引っ越し 東京

東京の一人暮らしが不安な人に!不安要素とその解決方法

投稿日:

東京に住む不安はどんなものか

 

一人暮らしには非常にたくさんの不安がつきまといます。特に初めての一人暮らしだと「お金」や「治安」など、実家に暮らしていた時とは違って不安に思うことも多いでしょう。今回は一人暮らしの経験の長いライターが、東京の一人暮らしの不安要素を解決するための方法をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

東京の一人暮らしの不安要素1:引っ越しの費用

東京で一人暮らしをするときの不安としてはまず最初に大きいのがお金ではないでしょうか東京に住むのにある程度まとまったお金が必要になります。引っ越しや初期費用など、かなりお金になりますので賃貸物件を借りる時に必要な大きなお金が必要になるのがまず大きな不安です。

お金が原因で東京に上京するのは諦ようとしている人は多いのではないでしょうか。一人暮らしをする時かかるお金としては、まず物件の初期費用と引っ越しの費用です。不動産屋さんに仲介手数料を払ったり、物件のオーナーさんに前家賃として賃料をあらかじめ納めなければいけません。それで結構な金額になるのです。

6万円のアパートやマンションを借りたとすると、初期費用としてはだいたい15万〜20万ぐらいはかかってくるでしょう。引っ越しは4〜5万くらい。最低限必要な家具も、机と椅子と布団ですが、かからない人で2万、普通で4〜5万くらいはかかります。

大体30万円ぐらいは最低でも必要になってくるのではないでしょうか。今まで仕事をしていたり、アルバイトでお金を貯めていたりしていないと大変です。お金なしで上京するのは不安です。

 

解決方法

全くお金がないというのは難しいでしょう。引っ越しをする場所にもよりますが、最低でも20万以上は欲しいところです。なぜなら、賃貸物件を借りる時に初期費用などを抑えて、10万円以下にすることができるからです。

しかし、初期費用を10万円に抑えたとしても次の月から家賃がかかります。すぐに仕事が見つかっているならば大丈夫ですが、仕事が見つかっていない場合お給料が入るまでの生活費がありません。なので、東京に引っ越す前に仕事を見つけておく必要があります。

東京で仕事が見つかっても、すぐにまとまったお金がないという場合は、不動産屋さんに相談して初期費用を分割で支払えるようにしてもらうと良いでしょう。そうすることで一括で払う必要がなく、月々いくらずつ、と言う形で払えるので便利です。

 

東京の一人暮らしの不安要素2:生活費のやりくり

何と言っても不安要素の一つとしては生活費のやりくりです。一人暮らしの不安要素の大きなポイントではないでしょうか。東京は物価が高いと言われたりしていますが、物価は地方と別に変わらないのではないでしょうか。確かに地方の方がお野菜が安かったり、畑でもらったりしてくれなんてこともできます。

でも、東京にはたくさんのスーパーがありますのでそちらで食材を安く買うことができます。東京都内には激安スーパーなんてのもたくさんあります。普通のスーパーでも安いところはいくらでもあるので、物価については気にしなくても大丈夫です。

普通に食材を買い、一人暮らしの食費としてはだいたい自炊すると一点1.5万円から3万円ぐらいで十分です。自炊の上手い人は普通に1万円以内でできます。

光熱費なども高そうに見えて一か月で全部で1万円くらいです。その他にかかるとしたら、保険などですが、意外と普通に生活していると、食費や光熱費や保険や消耗品を補充するお金などは5万円もかかりません。

それプラス家賃ですので、意外と東京の一人暮らしでもお金のやりくりは簡単なことがわかります。

 

スポンサーリンク

東京の一人暮らしの不安要素3:流されないか

東京にはいろんな人がいるので人に流されてしまうということもあるでしょう。地方にいた頃は全く考えなかったようなことでも、東京に来たらいつのまにかやっていたということもあるでしょう。

逆に東京に慣れなくて、地元に帰るという人も多いです。個人的に思うのが、他人は他人ということを覚えておくことです。東京はあまりにも人が多いので、相対主義の中で嫉妬したり人と比べたりすることが多くなります。

あまりにも人が多く、おしゃれな人、金持ちの人、輝いてる人も多いです。そんな中でも自分は自分と考えていられなければ、今やってる自分の仕事も嫌になるし、自分の将来の目標も嫌になります。実際に流されて自分が嫌になり出て行く人も多いのも事実です。

自分は自分という考え方を持ち続けることができない人が東京を嫌うことになってしまうのです。東京だけでなくあらゆる環境でそうではないでしょうか。大学に行けば流されたくないと思うでしょうし、満員電車に乗っていればこんなはずじゃないと思うでしょう。

どこにいても自分は自分と考えることができることが大事なのだと思います。

 

