生活

一人暮らしあるある!【お金・料理・トラブルetc】その対処法も!

投稿日:

一人暮らしあるある

 

一人暮らしは実際に自分でしてみないと、その大変さがわかりません。

一人暮らしをしている人と、そうでない人では、経験に大きな差が出るでしょう。自活するって、それだけ大変なんですよ!

今回は一人暮らしでよくある「あるある」をまとめました。

解決方法も一緒に提示したので、先に知っておくと、今後一人暮らしをする時に、きっと役に立つでしょう。

 

スポンサーリンク

一人暮らしあるある:① Gが出る

一人暮らしでgが出る

一人暮らしでよくあるのは、外出している時にGが出るということです。Gとはそう、ゴキブリのことです。しかも決まって外出している時に出るのです。あるあるですね〜。

外出している時に出る..。

Gは決まって外出してる時に出ます。人がいない時に出るのです。人の気配がなくなった時に出てくるので、なかなか捕まえる事ができないのです

侵入経路を防いでも無駄..

いろんなところにある隙間や穴をふさいでも出てくるのがGです。換気扇からエアコンなど、お風呂の穴など、本当に小さな隙間から進入してくるようです。

筆者の体験談から言うと、「掃除も徹底しているのに!」と困りあぐねた挙句に、最終的に床下から出てきていることを発見しました。どうやら床下の巾木(はばき)に隙間がカッぽりとあったのです..。

 

一人暮らしあるある:② 隣人との接触が怖い

隣人と同じタイミング

ご近所トラブルに巻き込まれないように、上下左右の人に挨拶に行き、仲良くなっていた方が良いと言われています。
隣人にあったら必ず挨拶を丁寧にしておいた方がいいですよ!

なぜか家を出るタイミングが同じ..

よくあるのは、隣人と生活パターンが似てくると言う事です。

実家で兄弟やお父さんと同じタイミングでトイレやお風呂が重なり、もめたりしませんでしたか?

一人暮らしをしていていると、隣人となぜかいつも同じタイミングで玄関を出る、なんてことがあるものです。
それでエレベーターがいつも同じだったりなんかして..笑。

 

スポンサーリンク

一人暮らしあるある:③ 物音が気になる!

音が気になる

実家では道路のそばに住んでいたのに、周辺に何もない一人暮らしの物件に移った途端、逆に物音が気になることがあります。
場所を変えると、なぜか物音が非常に気になり始めるのです。

騒音の問題は気をつけて!

住民と騒音のトラブルはよくあるものです。一人暮らしをする際は、騒音のトラブルには十分気をつけてください。

壁を蹴られたり、玄関を叩かれたり、張り紙をされたりと、自分が出している騒音に気がつかずに、反撃されてしまうことがあります。

スポンサーリンク

一人暮らしあるある:④ 洗濯スペースがない

洗濯機置き場がある

ワンルームは1Kなど、キッチンとリビングが分かれていないような物件はすごく狭いです。
家賃が普通のお値段でも、ちゃんと調べないと洗濯物を干すベランダが無かったり、日当たりが悪かったりと大変です。

洗濯ラックや紐を使う

洗濯するスペースを作るためにスタンド式の洗濯ラックを購入したり、どこでも引っ掛けられる洗濯紐を使って洗濯するのがおすすめです。

風通しをよくして、窓際で少しでも太陽の光が当たるように洗濯物を干せばちゃんと乾きますよ!

コインランドリーが有効

コインランドリーは高いイメージがあるかもしれませんが、小さい洗濯機は一回250円からと意外とリーズナブルです。乾燥機も10分100円〜です。(店舗にもよります)

コインランドリーの洗濯乾燥機は特に活用しやすいので、一人暮らしで挑戦してみるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

一人暮らしあるある:⑤ 鍵をなくす

玄関に鍵がない

筆者も一人暮らしをしていて何度かなくしました。管理会社によって最初から余分に合鍵をくれる場合があります。
くれない場合は鍵屋さんに頼んで合鍵一個を500円くらいで作ってもらいます。

元になる鍵をなくしたら大変!

元になる鍵がないと、合鍵が作れません。元鍵があれば合鍵は一個500円ほど。しかし元鍵をなくしたら、作るになんと1万円以上かかってしまいます..

