東京・銀座エリア

小伝馬町散歩!おすすめのスポットなどを紹介します

投稿日:

小伝馬町の散歩

 

さて、今回は小伝馬町の散歩に出かけました。隣は人形町や日本橋なので、江戸の面影を残した街並みが有名です。江戸時代から職人や商人や多く、問屋さんや料理屋など、いろんなお店があります。

タイムスリップして江戸の街を覗いてみましょう!

 

スポンサーリンク

小伝馬町駅から散歩スタート

小伝馬町駅前

さて、小伝馬町駅に来ました。読み方は「こでんまちょう」というようですね。小伝馬町は人形町や日本橋に近いですが、東京メトロの日比谷線の「小伝馬町駅」駅が最寄駅です。

JRだと総武本線の「馬喰町駅」ですかね。仕事で使わない限りなかなかいかない駅ですね。

江戸通り

小伝馬町は周辺が日本橋や人形町があるので、江戸の城下町があった場所です。江戸の城下町は飲食店や芝居小屋や問屋さんなどが栄えて、非常に賑やかだったようです。

小伝馬町駅を出ると「江戸通り」があります。まっすぐ行くと人形町や水天宮や隅田川大橋があります。反対派秋葉原です。

江戸通りの小伝馬町

十字路を北東に進むと(確か写真前方方向)、浅草橋を渡って浅草があります。ここら辺は十分歩いて散歩できるので、歩くのが好きな人は東京駅から皇居(江戸城跡)小伝馬町まで来たり、小伝馬町から浅草やなんかを観光すると、江戸の街を散歩できてていいですね。

ビジネス街なのでホテルも結構多いです。東京駅周辺も安いしたくさんありますが、電車に乗っていいなら日本橋や神田やここら辺は意外と穴場です。

では、この小伝馬町駅から散歩スポットを巡りながら、その歴史や案内をしていきましょう。

おみやげ屋さんや商店や飲食店が非常に多いです。小伝馬町は地域的には日本橋です。「日本橋小伝馬町」になります。日本橋の北側ですね。

名前は伝馬役に指名されたここら辺の町の名主の宮辺又四郎から来ているようです。伝馬役は江戸幕府周りで公用で使う馬やその人足を用意する役割ですね。主に江戸幕府に荷物や文書などを運ぶ仕事のようですね。

交通がどんどん増えていく江戸の伝馬役は相当過酷な仕事だったようですよ。

 

小伝馬町の散歩スポット1:伝馬町牢屋敷

人形町方面を歩いて行くと路地を曲がったところに「伝馬町牢屋敷」がありました。江戸時代に罪を犯した人を収容していた拘置所と、死刑場があった場所のようです。

市川にも有名な刑場跡がありますが、そこができるまで使われていたようです。

実は時代劇なんかで有名な場所で、盗人や岡っ引きなんかを収容していた他、八百屋のお七や吉田松陰もここに収容されていたようです。

当時はもっと高い塀で囲まれており、身分によって分けられ、囚人が増えていくと囚人同士の殺し合いもあったようです。今は「大安楽寺」になっています。

 

スポンサーリンク

小伝馬町の散歩スポット2

スポンサーリンク

スポンサーリンク

:十思公園

実は道路を隔てたその隣の公園「十思公園」の隣に「小伝馬町牢屋敷展示館」という資料館があります。全然気がつきませんでしたが、当時の資料が見れるので散歩におすすめです。

この公園は吉田松陰の終焉の地として石碑があったり、地下にも牢屋敷があったようで、発掘すると石垣なんかが出てくるとか。

また公園の中に「時の鐘」があります。コンクリートの鐘楼で、都指定文化財です。ぜひ隣の「小伝馬町牢屋敷展示館」にも足を運んでみてください。私も再度散歩してみます!

