引っ越し

一人暮らしで「いらないもの」だらけ!意外といらない家具・家電リスト!

投稿日:2019年5月10日 更新日:

一人暮らしのいらないものリスト家具と家電編

 

一人暮らしで「いらないもの」と「いるもの」を最初に分けるのは難しいです。

筆者も最初はいろいろ調べてリストをつくりましたが、結局生活していく中で「いるもの」と「いらないもの」を分ける事ができました。

なので、必要最低限の物を購入し、必要になったら買い足していく、と言う方法が最適です。

今回は思わず買ってしまいがちな、明らかに一人暮らしで「いらないもの」をまとめてみていきます。

 

スポンサーリンク

一人暮らしで「いらないもの」を徹底排除!

一人暮らしでいらないモノ

筆者は一人暮らしが長いので、悲しいです..。

あまりにも慣れすぎて、「本当に必要な物だけでいい!」と思い、最終的には煎餅布団と折り畳みの机、収納式の椅子くらいしか家具が無かったこともあります。

 

カーペットはいらない

床が傷つくと、退去する時に「修繕費用」がかかります。

フローリングだと多少の傷は大丈夫ですが、多いと一式かかり1万円以上かかります。
修繕費用が怖いので、できるだけ費用をかけたくないものです。

賃貸の退去費用はいくら?安くする方法や過去の費用も公開

しかし、筆者はカーペットを使いません。
理由は簡単で、机周りやキッチンスペース以外はあまり傷がつかなかったからです。なので、フローリングでそのまま生活しています。

 

布団で十分だった

ミニマリストみたいですが、引越しが多いので、このような人間になりました。

ベッドも場所をとるし、ソファがわりに使うならソファの方がいいし、と言うことで、ベッドでなく布団で寝ることにしました。

 

テレビもいらない

ネットでテレビ番組をみる事ができるようになったので、やはりテレビもいらなくなりました。

それにテレビがあるとNHKに受信料を支払わなければいけなくなるので、購入するのが億劫になりました。

 

一人暮らしでいらないもの:1. シェルフ

一人暮らしでシェルフはいるか

家具量販店などに行くとおしゃれな収納家具が販売されていますので、ついつい目が行って買ってしまいがちです。しかし一人暮らしで必要最低限のものだけあればいいという場合はいらないでしょう。
シェルフは意外とスペースを取りがちです。

タンスか本棚かシェルフか

しかし本棚の代わりにシェルフをおいたり、タンスの代わりにシェルフのようなものを使うのならいいかもしれません。

一人暮らしの物件ではタンスや収納スペースがない物件もあります。その場合は、シェルフをおいて収納に使うのもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

一人暮らしでいらないものリスト2:タンス

タンスのケースをいれる

作りつけのタンスが初めからついている物件があります。私も8畳の部屋にタンスが置かれている部屋を借りた事がありますが、タンスのスペースが邪魔で、7.5畳分の生活スペースになってしまいました。

タンスのない物件の方がスペースが広くなりお得かもしれません。

収納ケースの方が良い

一人暮らしの狭い部屋では、生活スペースの確保が大変です。タンスを購入すると0.5畳〜1畳ほど使ってしまうので、タンスを置かない方がいいかもしれません。

タンスがない場合は、自分で収納ケースやハンガーラックなどを購入して衣服を収納します。
収納ケースは積み重ねる事ができ、値段も安いです。

無印などで安くてお洒落なものが売っています。

代用品を探す

おすすめしたいのはカゴやニトリなどで売っている積み重ねできるバスケットです。木を編んで作られているので見た目もオシャレで、プラスチックの衣装ケースを置くよりも見栄えがいいです。

積み重ねられるので、必要に応じてタンスを増やすことができます。

また旅行用のスーツケースがある場合は、それでもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

一人暮らしでいらないものリスト3:ソファ

一人暮らしでソファはいらない

部屋の大きさにもよりますが、ソファを置く事ができる一人暮らし向けの物件は8畳以上でしょう。

6畳〜8畳のワンルームや1Kでは、部屋が狭すぎてソファを置くと寝るスペースがなくなるかもしれません。

生活するだけなら、いらないものの一つです。

 

