引っ越し

女性の一人暮らしの物件探しでおすすめ物件は間違いなくこれ!

投稿日:

女性の一人暮らしにおすすめの物件

 

筆者は男性ですので、女性目線でおすすめの物件を紹介するのはなかなか難しいです。しかし何の自慢にもなりませんが、一人暮らしの経験は長く、どういう物件に住めばいいかは結構わかります。不動産屋と何度ももめたり、金銭的な費用も損出してきました。

しかしそれだからこそわかることもかなり増えました。この経験を是非とも人に教えてあげたいです。就職したり、大学に上がったりして女性の初めての一人暮らしの方などは、参考になることがあると思います。

 

スポンサーリンク

女性の一人暮らしでおすすめの物件は2階以上

女性の一人暮らしはマンションの二階以上がいい

最近引っ越しをしたので気をつけておこうと思っていたポイントなのですが、間違えてまた、賃料の少し安い一階にしてしまいました。結構物件を見に行って、不動産屋さんとよく話して、いいところ紹介してもらうと、ついつい最初に決めていたことを忘れてしまいます。

物件は基本的には2階以上がいいです。アパートの場合は2階建てが多いので、アパートの場合は2階がいいです。マンションはエレベータに乗るのが面倒ですが、2階以上の物件がいいです。なぜなら防犯と、害虫対策です。確かに上階でもベランダから空き巣に入りやすい、といいますが、やはり上階がいいです。。

マンションでもかなり高い部屋でも空き巣などの目的で登ってくるようですので注意が必要ですが、一階も空き巣に狙われやすいので大変です。

しかしそれよりも、害虫被害にあった筆者としては、一階の害虫問題に注意して欲しいです。アパートなんかだと、床板を外すと地面ですので、虫が入り込むスペースは多いのです。…これだけで何を言いたいのか察してもらえたらいいです。

 

女性の一人暮らしでおすすめの物件は交番の近く

交番が近い方がいい

地域によっては交番のお巡りさんが一人暮らしの男性の家にそれとなく調査に来ることがあります。筆者は高級住宅街がある地域に住んでいるので、引っ越しした後にすぐに交番の方がいらっしゃいました。やばいやつじゃないかどうか調べるためでしょう。

このように交番のお巡りさんは単身者向けのアパートを巡回して、どんな人が住んでいるのか名前と電話番号などを調べます。カードみたいなものに記載して提出します。

こうしておけば怪しい人を監視したりチェックしておくことができるようです。交番は地域に必ずありありますが、なるべく近いところの方がいいです。近くに交番があればすぐに駆けつけることができるし、そこの交番のお巡りさんは周辺住民について詳しいです。

女性の一人暮らしならば特に、物件の近くに交番があるところを選ぶのもいい方法です。家族と離れている時、同僚でも友達でもなく、しっかりと社会的に信頼のできる人と言ったらやはり警察官は非常に重要です。

 

スポンサーリンク

女性の一人暮らしでおすすめの物件はシャッター付き

窓が付いている物件がいい

新しい物件は窓ガラスの外側にシャッターが付いているところが多いです。自分の家の周りの新しい新築の物件でも、窓には全てシャッターが付いているというところがあります。シャッターがついていれば窓ガラスをこじ開けることができなくなります。

シャッターは開ける時にものすごい音がしますので、シャッターが一枚付いているだけでかなりの防犯になります。窓ガラスがむき出しになっていると、窓ガラス越しに住宅に明かりがついているかいないかわかりますし、人の存在が確認できてしまいます。

しかし窓ガラスにシャッターが1枚付いているだけで、防音や防寒にもなるし、何より防犯対策になりますので女性の一人暮らしの場合はシャッターが付いている物件を探してみると良いでしょう。新しい物件は今は結構あります。

 

スポンサーリンク

女性の一人暮らしでおすすめの物件はインターフォン

カメラ付きのインターフォンがある方がいい

普通のインターホンがついているだけでなく、カメラ付きのインターホンがついているといいです。新しい物件は結構多いです。女性の入居者を増やしたいオーナーさんなどはカメラ付きのインターホンを進んで取り付けていることも多いです。