 

小伝馬町の散歩スポット3:身延別院

先ほどの公園のそば、大安楽寺の隣にある「身延別院」です。形状は相当劣悪な環境で、江戸の人にとって恐れられていたようですが、刑場がなくなったあとは、跡地になりその噂から住む人が全くいなかったようです。

ここはその亡霊を鎮めるために作られた日蓮宗のお寺です。

お堂は関東大震災で一度焼失したようですが、再建されて今の姿になったようです。境内には「油かけ大黒天神」があり、商売繁盛にご利益があるようです。

小伝馬町から人形町方面の散歩途中に立ち寄ってみると面白いかもしれませんね。

当時から職人さんが多かった場所のようですが、商店が結構あります。ここは刷毛のお店のようですね。

プラスティックの加工かなんかの刷毛ですかね。

普通の街では見つけることができないお店やなんかを覗いてみるのも散歩の醍醐味です。

小伝馬町から江戸通りを通り、えびす通りという路地を散歩していると「江戸切子」の看板が見えてきました。

 

小伝馬町の散歩スポット:於竹大日如来井戸跡

江戸切子の前に、隣にこんなところがありましたよ!表通りの方に有名な小津和紙の小津史料館があるのですが、ここは小津産業株式会社の敷地で、かつて創業者の佐久間善八さんという方のお屋敷があったようです。井戸はその跡です。

なんでも大伝馬町の馬込家に庄内出身の於竹(おたけ)さんという女中さんがいて、いつも誠実親切で貧しい人に服や食べ物を分けていたようで、彼女の勝手口からはいつも後光が指していたようです。ある日出羽のお坊さんが羽黒山のお告げによると、この女中さんは生きた大日如来だというのです。

それで主人は女中仕事をやめさせ、等身大の大日如来を作ったそうです。江戸でこの話がブームになり、参拝しに来られる方がたくさんいたのだそうです。

こんな感じだと思います。井戸は貧しい人たちに施されたので「於竹井戸」とも呼ばれているんだとか。ちなみに於竹さんのお墓や赤羽のお寺にあるようですね。

隣にその「小津和紙」があります。博物館のようですね。

江戸切子の手作り体験ができるようです。

「小津の起源」と書かれています。

和紙の原料になる木だそうです。

 

小伝馬町の散歩スポット:えびす通り

さて、小伝馬町駅方面へ歩いて行きます。恵比寿通りと言われるところにレトロな建物がありました。更科と言うお食事処の隣のビルです。

同じ通りに恵比寿神社があります。「寶田恵比寿神社」という神社です。江戸の大伝馬町の鎮守社だったようです。商売繁盛などのご利益があるんだとか。

小伝馬町のえびす神社

表通りに石碑があります。説明が書かれていますが、読まなかったのでよくわからず。もう一度歩くかあ笑。

 

小伝馬町の散歩を終えて

日本橋の小伝馬町の散歩を終えましたが、江戸の面影が残っている非常に貴重なスポットです。東京都内は江戸の町並みが残っている場所がだんだんなくなってきていますので、こうした景色を写真にとって、忘れずにいられたらいいなと思いました。

 

-東京・銀座エリア
-

関連記事

人形町を散歩していきたよ!

人形町を散歩してきたよ!おすすめのスポットを紹介!

  人形町はもともと江戸の城下町で、商店や問屋、歌舞伎に遊郭が発展した場所です。東京駅からも近く3kmほどなので徒歩圏内。出産祝いで有名な「水天宮」や、食べ歩きで人気の「甘酒横丁」、歌舞伎や …

休日だ!銀座の中央通りの歩行者天国に行こう!場所や日程について詳しく!

  銀座の中央通りは休日は歩行者天国になっています。東京と言ったら歩行者天国ではないかと思います。銀座の他に新宿や秋葉原が有名ですが、個人的に一番いいと思うのはやはり銀座です。ブランド店の立 …




東京散歩の特集

「東京上京-up to tokyo-」は東京に関する情報を発信するメディアです。スタッフの現地取材によってリアルな東京をお伝えするメディアとして東京で生まれました。東京に住む人も、観光で来られた人も、東京に関わるすべての人のためのメディアです!