生活

一人暮らしの弁当作りを応援!おすすめの方法を伝授!

投稿日:

一人暮らしでのお弁当のレシピなど

 

実は慣れると弁当を作るのに時間も手間もかかりません。

作る時間:15分
週5回/一ヶ月:3000円ほど(外食は2万〜3万円ほど)

一日100円〜300円ほどで作れるのが弁当です。20日作るとしたら3000円から6000円ほどでしょう。

今回はその内訳を説明しながら、節約方法と時短のテクニックを見ていきます!

作った方がお得になると思いますよ!

 

スポンサーリンク

一人暮らしで弁当は自分で作った方がお得かも

一人ぐらいsのお弁当など

写真:写真AC

お弁当と言っても、基本は昨晩の残り物と、普段から冷蔵庫に入れている作り置きの煮物や小鉢料理を使って作ります。ですので、忙しい朝に一からおかずを作る必要はありません。

 

昨夜の残り物を使うので手間はかからない

前日の夕食や普段から少し多めに夕食を作り、長く保存しておけるおかずを冷蔵庫に入れておきます。すると作りたくない時やお弁当に使えて便利です。

きんぴらや煮物、おひたしなど、保存がきいて、冷めても美味しい料理のレパートリーを覚えておけばずっと使える技です。

外食のみだと月に2万円〜3万円はかかる

学食・社食は300円(9000円/月)〜1000円(3万円/月)ほどかかります。他、お菓子や飲み物を買ったりすると、200円(6000円)〜500円(1.5万円)ほど別途でかかるでしょう。

娯楽費はケチるのに、食事は必要なものを考えているので、いちいち費用として計算しないものです。

お弁当は節約できる

お茶碗一杯分のご飯は20円〜30円ほど、メインのおかずは100円以下でも作ることができます。ですので、一人暮らしでお弁当を手作りすれば節約することができるでしょう。


ご飯(30円)
野菜炒め(昨夜の残り)
おひたし(冷蔵庫の保存)
きんぴら(普段の保存)
卵焼き(卵一個20円)
合計50円

冷蔵庫の保存は、きんぴらやおひたしなど、安い野菜を使って大量に作り置きできるものがおすすめです。きんぴらごぼうも100円〜200円ほどで大量に作ることができます。
特に和食は作り置きができて、かつ費用が安いです。

では今度は実際に、一人暮らしでお弁当を手作りする方法を見ていきましょう!

 

一人暮らしのお弁当の手作りレシピの例

一人暮らしのお弁当の例

基本はメインを夕食のメイン料理の残りか、朝作って、他のおかずを残り物や冷蔵庫に保存しているものを使います。

メイン:夕食の残りか朝に一品作る
他のおかず:冷蔵庫の保存かレンチンの冷食など

なので、基本は火を使わなくても作ることができます。余った時間でメインを作ると効率的です。

ではこれを踏まえて一人暮らしのお弁当のレシピを見ていきましょう!

 

おにぎり

おにぎりは昨晩のうちに作っておける上、作り置きして冷蔵庫に保存して置くこともできます。昨晩の夕飯のご飯の残りがあればそれをタッパーに入れて冷蔵庫に入れておき、温めて使うのもいいでしょう。

おにぎりはラップやアルミホイル、専用のケースに入れて持ち運びます。するとお弁当箱の容量を増やせるので、おかずをお弁当にたくさん入れることが可能です。

 

スポンサーリンク

一人暮らしのお弁当の手作りレシピの例:メイン

一人暮らしのお弁当のレシピの例

メイン料理を一品だけ時間をかけて作り、おかずはサッと済ませる。こうすれば一人暮らしのお弁当作りがぐっと楽になりますよ!

