旅行

ホテルに安く泊まる方法!おすすめは公式サイト?

投稿日:2019年3月15日 更新日:

ホテルを安くとる方法

 

小生は今までいろんなホテルに泊まってきました。長期的にホテルに宿泊して旅をしたり、ぶらぶらしたりしていました。実は賃貸を借りて連続で嫌な目にあったので、もうホテルに住もうと思って一時期ホテルに泊まっていたのでした。

そんな経験からホテルに安く泊まる方法が結構わかって来たので、ビジネスホテルや高級ホテルの安く泊まるノウハウが身につきました。これは旅行の時に非常に有効でした。なのでみなさんにも旅行の時に使うことができる安く泊まるテクニックをご紹介します。

 

スポンサーリンク

ホテルに安く泊まる方法はある?

ホテルの宿泊料金を安くする方法

ホテルに安く泊まる方法はいくらでもあります。地域、時期や時間、宿泊予約サイト、決済方法などなど、いろんな方法でホテル安く泊まることができます。いくらでも方法があるのですが、やり方次第で結構な割引になるので絶対にやった方がいいです。

 

ホテルに安く泊まるのもいいけれどクオリティも大事

小生はいつも安くてクオリティの高いホテルに泊まるようにしています。安いホテルは結構たくさんあり、部屋を3000円台で取ることができるビジネスホテルもあります。しかしこうしたビジネスホテルは訳ありが多いので、「なんだ、こんなんだったら取らない方がいいや!」となることが多いです。

なので必ず安いホテルを見つけたら口コミをチェックしておいた方がいいです。3.5前後くらいなら小生なら行かないです。4.0を超えているところで安いホテルを取るようにしています。3.5を超えていれば結構いいのではないかと思うのですが、あくまで小生はクオリティの高いホテルを安い料金でとりたいのです。

 

スポンサーリンク

ホテルは客室の稼働率を下げたくない

安い料金で宿泊する為のおすすめは、ホテルがたくさんある地域を選ぶことです。たくさんある場所はホテル同士の競争がないので料金が値下げされないことが多いです。ホテルというのは客室の稼働率を下げたくないので、少し割引にしても空いている部屋を作りたくないものです。

人件費もかかっているので部屋がたくさん空いていればお掃除の人や深夜のフロントの人などを雇っているお金が無駄になってしまいます。なのでお客さんがあまりいない時期に高級ホテルなどをとるとかなり安かったりします。

 

スポンサーリンク

ホテルを安くとる方法1:地域を選ぶ

旅行や出張の場合は安い地域を選ぶのは結構難しいです。旅行の場合は交通費がかかるようなところをとってしまうと結局お得でなくなったりするからです。なるべく交通費のかからない、安くて綺麗なホテルを取りたいものです。

おすすめはホテルのたくさんある地域を選ぶといいです。ホテルがたくさんあると競争が生まれるので、なるべく他のホテルと大差ない、あるいはそれよりも安い、またはサービスのいい設定をするものです。逆にホテルの少ない地域で近くに観光地などがあると強気の料金設定をしているところがあります。

例えば鎌倉なら藤沢や大船といった鎌倉に近い駅は結構料金が高いです。江ノ電の始発がある藤沢はホテルが幾つかありますが、大船は鎌倉に行く時の乗り換えに使う駅ですがホテルが少ないです。藤沢は比較的安いところが多いですが、大船は結構高いです。なぜなら他にホテルがないからです。(多分)

他にも東京駅よりもビジネスホテルが高いことがあります。逆に東京駅はホテルが多いので安いビジネスホテルがたくさんあったりします。ホテルの部屋は少なかったりしますが、東京都内の他の駅に比べてアパホテルなどの有名なビジネスホテルのチェーン店は宿泊料金が安かったりします。

このように地域によって宿泊料金が違うのです。

 

スポンサーリンク

ホテルを安くとる方法2:曜日を選ぶ

時期もそうですが、旅行で時期を選ぶのはみんな同じなので省きました。おすすめは曜日を選ぶことです。曜日によって安い日とそうでない日があります。高いのは水曜日や土曜日です。金曜も高いところは高いです。逆に安いのは日曜と月曜です。これを知っているだけでもかなり旅費を抑えることができます。

 

水曜日はビジネスホテルの料金が高い?