インターホンがついているとついていないのとではだいぶ違います。インターホンがついていないと一人暮らしの人はついつい、訪問客が来たらそのままドアを開けてしまいます。女性の場合はこの行為はかなり危険です。

怪しい人が襲ってくるというのだけではなく、勧誘などの訪問販売のしつこいビジネスマンなんかは、一度ドアを開けると玄関に入り、さらにワンステップ靴を脱いで廊下に座り始めます。実際に私はそういうことがあったので、女性の方も注意です。

 

スポンサーリンク

女性の一人暮らしでおすすめの物件は死角なし

マンションで死角のない場所がいい

マンションやアパートで近くになるような物件、部屋は女性の一人暮らしでは注意が必要です。女性の一人暮らしを狙って侵入してくる人物や、空き巣や泥棒に入る人にとって、周りから見えない物件は格好の餌食です。マンションに登って上階の方が狙われやすいというのもそうしたわけです。

マンションなどはベランダに入ってしゃがんでしまえばもう周りからは見えませんから、工事の作業員などの格好をして進入してしまえば誰でもマンションのベランダまでは行けることになります。なので物件に死角が多いところは危険です。

角部屋が人気がありますが、角部屋は裏山に面していたり、住宅の間だったり、道路に面していないことが多いので死角になります。と言っても101号室や102号室などは、道路から洗濯物が干しているのが分かってしまって、それはそれで危険です。

普通のアパートやマンションでは女性の一人暮らしの防犯になるような場所を見つけるのが難しいですが、どうしても見つからない場合は防犯やセキュリティのしっかりとした女性向けのシェアハウスなどを探してみるのも一つの方法です。

 

女性の一人暮らしでおすすめの物件は換気良好

光が入る

夏場は部屋が湿気くさくなったり、冬場は乾燥したりと、お部屋の管理は難しいものです。ちなみに筆者はリフォーム会社に就職していたこともありますので、物件によって乾燥や湿気の度合いが違うことをよく知っています。

うまく換気できないところだと、部屋やお風呂がすぐにカビが生えてしまいますしホコリも溜まりやすく、それで退去する時に修繕費がかかってしまいます。十分な寒気ができる物件を探してみるのが良いでしょう。

これもまた注意ですが、換気扇がどのように設置されているかによって害虫の侵入してくる可能性があります。特に1階の物件は注意した方がいいでしょう。大体特徴があるので、換気扇の取り付け方や変な大きさ、などをよく注意してよく質問した方がいいです。

 

女性の一人暮らしでおすすめの物件は日当たり良好

マンションでは光の入る部屋がいい

何と言っても、女性だけでなく全ての人にとって重要なことだと思います。日当たりの良い、日が差し込む部屋がいい物件です。夏場は確かに暑いから大変かもしれませんが、日当たりの良いだけで健康的な生活がおくれます。

私の場合は実家がまったく日に当たらない部屋でした。日が当たらないので朝にちゃんと起きれなくなって学校に遅刻したり、気持ちが落ち込みやすくしたものです。日当たりが悪いと湿気もすごいので、カビも生えやすく、掃除も大変でした。

人間は太陽の光が必要ですので、朝起きて部屋に光が差し込む部屋にした方がいいです。筆者は根暗ですので、うっかりしていると、「日が当たらなくて落ち着きそうだから、この部屋がいいかも..」という心理に勝手になるようで、いつも物件を借りるときは必ず陽の当たる部屋を選ぶように注意しています。

 

女性の一人暮らしでおすすめの物件はルームシェア

友達とシェアハウス

最近は流行っているので非常にこうした物件が多くなっています。東京に上京したり、初めて一人暮らしをする人にとって、帰ってきた時に家に誰かがいるというのはものすごい安心感になります。一人が苦手な人はルームシェアはおすすめです。

筆者の周りでも東京で友達とルームシェアをしている女の子が結構います。生活習慣が違って喧嘩したりと問題が多そうなイメージですが、地元の友達と上京してとか、お互い仕事なので夜だけ一緒に家にいるという感じのようで、意外とうまくやっているようです。