 

ハンバーグ

ハンバーグはひき肉と玉ねぎをを買ってきてパテにして、焼くだけです。焼くのに時間がかかるので、お弁当用に小さいのを作って冷蔵庫に入れておくといいでしょう。

レシピ
1. 玉ねぎをみじん切り
2. 玉ねぎを牛か豚、または牛と豚の合挽き肉に混ぜるパテにする
3. 油で中火にして炒める(15分ほど)

*お弁当分は100円〜150円ほど

エビチリ

エビチリは豆板醤や中華スープの素など調味料が必要ですが、あまり作らないならエビチリソースの素を買っておけばOKです。

エビは種類はなんでも良く、スーパーで少量を安売りしている時に購入したり、大量で安い冷凍のものを使うといいでしょう。

レシピ
1. エビの背わたをとる
2. 下処理したエビを片栗粉にまぶす
3. 生姜やニンニクと一緒にソースと炒める

一食100円〜150円(調味料があるなら)

*中華は食材をフライパンで炒めるだけなので時短になります。

オムライス

ご飯とメイン料理を一緒にするパターンです。卵とケチャップライスやチャーハンにしたり、あっためられるなら餡をかけて天津飯みたいにするのもいいでしょう。

レシピ
1. 鶏肉や玉ねぎを入れたケチャップライスを作る
2. 別のフライパンで作ったオムレツを乗っける

*卵一個20円なので、一食100円以下です。

春巻き

揚げ物は一人暮らしのお弁当のメイン料理として便利です。

朝に油であげるのもいいですが、昨晩の夕食で作った残りを冷蔵庫に保存しておくのも良いでしょう。

春巻きの中身の餡だけ残しておいて、野菜炒めやサラダに使ったりといろいろ活用できます。

レシピ
1.豚ひき肉・きのこ・人参・たけのこ・ニラなどを炒める
2. 春雨と片栗粉を混ぜる
3. 餡ができたら春巻きの皮にまく
4. 油で揚げる

*お弁当分は3本で200円ほど(豚肉とたけのこの値段により)

 

スポンサーリンク

一人暮らしのお弁当の手作りレシピの例:簡単なおかず

和食を作る

和食は簡単に作れるものが多く、かつ栄養を効率的に摂ることができるので便利です。難しそうですが、初心者でも短時間で作れる簡単な和食がたくさんあります。

忙しい一人暮らしの朝で活躍するので、レパートリーを覚えておくと良いでしょう。

 

おひたし

他の料理をしながら作れるので、時間がかかりません。冷蔵庫に入れておき、納豆などと一緒にサクッと朝食で食べられます。

 

レシピ
1. ほうれん草を茹でる
2. ほうれん草を冷水に入れる
3. 和風出汁と酒・みりん・醤油の出汁を作る
4. ほうれん草を出汁にひたす

ポテトサラダ

業務スーパーやスーパーで大量買ができるので、買っても安いのでしょう。業務スーパーのポテトサラダや、コンビニの少量のポテトサラダは美味しいのでおすすめです。

買ってもお弁当分なら一食で50円以下になるでしょう。

 

レシピ
1. ジャガイモを茹でて潰す
2. 人参・きゅうり・卵など具材を入れる
3. マヨネーズなどと混ぜる

*一食分は50円くらい

 

スポンサーリンク

一人暮らしのお弁当の手作りレシピ:もっと簡単なおかず

一人暮らしで冷食を活用する

もっとサクッと作って入れることができる、簡単なおかずもあります。手間や時間、費用を考えて、スーパーで出来合いのものを買った方が安い場合もあります。

一人暮らしを始めたら、まずは近所のスーパーに行って、「この店はこれが安い」、「あの店はこれが安い」と情報収集をしておくと良いでしょう。

 

冷食や惣菜

唐揚げや餃子、コロッケなど、スーパーやお肉やで安く買えるので、作るよりも節約・時短かもしれません。

たとえば筆者の近所の肉屋は唐揚げの500グラムの500円が、夕方には30%オフで350円になります。10個ほど入っているので一個35円です。

唐揚げは油を使わなければいけないので、安く購入できるなら購入したいところです。

 

ゆで卵

ゆで卵を半分に切ってお弁当に入れるのも良くあります。ギザギザに切って形を整えたり、マヨネーズでソースを作ったりと、工夫もいろいろです。

茹でる時間がかかるので、昨晩のうちに茹でて、タッパーに入れて冷蔵庫に入れておくのが良いでしょう。

サラダ

ボウルにレタスやパプリカ、トマト、ブロッコリーなど彩りを考えて和えて、ドレッシングと一緒にお弁当に入れれば簡単にスペースが埋まります。

シャケ

魚は焼くだけなので簡単です。レンジやグリル、あるはフライパンで焼く方法があります。レンジやグリルは時間がかかるので注意が必要です。

 