余分な鍵は最低でも1個は作っておくといいでしょう。

実家に1個置いておく

実家が近いなら一個は置いておくといいでしょう。何かあった時、忘れ物を取りに行ってもらう時など、親族が一個持っていると役に立ちます。

 

一人暮らしあるある:⑥ 好きな料理を作れる

好きな料理を作る

実家にいてもなかなか料理を覚えることができないのではないでしょうか。毎日料理をして、初めてレパートリーや効率のいい作業手順を覚えるものです。

一人暮らしをすると毎日料理の勉強ができます。効率的に作る方法が身につくので、料理が本当に上手になります。

自分の好きなものだけ食べるようになる

一人暮らしでは自分の好きなものが作れるので、毎日好きなものだけを食べるようになりますw

唐揚げにビール..
餃子にビール..
ステーキにビール..

こんな感じで、毎日好きなものばっかり食べてしまします。しかし、夕食が毎回楽しみになりますね。(お酒飲みたいだけだろが..)

 

一人暮らしあるある:⑦ 食材が残る

料理を作ることに慣れていないと、必ず食材を余らせてしまいます。料理で使った食材は冷蔵庫に保存しますが、再活用する方法がわからないので、そのまま放置..。

そして冷蔵庫の中で臭くなって気がつきます。これも一人暮らし初心者のあるあるだと思います。

残った食材を使うために別の食材を買う

よくあるのが、別の食材を買ってきて、残りの食材を使い切ろうとすることです。するとまた、新しく買った食材を余らせてしまいます。

はじめはお金がもったいなくても、食べ切れる量の、一人暮らし分の食材を買うのがおすすめです!

料理をたくさん覚えると解消

作れる料理が増えると食材を余らせることがなくなります。食材が余るのは料理のレパートリーがないから..。クッソ〜!

余った野菜でちょっとしたおつまみを作ったり、小鉢料理を作ったりと、どんな食材にも実は何かしらの活用方法があるんですよ!

 

一人暮らしあるある:⑧ ゴミ箱はゴミ袋

引越ししたての時に、ホームセンターなどに行って、ゴミ箱を買わない人も多いのではないでしょうか。

ゴミ箱がないのでビニール袋やゴミ袋にそのまま捨てる..これも一人暮らしあるあるですね〜。

これは本当にやめた方がいいですよ

ゴミ箱は持ち帰るの面倒

お店で気に入ったゴミ箱があっても、それを手に持って帰るのは面倒です。手が空いている時に買おう!と思っていて、そのうち買わなくなるのがゴミ箱です。

部屋にゴミ袋があるとイライラする

部屋に剥き出しのゴム袋があると、本当にストレスになります。

人間は部屋に畳んでいない衣服が散らかっていたり、ゴミが落ちているだけでイライラします。

是非ともゴミ箱を買って、きちんと処理するようにしましょう!

通販を活用

大きな買い物ははじめの内に通販や、お店の送料無料を活用して買っておくのがおすすめです。

必要なもののリストを作ってからお店に行くのがいいですよ!

 

一人暮らしあるある:⑨ 電化製品のつけっぱなし

物件によって石油ストーブが禁止されているところ、ガス台の火を禁止しているところがあります。火事の恐れがあるので、管理会社があらかじめオール電化にしているのです。

そうなると電気をよく使うので、電源の入れっぱなしや、電気のつけっぱなしが怖いところです。

電気代を調べよう!

電力の自由化によって電力会社を選べるようになりました。電力会社によって電気代が違うので、電化製品の電気代を調べた方がいいでしょう。

例えばお風呂の室内乾燥機は電気代が高いとよく言われます。

 

一人暮らしあるある:⑩ 夜に洗濯や掃除をする

仕事や学校があるので昼間に掃除や洗濯ができないことがあります。実家にいた頃は親が全てやってくれたので、夜に洗濯をすることなんてなかったのに!と言うこともあるあるです。

夜からだと乾かない

夜に洗濯をすると、日が出ていないので洗濯物が乾きません。仕方なく室内干しをすることになりますが、部屋干し臭がして臭いです。

サーキュレーターと除湿機の活用、コインランドリーの乾燥機を活用するのをおすすめします。

 

一人暮らしあるある:⑪ 生活費が足らなくなる

学生さんやフリーターの方はあるあるではないかと思います。まとまった収入がないと必ず生活費が足らなくなるでしょう。

貯金をしてみる?

社会人をしている人や収入に余裕があればできますが、収入が少なない人はやはり難しいです。

家賃6万円(管理費用3000円)
食費が月に3万円
光熱費が月に1万円

これだけで10万円かかっています..。なので、一人暮らしの生活費のやりくりは本当に大変なのです!