ルームシェアは男よりも女の人の方がうまくやるのではないかと思います。男の場合は二人で旅をすると必ず喧嘩するものです。周りでもそうですし、自分にも経験があります。科学的にもそういうものだと聞いたことがあります。なので女性同士ならいいかもしれませんね。

 

女性の一人暮らしでおすすめの物件はシェアハウス

女性の一人暮らしではルームシェアがいい

テレビ番組で話題になっているのでシェアハウス物件は多いです。年齢がバレそうですが大学生の頃に錦戸亮くんがシェアハウスしているシリアスなドラマがやっていたので、学生中はそうした物件も増え、周りでもシェアハウスを始める人がいました。

シェアハウスというのは女性限定のものから、男女どちらでも大丈夫なところがあります。入居するには審査があり、仕事をしているかや、人柄など、管理会社や入居者による審査が行われるようです。

シェアハウス物件が女性の一人暮らしにとっていいところは(一人暮らしではないか)、人がいるというところと、賃料が安いというところです。場所によってはお部屋がとてもおしゃれで賃料が高いところもありますが。

 

女性の一人暮らしでおすすめの物件は買い物に便利か

スーパーが近くにある

最も重要なポイントではないかと思うのですが、ヘタに賃料を削るよりも、近くに買い物をすることができるスーパーやデパートがあるかというのは重要になってきます。スーパーに行くまで20分もかかると、買い忘れをした時に面倒ですし、風呂に入った後に汗をかいてまで買い忘れに行く、亡くなったシャンプーを買いに行く、と言うのが結構面倒です。あるあるではないでしょうか。

女性の一人暮らしで周辺に欲しいスーパーは、野菜や肉などの食品が安く、スーパーに一緒に日用品や消耗品のトイレットペーパーも売っているところです。小さいけど一応スーパーはある、という程度のスーパーですと結構不便です。

またコンビニがある時でもダメです。スーパーでないと節約することができませんので、自炊をするなら安いスーパーが徒歩15分以内などに欲しいところです。都心部の住宅街はスーパーが周囲に2、3軒あるものなので、違う種類のスーパーも欲しいところです。

 

女性の一人暮らしでおすすめの物件はゴミ捨て場に施錠

ストーカー行為などの目的によってゴミ捨て場を漁ると言う事件もあります。そうしたことから守るために最近は物件のゴミ捨て場に鍵がついていることがあります。番号付きの施錠がついていて、住民だけしかゴミ捨て場を開けることができないようになっていたりします。

過去にストーカー被害にあったことがある女性などは、こうしたところも注意しておいた方がいいでしょう。また、ゴミ捨て場の管理がしっかりとされている物件を選ぶのも重要です。管理されていない物件を選んでしまうと、ゴミが散らかっていて非常に汚いです。

綺麗なマンションに引っ越しても、結構住民の中にはゴミを分けていな買ったり、散らかしていたり、ダンボールが無造作に置かれていたりということがあります。管理人のいない場所なら特にそうです。衛生的なことからも、注意すべきポイントです。

 

女性の一人暮らしでおすすめの物件は共有スペースが綺麗

管理費共益費といった形でアパートを管理するために家賃とは別に費用が取られます。家賃とは別に取られた費用は共有スペースを掃除するために使ったりします。お掃除の人が月に1回か2回掃除をしに来るものです。

しかし物件によってはあまり綺麗にお掃除がされていなかったり、共有スペースに物を置いて汚らしくしている人がいたりします。また、掃除を頻繁にしていても近くに大きな木が立っていたりして落ち葉がすごい落ちてくるというのもあります。

内見に行くときは共有スペースが綺麗でも、実際に住んでみたらすぐに汚くなったということもありますので、共有スペースはどういう感じで掃除をされているか、掃除が徹底されているか、共有スペースに物を置いてる人がいないかなども物件を内見する時にチェックです。

 

女性の一人暮らしでおすすめの物件は管理会社がしっかりしているか

重要なのは管理会社がしっかりと物件を管理しているかということです。意外と不動産屋さんに駆け込んで不動産屋さんにクレームを言ったりする人も多いようですが、基本的には物件を管理しているのは管理会社です。共有スペースの掃除なども管理会社が手配しています。