ベッドかソファかの選択

ベッド(2畳位)とソファ(1畳位)が置けるのは、10畳以上は欲しいところです。どちらかの選択になるでしょう。

ソファをどうしてもおきたいなら、畳んで収納できる布団にするか、折りたたみ式のベッドを購入するといいでしょう。

 

スポンサーリンク

一人暮らしでいらないものリスト【家電編】

一人暮らしでいらない家電

今度は一人暮らしでいらないものリストの家電を見ていきましょう。

家電製品でも結構いらないものがあります。2人以上で住むならば必要になる家電はたくさんありますが、一人暮らしではいらないと思うものが結構あります。

 

家電は粗大ゴミ出ないので注意

家電はうかつに購入すると、粗大ゴミでは捨てる事ができないので注意が必要です。

パソコンなどの小さな家電は粗大ゴミで無料で引き取ってくれる事がありますが、洗濯機や冷蔵庫などの大きな家電は、購入した電気屋で下取りしてもらうなど、処理が面倒です。

洗濯機や冷蔵庫の処理方法

電気屋さんで購入すると、家電の下取り証をもらえます。期限がありますが、これを保管しておき、捨てる時に電気屋に持っていってもらいます。

下取りできない場合は、廃品回収業者やリサイクル店に引き取ってもらいます。

大型家電は処理がちょっと面倒ですよね..。

 

一人暮らしでいらない家電リスト1:掃除機

100均で購入できる物

人によっては必要かもしれませんが、一人暮らしぐらいの物件ならばあまり必要なのでないでしょうか。掃除機でなくてもクイックルワイパーなどがあれば十分です。

ホコリやゴミをとる専用のワイパーや、雑巾をつけることができるものもあるので、これがあるといちいち電源にさして掃除機を起動させなくてもいいので便利です。

潔癖症なら掃除機もあり

ただフローリングの溝が大きく、ここに埃が入るのがいやだという場合があります。しかし箒や乾いた雑巾で拭けばほとんど取れます。

逆に掃除機を使って壁紙を傷つけてしまったり、フローリングを傷つけてしまったりする可能性があるので一人暮らしではいらないでしょう。

100均の掃除道具で十分

100円均一に行くと掃除用のワイパーもシートも何でも売っています。少しチャチい物もありますが、安く済ませるなら十分でしょう。

一人暮らしで役立った100均のアイテム10選!実際に買った物など

 

一人暮らしでいらない家電リスト2:照明器具

部屋の狭さをとるための明かり

インテリアショップなどに行くとお洒落な照明器具などが販売されていますので、ついつい目がいってしまいます。

おしゃれな照明器具を使ってお部屋を広く見せたり、開放的に見せたりすることができるのでいいのですが、意外といらないものが多いです。

蛍光灯の明かりを調整できるもので十分な場合があります。

間接照明はいるかも

間接照明があると、部屋の雰囲気を変える事ができるので便利です。

私も寝る前に間接照明を付けて、入眠しやすくしたり、狭い部屋の圧迫感をなくすために、間接照明を付けて暮らした事があります。

生活してみて、同じ部屋に住み続けるのキツイな、と思ったら購入を検討するのもいいでしょう。

買うならアロマデュフューザーがおすすめ

欲しいならばアロマのついている間接照明がおすすめです。

アロマと照明機能を兼ね備えているものがあるので、その日の気分でつけるとリラックスします。アロマは種類も多く、気分を変えたり、部屋の匂いをとるのにぴったりです。

 

一人暮らしでいらない家電リスト3:トースター

トースターはいらない

朝食は焼きたてのトーストにバターを塗って食べたいという方もいるでしょう。

でも実はフライパンにバターを敷いてトーストが焼けます。ちなみにお餅もフライパンで焼くことができます。

確かに上手く焼かないとくっついてしまいますが、全然うまく焼けます。なのでトースターも一人暮らしではいらないものです。

 