家賃の安い物件を探す

食費の節約や電気代の節約など、節約する方法はたくさんあります。しかしもっとも手っ取り早いのは家賃の安い物件に住むことです。

一人暮らしの支出のほとんどは家賃の支払いなので、生活費が心配な方は家賃の安い、無理のなく支払い続けることができる物件を探すべきです。

 

一人暮らしあるある:⑫ 友達が泊まりに来る

大学生の時に一人暮らしをしていると、よく友達が「泊めて!」や「パーティをしよう!」言われることがあります。

食器や布団が足らない

友達とお泊まりすると楽しいのですが、食器や布団が足らないので用意する必要があります。

パーティをする時は、基本食器などを持ってきてもらうといいでしょう。必要な物は友達に頼んで持ってきてもらう!これもあるあるですね〜!

 

一人暮らしあるある:⑬ シャワーだけになる

ワンルームや1Kくらいの物件はバスとトイレが一緒のユニットバスが多いです。最近は風呂トイレ別の物件がありますが、築年数の古い物件は風呂とトイレが一緒のユニットバスです。

ユニットバスだと湯船に浸からなくなりがちです。

シャワーの方が水道代が安い

使い方にもよりますが、湯船にお湯をはるよりも、シャワーで済ませた方が水道代が安いと言われています。

湯船に使ったお湯を洗濯機に再利用するならいいかもしれませんが、毎日お湯をはると結構な水道代になります。

 

一人暮らしあるある:⑭ 壁に傷・汚れをつける

よくあるのは壁に傷や汚れをつけることです。一人暮らしをしたことがある人にとって、あるあるではないでしょうか。

もっともよくあるのが引越しの時です..。

入居後は注意

実家の壁は傷をつけても怒られるだけですが、一人暮らしで借りた物件の壁は出る時に修理費用がかかります。壁紙の張替えだけでも一面で数千円取られてしまいます。

風呂の水垢だけで4000円取られた..

修繕費が嫌なので、筆者は普段から掃除したり、スリッパをはいて歩いたり、机周りはカーペットを厚めに敷いたりしています。しかし、なんと!お風呂の鏡のちょっとした水垢で取られました!!

お風呂の水垢が多少残っていたのですが(本当に多少)、なんと3800円も取られました。

ちょっと洗えば済むと思っていましたが、落とさないで出ると管理会社によって修繕費用を取られるところもあるようです。

賃貸の退去費用はいくら?安くする方法や過去の費用も公開

 

一人暮らしのあるあると知って対策をしよう

あるあるといっぱい知っていると対策を取ることができます。他人の経験を生かして、ぜひとも一人暮らしを楽しんでくださいね!

 

-生活
-

関連記事

一人暮らしのメリット

一人暮らしのメリットを考えてみた!一番は恋人ができること

  一人暮らしのメリットを考えてみました。やっぱり一番は恋人ができることだと思います。一人暮らしは寂しいし、なんか動物的になるんだと思います笑。   スポンサーリンク 一人暮らしの …

一人暮らしの家電リスト

一人暮らしで必要な家電リスト!値段相場や最安なども!

  筆者は長らく一人暮らしをしていますが、引越しの数が多いので、家電の買い替えも何度か行いました。 さほど必要でない家電と、絶対に必要な家電があります。 私も最初は掃除機や冷蔵庫など、荷物に …

ニトリの電気ケトルのレビュー

ニトリの電気ケトル買ってきた!そして使ってみた!

  ニトリの電気ケトルは前から使っていたのですが、別の部屋の机に置きたいと考え、もう一個必要だなと言うことで今回改めて購入することにしました。 電気ケトルは無印やドンキにも売っていると知って …

朝起きられないのはなぜ?一人暮らしで寝坊しない方法

  一人暮らしをしはじめて最初の夜、「あれ、明日何時に起きれるのかな?」と思って寝て昼過ぎに起きた筆者です。筆者もよく一人暮らししたての頃はいろいろ心理的に大変で、朝起きれない問題に直面しま …

一人暮らしの朝ごはんでおすすめ

一人暮らしの「朝ごはん」はこれ!時短で安いリスト!

  いざ一人暮らしを始めると、毎日朝ごはんを用意するのが大変なことに気がつきます。お母さんはよくやってくれていたなあ、と感じることもあるでしょう。毎日違う朝ごはんを作るのは大変なのです。 そ …




東京散歩の特集

「東京上京-up to tokyo-」は東京に関する情報を発信するメディアです。スタッフの現地取材によってリアルな東京をお伝えするメディアとして東京で生まれました。東京に住む人も、観光で来られた人も、東京に関わるすべての人のためのメディアです!