引っ越し

内見の適切な時間帯はいつ?曜日を変えて2回以上行こう!

投稿日:

内見でおすすめの時間帯

 

内見は基本的には2回以上した方がいいです。不動産屋さんに急かされて一回しかしない人もいますが、2回以上、それも時間帯を変えて内見した方がいいです。

日当たりや住民の帰宅時間、また、周辺のスーパーの混雑時間など、調べることはたくさんあるのです。今回は筆者の経験から、一回目と二回目に行くべきおすすめ時間帯を見ていきます。

 

スポンサーリンク

内見するべき時間帯はこれ!

基本的には不動産屋の営業時間に合わせて、午前10時から夕方の18時ぐらいの間で不動産屋のスタッフと自分の時間の都合のいい時に行くのがおすすめです。

しかし訪れる時間帯によって、部屋の雰囲気や住民など、分かることが違うので、基本的には時間帯を変えて2回以上内見をした方がいいと思います。

平日と、休日の2回くらいは内見しておいた方がいいのではないかと思います。おすすめは「平日の夕方と休日の昼間です。

どういうことか、詳しく見ていきましょう。

 

一回目の内見で調べるべき時間帯

内見でおすすめの時間帯はこれ

1回目の内見で調べるべき時間帯は平日の夕方です。できれば夕方から近隣住民が仕事から帰ってくる生活時間帯を調べたいところです。昼間は人がいなくても、夜はみんな帰ってくるので結構うるさかったりします。

気になるのは以下の点です。

  1. 帰宅時のドアの音
  2. 調理と片付けの音
  3. お風呂の音

当然仕方のないことですので、こうした物音はある程度考慮しておかなければいけません。しかし、階段に近い部屋は階段を上ったり下りたりする音がうるさいですし、上の階や下の階に人がいる場合は、お風呂の浴槽に体が当たる音などは重厚なマンションでも普通に聞こえます。

なので、1回目の内見で調べるべき時間帯は、平日の夕方あたりから夜にかけてです。

 

スポンサーリンク

平日の内見で夕方の帰宅の時間帯をチェックしよう

内見で帰宅の時間帯を調べる

もちろん住む人が変わるとチェックしても無駄になってしまいますが、一回行けばある程度その物件が男性に好まれるのか女性に好まれるのか、単身世帯向けなのかビジネスマンが多いのか、学生が多いのなどがわかります。

分かることをまとめると以下の通りです。

  1. 家族持ちサラリーマンは20時以降など
  2. 単身サラリーマンは21時以降など
  3. 学生は深夜帯帰宅が多い
  4. 高齢者は自宅にいることが多い

夕方の帰宅時間にどれだけマンションやアパートに出入りがあるかを見ておくことによって、上記のことをチェックすることができます。単身者が多い場合、若い残業の多い人がほとんどですので、帰宅時間も遅いです。

学生さんの場合は夕方に帰ってくる場合もあるし、バイトをして深夜に帰ってくる忙しい人もいます。高齢者の場合は日中も自宅にいる場合もありますので、夕方の帰宅時間帯を内見時にチェックするだけで、自分がどのように生活すればいいのかも見えてきます。

 

スポンサーリンク

二回目の内見で調べるべき時間帯

休日で調べるべき時間帯

時間の都合によって一回しか見ることができないかもしれませんが、もう一度都合が合えば、できれば休日がいいです。家族世帯が住むところなど休日に人がいないことが多いです。逆に単身世帯は、休日に家にいる人が結構多いです。

気になる点は以下の通りです。

  1. 通信環境
  2. 昼間の生活音
  3. 駐車場の出入りの音

平日はWi-Fiがよく繋がるのに休日になると昼間から繋がらない、ということもあります。マンションやアパートの場合は、その「物件全体で何ギガまで」と決められていることがあるので、住民が一緒にWi-Fiにつなぐと通信速度が遅れることがあります。

また、休日は単身者世帯の方は家にいることが多いので、あんまり早起きして掃除をしたりすると迷惑になってしまうこともあります。

また、大きな駐車場がついていたり、無料で駐車場がついていたりする場所は車やバイクが好きな人が多いです。休日は出かける人が多いので、駐車場の出入りがうるさかったりします。内見する時間帯を選んでこれらのことをチェックしてみるのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

休日の内見はスーパーの混雑する時間帯をチェック

スーパーの混雑の時間帯も調べる

休日は周辺のデパートやスーパーが混雑しますので、内見が終わって時間があれば周辺のスーパーにどれくらい混雑しているかもチェックしておくといいです。

もちろん平日もですが、休日は特に家族でスーパーに行ったり、デパートに行ったり、カフェに人が多かったりします。カフェに行って作業をすることが多い人などは、先に内見時に穴場のカフェを探しておくのもいいでしょう。