一人暮らしでいらない家電リスト4:電子レンジ

電子ランジはフライパンで代用できる

最近はスーパーやコンビニでも電子レンジが置かれていますので、そちらを自由に使うことができたりします。

電子レンジは安いもので5000円で購入できるし、高いものは何万円もします。魅力的な機能が付いているものが多いですが、一人暮らしではいらないものです。

料理を頻繁にするなら必要

耐熱ガラスを使った電子レンジの料理が便利なので、料理が好きな人は、やはり電子レンジは必要です。

野菜や肉の下処理をしたり、冷凍保存している食材を温めるのに使う事が多いでしょう。

レンジは捨てるのが大変

筆者も最初は購入しましたが、フライパンで代用できる事が多いので、やはり「いらない」と思いました。

何より、粗大ゴミで捨てる事ができないので、処理が大変です。新しかったので、ヤフオクで売った思い出があります。

 

一人暮らしでいらない家電リスト5:冷蔵庫

一人暮らしの冷蔵庫

ちょっと意外ですよね。ちなみに筆者は冷蔵庫はいらないと思う派です。

頻繁に料理をする人ならば必要になりますが、そんなに大きなものは入りません。小さなビジネスホテルなどに置いてある四角いものがあれば十分です。

一人暮らし用の物件なら、管理会社のサービスで初めからついている事があります。私もそうした物件を借りた事があります。

冷蔵庫がなくても料理はできる

筆者は実際に冷蔵庫なしで生活をしていました。

冷蔵庫がなくても、その日に食べる分をその日に作ればいいのです。お肉などはその日に買ってすぐ調理して使い切ります。
すると冷蔵庫で使わないで捨ててしまうということも0になり。食材を残す、と言うことが一切なくなりました。

しかし節約はできませんので、お金に余裕のある方におすすめの方法です。

 

一人暮らしでいらない家電リスト6:洗濯機

一人暮らしで洗濯機はいらない

洗濯機は時間とお金が節約できるけど、手洗いでも十分だと考えます。

一人暮らしで洗う衣服が多くないならば、お風呂に入るついでに手洗い用洗剤を使って洗って仕舞えばいいのです。

時間とお金が大事なら洗濯機はいる

でも、洗濯機があると時間とお金を節約する事ができます。

自分で手洗いすると、それなりに時間がかかります。洗うのには時間がかかりませんが、乾燥させるのに時間がかかるのです。

天気がいい日でないとうまく乾かせないので、コインランドリーの乾燥機を使う、と言う風に筆者は生活していました。十分でしたけどね。

ほとんどの衣服は自分で洗える

シャツなどはクリーニング屋さんで100円ぐらいででき、自分でも手洗いで洗えます。逆に大事な服は洗濯機に入れるといきなり縮んでしまったりダメになったりします。大事な高い服などは手洗いで洗う癖があったので、他のも結局手洗いになりました。

コインランドリーとクリーニング屋

街のコインランドリーは一回250円〜で乾燥機が10分100円ほどです。
確かに年間で使うと、二年目からは洗濯機の方がお得になります。しかし、洗濯機はいらないものだと筆者は考えます。

アパートやマンションによっては洗濯機のスペースがあったり、近くにコインランドリーがあったり、クリーニング屋があるなら、洗濯機はなくてもいいでしょう。

 

一人暮らしでいらない生活用品も多数!

家具や家電だけでなく、一人暮らしではいらない生活用品も他にはたくさんあります。例えば壁掛けラックや、分別用のゴミ箱、食器類などもいるものといらないものもあります。今度はリスト形式にして一人暮らしでいらない生活用品を見ていきましょう。

 

一人暮らしでいらない生活用品リスト1:ゴミ箱

ゴミ箱は頻繁にしてていれば必要ないことも多いです。キッチンの三角コーナーなども、パンの空き袋に入れておいて週に2回の生ゴミの日に出せばいいので、意外といらないものです。すぐにゴミに出すと考えておけば、料理の内容もそれに合わせてあまりゴミがでないものを作ろうとします。

机の近くにちり紙などを捨てれる小さなゴミ箱をおいておくか、ビニール袋で代用してそのままゴミの日に出すという方法で十分だったりするので、特に男性の一人暮らしではゴミ箱はあえていらなかったりします。