水曜日が高いのは飲みに行く人が多いからです。飲んだ帰りに終電がなくなってビジネスてホテルに泊まりに行く人が増えるので、シングルの部屋を開けていることが多いのです。地域にもよると思いますが、飲み屋さんが多い金曜日なども混雑しています。やはり同じ理由ではないかと思います。

平日でもホテルの料金が高い日があるんですね。ちなみに土曜日が高いのは当然ですよね。

 

日曜と月曜はホテルの料金が安い

日曜日と月曜日はホテルの宿泊料金が安いです。日曜日は出張で来る人が月曜から働きそうな感じがしますが、会社的に休日の日曜から前乗りさせるところはあんまりなさそうですよね。日曜は旅行客も出張者も多くないので安くしているところが多いです。

大手のホテルチェーンは客室の稼働率が運営上非常に大事だと思うのですが、アパホテルやスーパーホテル、リブマックスなどの全国展開しているチェーンは日曜日は非常に安いです。日曜だと5000円以下で泊まることができるなんてこともあります。なんなら郊外だと4000円以下も普通にあります。

日曜日はどこも安く料金設定しているので安いのです。月曜も同じ理由です。火曜日も比較的安いところが多いです。連泊するなら日曜から火曜にするのがおすすめです。

 

ホテルを安くとる方法3:公式サイトから予約

よくホテルの宿泊予約サイトによって料金が違うと言われますが、小生はサイトによってホテルの料金はそんなに変わらないと思います。税込みと税抜き表示でそう見えたりするだけではないかと思います。基本はあんまり変わらないのです。

変わるのは掲載しているホテルの数です。いろんな予約サイトがありますが、掲載されているホテルの数が違います。その日に一つのサイトで最安のホテルを調べても、別のサイトで別のホテルがもっと最安でお得なホテルが見つかったりします。

小生は頻繁に使うのでポイントがたまりやすいところを使っているのですが、一応大手のサイトは2、3サイト見るようにしています。が、これだけではありません。実は宿泊予約サイト意外にもホテルの公式サイトも見なければいけないのです。

ビジネスホテルでも高級ホテルでも、公式サイトから予約した方が安いことが結構あります。これはホテルの人に聞いたのですが、ホテル側からすると公式サイトからなるべく予約して欲しいようです。多分ポイントが溜まるとか、ポイント払いとかが嫌なのでしょう。

公式サイトから予約して通常よりも500円ほど安くなったこともありますし、500円割引券をもらったこともあります。ポイントがそれほどたまらないなら公式サイトでの予約もチェックです。

 

ホテルを安くとる方法4:時期

直前か一週間前に予約すると安くホテルをとることができことが多いです。直前は当日や午後あるいは夕方など。サイトの料金表の設定にもよると思うのですが、多分いつまでに予約が入っていなかったら直前割を表示するようにしていると思います。

また一週間前や一ヶ月前などに予約すると安くなることもあります。こうした予約は旅行者向けの割引なのでしょう。ビジネスホテルの場合は出張や急な泊まりのお客さんのためにシングルの部屋を残しておきたいものです。なので早く旅行客などは2人以上で泊まることが多いので、部屋の稼働状況を把握するためにも早い予約を割引するようにしているのだと思います。

 

まとめ

ホテルはサイトによって安いところとそうでないところがありますが、基本はあまり変わらないのではないかと思います。ホテルの予約サイトはポイントが一番のメリットです。頻繁に使う人ならポイントが効率よく貯められるところを使えばいいのではないかと思います。

活用してみてくださいね!

 

-旅行
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビジネスホテルの過ごし方20選

ビジネスホテルでの過ごし方20選!何すればか迷ったらこれ

  普段ゲストハウスなどに宿泊する人は、急にビジネスホテルで1人部屋を与えられると、何をしていいかわかんなくなったりするものです。また、出張が多いので毎回ビジネスホテルに泊まる人でも、毎回夜 …

シロギスの釣れる時期

シロギスの釣り方!仕掛けやポイントや餌の種類など

  天ぷらなどを食べに行くとキスの天ぷらが出てくることがありますが、身もあった美味しいですよね。実はシロギスと言う種類の魚は海岸から簡単に釣ることができるので、夕飯目当てのシロギスは釣り人に …

ホテルを安くとる方法

ビジネスホテルで安く泊まる方法まとめ!簡単なものだけ

  筆者はビジネスホテルに泊まることが多いのですが、頻繁に泊まっている内になんとなく安く泊まる方法がわかってきました。 ホテルの予約サイトによって割引などがあるようですが、登録やなんやら面倒 …




東京散歩の特集

「東京上京-up to tokyo-」は東京に関する情報を発信するメディアです。スタッフの現地取材によってリアルな東京をお伝えするメディアとして東京で生まれました。東京に住む人も、観光で来られた人も、東京に関わるすべての人のためのメディアです!