また、買い物の時間帯がかぶると、スーパーは大行列ができるので大変です。休日のお昼や夜はみんな大量買いするので、大変混雑します。

 

内見でおすすめの時間帯は平日は夕方で休日が昼間

内見のおすすめの時間帯のまとめ

まとめると、「平日は夕方」「休日は昼間」の時間帯をチェックしておくといいということでした。

平日の夕方の帰宅の時間帯に行ってみて、部屋に入って物音がどれくらいするのかチェックしてみると良いでしょう。また、休日の昼間に内見でもう一度物件を見てみて、どれくらい住人が家にいるのか調べてみましょう。

そして、時間があれば近所のスーパーやデパートやカフェなど、よく行きそうなお店の混雑状況をチェックしておくといいでしょう。平日は夕方から夜と終電間際など、休日はお昼時と夕方にスーパーが非常に混雑して、レジが並びます。

 

では不動産屋さんの営業時間街で調べられない時間帯はどうする?

夜の時間帯で内見させてもらうには

なるべく帰宅後の時間帯を調べたいものですが、不動産屋さんによって営業時間ぐらいになるので入れない時もあります。夕方から夜の21時ごろまでなど、生活音が気になる時間帯です。

不動産屋さんの営業時間外の場合は、鍵だけもらって自分一人で内見できるか聞いてみましょう。アパートやマンションのエントランスにキーボックスに入った鍵が置いてある場合は、暗証番号を教えてもらって一人で内見することもできます。

不動産屋さんのスタッフの都合がつかない時など、暗証番号だけもらって実際に内見させてもらうこともあるので、不動産屋さんや物件のオーナーさんによっては夜の時間帯の内見を許可してくれるところもあるかもしれません。

 

時間帯別の内見は必ずしよう!

内見は時間帯別でチェック

必ずでなくてもいいのですが、少なくとも今回ご紹介した時間帯はチェックしておくべき必要があります。騒音は気にならないという人が多いかもしれませんが、人間が争う原因はだいたいパーソナルスペースを侵害された時です。土地の争いが人間の歴史ですので、音の侵略も人間は大っ嫌いです。

自分が大丈夫でも他人が嫌な可能性もありますので、どの時間帯が注意しなければいけないのか、内見によって把握しておく必要があります。

 

-引っ越し
-,

関連記事

吉祥寺は一人暮らしにおすすめ

吉祥寺は一人暮らしにおすすめ!家賃相場や周辺の施設まとめ

  吉祥寺は一人暮らしで最も憧れる土地といってもいいでしょう。家賃相場が高いことでも有名ですが、学生さんから社会人まで、お買い物や食べる気や観光もできる吉祥寺は憧れの場所です。 今回はこの吉 …

一人暮らしの内見の件数

一人暮らしの内見のおすすめ件数は何件?適切な回数は?

  筆者は不動産屋さんの人間ではありませんので、内見に来るお客さんがどれくらい物件を見るのかの平均を知りません。しかし何度も引越しの経験をしたことがありますので、周りの人に聞いた情報などから …

女性の一人暮らしにおすすめの物件

女性の一人暮らしの物件探しでおすすめ物件は間違いなくこれ!

  筆者は男性ですので、女性目線でおすすめの物件を紹介するのはなかなか難しいです。しかし何の自慢にもなりませんが、一人暮らしの経験は長く、どういう物件に住めばいいかは結構わかります。不動産屋 …

不動産の内見のポイント

内見のポイントまとめ!見学する前にチェックしておきたいこと

  物件探しで内見する時、不動産屋さんに行く前や現場に行った時にチェックすべきポイントがいくつかあります。今回は内見時に見ておくべきポイントを順番にまとめてみました。自分の経験を踏まえて書き …

関内駅の住みやすさは?

関内駅周辺の住みやすさは?治安の悪い地域もある?

  横浜は全体的に住みやすい駅がたくさんありますが、横浜駅から3駅目の関内駅はどうなのでしょうか。今回は横浜の人気の街関内駅の住みやすさを見て行きます。伊勢佐木町が近いので、治安の悪い地域も …




東京散歩の特集

「東京上京-up to tokyo-」は東京に関する情報を発信するメディアです。スタッフの現地取材によってリアルな東京をお伝えするメディアとして東京で生まれました。東京に住む人も、観光で来られた人も、東京に関わるすべての人のためのメディアです!