一人暮らしのお弁当の手作りレシピ:メインのみ

ステーキのランチ

例えばガパオライスとスープといった感じで、メインのみでお弁当を作るのもおすすめです。一食だけ作ればいいので、時短ですし、おしゃれな料理が作れます。

一品料理の例
ガパオライス
ロコモコ
ステーキ丼
インドカレーなど

カフェランチで人気のワンプレートご飯を参考に、一人暮らしのお弁当に応用するのも良いでしょう。

 

一人暮らしでお弁当を作った方が楽しい。

一人暮らしで料理を作るのには時間がかかる

毎日お弁当を作るのは大変です。社食や学食を間に挟みながら、楽しくお弁当作りをすると良いでしょう。

最後に一人暮らしでお弁当を手作りするメリットを考えてみましょう。

 

ランチを買いに行く時間の節約

学校や会社のお昼休みにランチを買いに行くのは時間がかかります。

ランチタイムはお店やお弁当屋さんが並ぶ上、食べる場所を探すのにも時間が必要です。

食べたいものを時間内に買いに行けるかもわかりません。なので、手作りでお弁当を持っていけば、すぐに好きなものが食べられるかもわかりません。

なので、あらかじめ食べたいものは自分で用意しておく方が、時短につながるのです。

いつでも食べられる

料理ができると冷蔵庫の食材を入れておけば好きな時に作って食べることができます。量も自分が食べたい量を作ることができます。

料理ができると食事の自由度が上がると思います。挑戦してみる価値はありそうですよ!

 

一人暮らしでお弁当を作るのは最初は時間がかかる

一人暮らしで料理を作るのには時間がかかる

筆者も最初は料理を作るのにかなり時間がかかりました。効率が悪く食材が足りなくて二回も買い物にいったり、失敗してせっかく買った食材を無駄にしたりと、散々なものでした。

ただでさえ生活費が大変なのに…

そんなことも思いましたが、半年くらい頑張って毎日作っていると、なかなか上達しました。

実際自分で作った方が食事をする時間とお金を節約することができたので、非常によかったと思っています。

料理は苦手な方もいますが、やりたい方は是非とも挑戦してみてはいかがでしょうか!

 

-生活
-,

関連記事

コインランドリーで持参した洗剤を使う場合

コインランドリーに洗剤は持参?いる場合といらない場合

  筆者はコインランドリーをよく使います。洗濯機があっても乾燥機だけ使ったりして、その便利さを感じています。 コインランドリーに洗剤は持参する必要があるかですが、「いる洗濯機」と「いらない洗 …

コインランドリーの乾燥機の使い方

コインランドリーの乾燥機の時間について!目安を表で解説

  筆者はコインランドリーをよく使う方です。乾燥機などは特に、お家で洗濯してから歩いて3分のコインランドリーに乾燥機だけかけにいきます。48度以上の高温の乾燥機だと殺菌もできてダニ退治もでき …

一人暮らしの朝ごはんでおすすめ

一人暮らしの「朝ごはん」はこれ!時短で安いリスト!

  いざ一人暮らしを始めると、毎日朝ごはんを用意するのが大変なことに気がつきます。お母さんはよくやってくれていたなあ、と感じることもあるでしょう。毎日違う朝ごはんを作るのは大変なのです。 そ …

一人暮らしのドアガチャ現象

一人暮らしのドアガチャ現象の原因は?

  一人暮らしをするとよく聞く話ですが、皆さん聞いたことがあるでしょうか?幽霊なのか幽霊じゃないのか、学生時代はアパートに住んでいる友達とよく話したものです。一人暮らしのあるあると言っても過 …

一人暮らしのメリット

一人暮らしのメリットを考えてみた!一番は恋人ができること

  一人暮らしのメリットを考えてみました。やっぱり一番は恋人ができることだと思います。一人暮らしは寂しいし、なんか動物的になるんだと思います笑。   スポンサーリンク 一人暮らしの …




東京散歩の特集

「東京上京-up to tokyo-」は東京に関する情報を発信するメディアです。スタッフの現地取材によってリアルな東京をお伝えするメディアとして東京で生まれました。東京に住む人も、観光で来られた人も、東京に関わるすべての人のためのメディアです!