管理会社は投資目的に物件を紹介しているところもあり、賃貸住宅なのに、家賃を払って借りている人に対して不親切なところもあります。不動産業界というのはお金儲けが目立ちますので、管理会社によって管理されているからといって安心はできません。

インターネットの口コミなどを利用してどこの管理会社が所有している物件などを調べてみると良いでしょう。そもそも悪口を書かれているところがすごく多く、ちゃんとしていても書かれているところもありますので、見極めが難しいのですが。

 

女性の一人暮らしで安全な物件を見つけられるかは自分次第

物件は基本的には不動産屋さんが見つけてくれるものですが、全ての不動産会社がしっかりとしているわけではありません。中には非常に若くてハキハキとして、一生懸命探してくれる人もいます。しかし実際に彼らが住んでいたわけではありません。

接客の感じは良かったということはよくありますが、それは物件の質とは全く関係ありません。営業としてしっかりとしている、と言うだけの場合もあります。しかも契約書を交わした以上、基本的に賃貸物件というのはクーリングオフができません。

クーリングオフができませんので結局は自己責任。内見をした時に、女性の一人暮らしの部屋としては防犯セキュリティーが大丈夫か、安心して住める場所か、家賃は高すぎないかなど、判断するのは自分になります。

安全な物件を見つけられるかどうか女性の一人暮らしでは難しいところですが、しっかりと自分で常に疑いの目を持って物件を借りるようにしましょう。親や友達、信頼できる人間がいるなら一緒に内見や契約に行ってもらうのがいいです。

 

女性の一人暮らしでいい物件に出会いたい

完璧の物件というのはなかなかありません。女性が安心して住むことができる物件というのも、見つけるのはなかなか難しいです。どんな物件に住んでも犯罪に巻き込まれる可能性はあります。ですので、なるべくその可能性を低くする必要があります。

女性の一人暮らしを初めてするという方は、是非とも良い物件を自分の判断力や観察力によって見つけてください。楽しい一人暮らしの生活が始まるといいですね!

 

 

-引っ越し
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

横浜住みたい駅ランキング

横浜で一人暮らしをするのに住みたい駅ランキング!一位はここ!

  今回は横浜生まれ横浜育ちのライターが、横浜で一人暮らしをするならばどこの駅に住みたいかランキングにしました。家族や子育てではなく一人暮らしとして、上京した人や実家を離れる人、就職を気に一 …

東京に今すぐ上京したい

上京今すぐしたいぞ!悩みと解決方法

  東京に上京する時、悩むことは非常に多いかと思います。今すぐ上京したいと考えている人でも、お金や人の反対など、色んな不安要素があって上京したいのにできないという人も多いのではないでしょうか …

不動産屋さんにどんな服装でいけばいいか?

不動産屋の内見時の服装は重要か?見た目で審査が通らないことはある?

  内見する時、どんな服装をしていけばいいのでしょうか?不動産屋さんと一緒に不動産屋で物件を探してもらい、気に入った物件を見にいくのを内見といいます。会う人は不動産屋さんだけですが、服装をち …

内見にお金はかかるのか

内見はお金がかかる?今後のお金の計算など!

  不動産屋さんの内見ってお金かかるの?そう思った方も多いのではないでしょうか。 また内見に行くと不動産屋にしつこく営業されるのではないかと不安の方も多いでしょう。筆者は不動産業界とは関係の …

引っ越しのやる気が出ない時の対処法

引越しのやる気がでない時の対処法!準備が大事!

  新しい部屋に引っ越しをする時、会社の転勤で新しい地域に引っ越しする時など頻繁に引っ越しする人にとって引っ越し作業は非常に面倒です。何度も引っ越しをしているとやる気がなくなるものです。今回 …




東京散歩の特集

「東京上京-up to tokyo-」は東京に関する情報を発信するメディアです。スタッフの現地取材によってリアルな東京をお伝えするメディアとして東京で生まれました。東京に住む人も、観光で来られた人も、東京に関わるすべての人のためのメディアです!