。

 

スポンサーリンク

引っ越しでやる気がでない時は全て業者に任せる

どうしてもやる気が出なかったり、仕事で忙しく準備する時間がなかった時は、引越し業者に全て任せてしまうのも一つの方法です。業者によって荷物の整理やゴミ捨てもやってくれるところもあります。

また、引越し業者とは別に、なんでも屋さんなどで荷物の整理だけやってくれるところがあります。作業員の人数や時間によって料金が設定されるのですが、少々料金がかかりますが、本当になんでもやってくれます。

女性の場合は引越し業者や何でも屋さんに頼むと男の人が来るので嫌だと思う人も多いでしょう。しかし最近では女性向けの引越し業者さんなどもあり、女性でも安心して女性の作業員を呼ぶこともできます。

 

引っ越しでやる気がでない時は全部自分で引っ越しする

引っ越し業者に頼んで引っ越しをする時、お値段の見積もりやダンボールの数、当日朝早く起きていなければいけない、などなど面倒なことがあります。これもやる気が出ない原因です。この際引越し業者に頼まず全部自分で引っ越しをしてしまうというのもありです。

一人暮らしで自動車で行ける範囲のところに引っ越すならば、全部自分で引っ越しをしてしまってもいいと思います。レンタカーでトラックなどを安く借りれるので、軽トラを借りて、家具などを自分で運ぶのです。筆者はこの方法で全部自分で引っ越し作業を行ってきました。

ちなみに筆者は高速道路を使って2時間くらいの距離のところに引っ越したのですが、荷台が大きな軽自動車を借りて全部自分で引っ越しをしました。トラックでもいいのですが、最近の荷台の大きな軽自動車で十分でした。

あまり詰め込みすぎると危ないですが、ダンボールを郵送し、家具などは自分で運びました。これならやる気が出ない時でも、いつ出発してもいいし、いつまでに整理しなければいけない、というのもないので気楽で簡単でした!

 

引越しのやる気がでないので結局ミニマリストみたいにになった

ちなみにですが、なんども引っ越しをしているうちに、だんだん容量のいい生活をするようになりました。引越しのやる気がなかったおかげで、結局ものが少ない部屋に住むことになりました。ものが少ないので部屋の中がかなり広くなりました。

ミニマリストになったつもりはありませんが、結果的にミニマリストのような生活をしていることに気が付きました。今では冷蔵庫すらありません。冷蔵庫があると、本能からか、たくさん食品を保存してしまって、食べ残しに原因になることがわかりました。

なので、「本当に必要なものだけ買おう。必要なものがあるならその時に考えるようにしよう!」と言う風になったのです。やる気が出なかったおかげで、こんないいこともあったわけです。よかった。

 

引っ越しのやる気が出ない時は気楽に!

引っ越しのやる気が出ない時はなるべく物事を簡単にするのが一番です。業者を手配するのがめんどくさいのか、部屋にある荷物を片付けるのがめんどくさいか、やる気が出ない原因を探して、簡単にする方法を見つけて見るといいかもしれません。

引っ越しが終わったらどっかに遊びに行く、などの楽しみを用意してもいいでしょうね!頑張ってください!

 

-引っ越し
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

内見とは?

内見とは?意味や不動産屋さんで何をするのかについて解説

  不動産屋さんや賃貸物件のサイトを見ていると出てくる「内見」と言う言葉。一体内見とは何のことでしょうか?今回はこの内見とはどんな意味か?何をするのかについて見ていきます!   ス …

男の一人暮らしで危険なこと

男の一人暮らしで想定される危険なこと12選!意外と男でも痴漢にあう?

  一人暮らしで女性の人は夜が怖いという問題があります。しかし。男性でも一人暮らしは怖いことがたくさんあります。意外と男性でもストーカーにあったり、痴漢にあったりするものです。今回は一人暮ら …

一人暮らしにかかる費用はどれくらい?

一人暮らしにかかる費用は?筆者の生活費も公開!!

  筆者が初めて一人暮らしをし始めたのは大学を出た後でした。仕事を始めて1年が過ぎた頃、貯金も溜まったので一人暮らしを始めました。筆者は男ですが、初めての時はやはり不安でした。 「貯金が底を …

不動産で注意すべきポイント

一人暮らし必見!不動産屋に初めて行く時の注意点11!

  春なので実家を離れて初めて自分で家を借りて住むという人も多いでしょう。初めての一人暮らしで賃貸物件を借りる時、不動産屋さんに行かなければいけません。不動産屋さんはアパートの仲介を行ってい …

ベッドと布団はどっちがいい?

一人暮らしではベッドと布団はどっちがいい?ベッドはデメリットが!

  一人暮らしで住むならばベッドと布団はどちらがいいのでしょうか?ベッドだとスペースがなくなるので嫌です。布団は布団でたたんで置いてあるのが嫌な感じです。どちらも同じような感じがします。しか …