引っ越し

不動産屋の内見時の服装は重要か?見た目で審査が通らないことはある?

投稿日:

不動産屋さんにどんな服装でいけばいいか?

 

内見する時、どんな服装をしていけばいいのでしょうか?不動産屋さんと一緒に不動産屋で物件を探してもらい、気に入った物件を見にいくのを内見といいます。会う人は不動産屋さんだけですが、服装をちゃんとしていないと審査に関係するのではないか心配になってしまいますよね。

 

スポンサーリンク

内見の時の服装は審査に関係する?

内見の時の服装は審査に関係するのでしょうか。もっとも知りたいことから先に見ていきましょう。「しない」と思います。不動産屋の人間でないのでわかりませんが、基本的には服装で判断するというのはあまりないでしょう。服装が変でも収入などがしっかりとしていたら貸さないわけがありません。

基本的には収入と家賃が見合っているかを見ます。バイトでもなんでも、仕事をしているかなどを見て不動産屋さんがオーナーか、家賃の保証会社に審査を出して決めるのです。しかし審査に出すまでの段階で不動産屋さんがどこの保証会社にするか(保証会社にはレベルがある)、ちゃんとしている人かどうかをオーナーには伝えるでしょう。写真を送るわけではありませんが、オーナーの審査もあります。

つまり一番最初の審査が不動産屋さんのスタッフになるということです。服装は不動産屋さんに対しての印象をよくするために行うので、ちゃんとした格好をしていった方がいいでしょう。

 

内見の時の学生の服装は?

春から大学に行き、大学の近くにアパートやマンションを借りる学生さんも多いでしょう。大学生の場合は審査の甘い保証会社や、緊急連絡先に実家を登録する必要があることが多いので、本人の格好はそれほど重要でないこともあります。

また、大学生だけでなく基本的に内見はカジュアルな服装で行く人も多いので、それほど服装を気にしすぎることもないでしょう。しかし、金髪でチャラチャラした風な格好をしていたりすると、不動産屋さんも不審に思うことも多いと思います。

服装は個性なので、悪い人でなくてもファッションとしてそういう格好をしていることもあります。そうした時は話し方や対応の仕方をしっかりとすれば、十分安心できる人であることが伝わるでしょう。学生さんだからといって服装を気にしすぎることはありません。

 

スポンサーリンク

内見の時の社会人の服装は?

社会人になって初めて一人暮らしをする人も多いでしょう。社会人になったら収入がしっかりとしているので、審査で落ちることはあまりないでしょう。サラリーマンというのは日本ではもっとも信用される存在です。学生や自営業や売れている芸能人よりも、サラリーマンの方が信用されているといっても過言ではありません。服装は特に気にする必要はないのではないかと思います。

もちろん安定しない仕事や、契約社員や派遣社員の方などもいますので、社会人であっても、雇用形態によって審査が厳しくなることもあります。その際は服装や対応をしっかりとしていくと、そのおかげで信用を得ることができたりします。

 

スポンサーリンク

内見の時の女性の服装は?

審査に関係するしないにかかわらず、女性なら最初からちゃんとしている格好をしている場合が多いので問題ないかと思います。女性大学生ならいつも通りの格好でも大丈夫ですが、それなりにちゃんとした格好をしていきたいものです。

管理会社やオーナーさん、または住民と問題を起こさないか、揉めたりしないかも不動産屋さんは心配になります。なので、相手を心配させないような服装をしていけばまちがいないでしょう。でもまあ、服装は女性は問題ないでしょう。

 

スポンサーリンク

内見の時の男性がすべき服装は?

内見の時に男性がすべき服装はどんな格好がいいのでしょうか?具体的な格好を見ていきましょう。夏などはだいぶラフな格好になりそうですが、サンダルなどはやめた方がいいでしょう。物件によって、床が綺麗でない場合があるからです。

内装ん工事をしている途中もあるので、カッターの芯が落ちていたり、クロスのノリが地面についていることがあるかもしれません。サンダルで行って怒られることはないかもしれませんが、いやだな、とは思われるかもしれません。

男性は内見の時には半ズボンでもいいでしょうが、靴下か、いやなら自分でサンダルを持っていくのもいいかもしれません。

 

内見の時の大学生がすべき服装は?

大学生ならいつも通りの格好をしていった方がいいでしょう。しかし、自分がちゃんとした人であることをアピールしたいならネックレスやピアスを外したり、シャツを着て行ったり、綺麗な服装をしていった方がいいでしょう。

筆者もよく経験がありますが、自分では服装がちゃんとしていると思ってコンビニでロン毛でバイトしていましたが、やめる時に不満を全部マーライオンのように吐き出されたことがあります。大人は心の中ですごいこと思っているんだなあ、って思いました笑学生時代は意外と気がつかないものです。

なので審査に確実に通りたいなら、不動産屋さんに丁寧に接客してもらいたいなら、小綺麗な方がいいでしょう。ジーパンにシャツやポロシャツ、夏ならTシャツでもいいですが、なるべく派手目のものでない方がいいでしょう。

 

スポンサーリンク

内見の複素は固苦しくする必要はない

と言っても、固苦しくする必要がありません。あまりかしこまっても困るでしょう。スーツで行ったとしても、不動産屋さんがスーツではなくラフなビジネススタイルだったらちょっと滑った感じがします。なので、普段通りのカジュアルな格好なら男性でも女性でも大学生でも大丈夫です!

審査通るといいですね!

 

-引っ越し
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

一人暮らしの内見の件数

一人暮らしの内見のおすすめ件数は何件?適切な回数は?

  筆者は不動産屋さんの人間ではありませんので、内見に来るお客さんがどれくらい物件を見るのかの平均を知りません。しかし何度も引越しの経験をしたことがありますので、周りの人に聞いた情報などから …

一人暮らしの必需品

一人暮らしの必需品のチェックリスト!コピー可能リスト付き

  いざ一人暮らしを始めるとなるといろいろ買い揃えなければいけないものが多いです。いきなり全部を揃えるのは大変なので、随時揃えていけばいいと思いますが、結構いろいろあるので、自分でノートにま …

関内駅の住みやすさは?

関内駅周辺の住みやすさは?治安の悪い地域もある?

  横浜は全体的に住みやすい駅がたくさんありますが、横浜駅から3駅目の関内駅はどうなのでしょうか。今回は横浜の人気の街関内駅の住みやすさを見て行きます。伊勢佐木町が近いので、治安の悪い地域も …

内見時のチェックリスト

内見のチェックリストまとめ!行く前に見て!!【保存版】

  内見する時に見ておかなければいけないチェックポイントはいくつかあります。今回は筆者の過去の引っ越し経験から「見ておくべき」内見のチェックポイントをリストにしました。 台所や玄関など、場所 …

不動産の内見のポイント

内見のポイントまとめ!見学する前にチェックしておきたいこと

  物件探しで内見する時、不動産屋さんに行く前や現場に行った時にチェックすべきポイントがいくつかあります。今回は内見時に見ておくべきポイントを順番にまとめてみました。自分の経験を踏まえて書き …