 

一人暮らしでいらない生活用品リスト2:食器

全ての食器というわけではありませんが、適当に買って行くといらない食器が非常に増えます。意外と食器はいらないものだらけです。ミニグラタン皿を買ってしまったり、作りもしないのにチーズフォンデュセットなど買ってしまったりと、食器は要注意です。

食器を購入するときはいろんなお料理に使うことができるものを選ぶのがいいでしょう。お茶碗だって本当はいらないものかもしれません。お茶碗の代用になる丼でいいかもしれません。味噌汁を入れるお椀も、白いスープ皿でいいかもしれません。

考えていくと食器はかなりいらないものが多いです。一人暮らしでは誰も見ていないので、この料理にはこの茶碗を使わなければいけないと考える必要もありません。まあ、確かに器でお料理の美味しさは変わりますが、男性なら関係ないでしょう。

 

一人暮らしはパソコンがあれば娯楽は足りる

最近は外に行って遊ぶことの方が多くなったのではないでしょうか。家の中で遊ぶものも充実していますが、家にはパソコンがあれば娯楽は足りるのではないでしょうか。パソコンでゲームもできるし、テレビも観れる。最近はネット番組も始まってますますテレビ的な活躍をしてくれています。

学生さんならパソコンは必死の持ち物になりました。一人暮らしでまず必要なものはパソコンと行ってもいいくらいです。まずは電気屋さんに行ってパソコンを選んでみるのもいいでしょう。

一人暮らしで便利なものまとめ!これ買っておけばよかった..

 

一人暮らしではいらない物を買わない思考能力を!

結局欲しいと思ってしまうのは頭で今までの習慣から同じことをしておけば安心だと思っているからでしょう。しかし一人暮らしをするあなたは、実家にいた頃と違って、親や兄弟とは違った価値観の世界で、自分自身の考えを育てていかなければいけません。そこで育った考え方や能力、一人で生きるという力強さは、きっとあなたを社会で活躍させ、世界のどこかであなたを待っている人の役に立つでしょう。

…..とにかく、一人暮らし頑張ってくださいね!

 

 

-引っ越し
-,

関連記事

不動産屋の契約は一回で決めるな

不動産屋の初心者は内見一回で契約しない方がいい!

  不動産屋さんに行く時は初心者の人は注意した方がいいと思うことがたくさんあります。筆者も一人暮らしをして「ああしておけば騒音に悩まされることはなかったな….」「こうしておけばも …

内見にお金はかかるのか

内見はお金がかかる?今後のお金の計算など!

  不動産屋さんの内見ってお金かかるの?そう思った方も多いのではないでしょうか。 また内見に行くと不動産屋にしつこく営業されるのではないかと不安の方も多いでしょう。筆者は不動産業界とは関係の …

不動産屋の選び方を教えます

一人暮らしで不動産屋の選び方を教えます!経験談豊富も教えます

  筆者は部屋選びに何回か失敗していたので、不動産屋さんを選ぶときのポイントがあります。 過去に3回の引越しをして、2回は失敗しました。不動産屋は5回ほどお世話になりましたが、その内、3回は …

関内駅の住みやすさは?

関内駅周辺の住みやすさは?治安の悪い地域もある?

  横浜は全体的に住みやすい駅がたくさんありますが、横浜駅から3駅目の関内駅はどうなのでしょうか。今回は横浜の人気の街関内駅の住みやすさを見て行きます。伊勢佐木町が近いので、治安の悪い地域も …

一人暮らしの初期費用は最低でいくらかかる

一人暮らしの初期費用は最低いくら?10万で普通にいけます

  一人暮らしで初期費用は最低でいくらくらいかかるものなのでしょうか。不動産屋さんに聞くと当然ですが、30万以上かかりますと言われます。普通にやると確かにそれくらいかかります。しかし経験談か …




東京散歩の特集

「東京上京-up to tokyo-」は東京に関する情報を発信するメディアです。スタッフの現地取材によってリアルな東京をお伝えするメディアとして東京で生まれました。東京に住む人も、観光で来られた人も、東京に関わるすべての人のためのメディアです!