スポンサーリンク

東京の一人暮らしの不安要素4:治安

全く安全な場所もあれば恐ろしく強いところもあります。電車の路線によっては痴漢が多いところがありますので、地方から来た人はかなりびっくりするのではないでしょうか。住む地域によっては酔っ払いが多かったり、喧嘩してる人がいたりなんてのもあります。

東京で一人暮らしをする時に不安にならないためには、治安のいいところに住むというのが重要です。高円寺や下北沢は上京して憧れの地として有名ですが、非常に変わった人が多いです。いい意味でもあるし、悪い意味でもあります。

覚えておいて欲しいのは、東京には場所によって治安の悪いとこと、全くそうでないというところがあります。ビジネス街しかないところもあれば、観光客が多い所、めちゃくちゃ田舎なところもあります。住む場所によってこうした不安は避けられます。

 

スポンサーリンク

東京の一人暮らしの不安要素5:助けてくれる人がいない?

東京の人は冷たいとよく言いますが、そんなことはありません。東京にいるのも日本人です。日本人は基本的にどこに行っても、海外に行っても礼儀正しいし、必ず助けてくれます。東京は特にいろんな人がいますので、お互いに助け合って生きています。

一人暮らしで初めて東京に行く時でも、自分が困っていても助けてくれないのではないかと思うかもしれません。しかし、疲れた自分が困っているということを人に相談すれば助けてくれます。逆に相談せずに、黙っていると気がつかれないこともあります。

人混みで肩がぶつかっても気づかずに通り過ぎてしまうように、東京はあまりにも人が多いので一人一人の不安に気づいてあげられないことも多いのです。ですので、東京の一人暮らしで不安なことがあったり困ったことがあれば人に打ち明けてみるのがいいです。

 

東京の一人暮らしの不安要素6:迷子

東京に住んでいた人でも結構初めて行く土地に行くと迷子になってしまいます。行ったことがない場所に行くと、結構道が分かりづらく、路地が多かったり、坂道が多かったり、道を間違えてしまうということがよくあります。

実際に都内のタクシー運転手の方でも、あまり聞かない場所に案内してもらうと道に迷ったりする人もいます。東京は狭いようで、なかなか慣れないというのもあります。特に車の通っていい場所や悪い場所というのが分かりづらく、切符を切られるなんてこともあります。

東京で迷子になる不安を解決するのは携帯電話が重要です。グーグルマップなどを使って、あらかじめ目的地をナビしてもらうながら行くのがいいです。グーグルマップならば音声で案内をしてもらうことができますので、イヤホンで案内を聞きながらがら歩くことができます。

 

スポンサーリンク

東京の一人暮らしの不安要素7:騒音

道路の近くなどに住んでしまうと騒音や人の声、車の走る音などでうるさくて眠れない場合もあります。道路沿いの賃貸物件は安いのでついつい選んでしまいがちです。また、駅の目の前の賃貸物件も高いですが、駅前は人気があるのでついつい選んでしまいます。

そうしたところに住んでしまうと騒音がうるさくて眠れなくなってしまいます。東京はうるさいとよく言われますが、東京はかなりうるさいです。東京の都会の喧騒に不安を持ってる人も多いのではないでしょうか。

東京の一人暮らしをする時はなるべく駅周辺や、道路沿いを選ばないようにした方がいいです。東京は騒音がうるさいと言われていても、駅周辺夜道路沿いでなければうるさくありません。住宅街の中の方に物件を探せば、静かな所もたくさんあります。

 

東京の一人暮らしの不安要素8:人の目

あまりにも人が多いので他人の目を気にしなくてはいけなくなる機会が多いと不安に思うかもしれませんが、東京は人の目を気にしなくてもいい場所です。確かにたくさんの人がいるので、自分のやることを指摘する人が多くなるような気がします。

人が多いので批判する人が多いのではないかと思うかもしれませんが、東京では非常にいろんなことをしている人が多いので、他人のやってることにいちいち気にかけてくる人も少ないです。むしろ人の目を気にせずに、自分のやりたいことができる場所でもあります。

 

東京の一人暮らしの不安はいずれ解決する

東京に住むという、一人暮らしをしていくということ、この二つには不安がたくさんありますが、逃げずに向き合っていけば必ず不安を解消することができます。様々な不安を解決する方法としておすすめなのは、東京に行ったらまずは友達や知り合いを作るということです。

作らなくてもやっていける人は使わなくてもいいのですが、知り合い程度の人間でも何かしらの相談やアドバイスを受けることができる人があると便利です。出会いの数も多いので裏切られたり、冷たくされることも多いかもしれませんが、自分も結構図太い人間になっていくと思うので心配しなくても大丈夫です。

 

-引っ越し, 東京
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不動産屋さんにどんな服装でいけばいいか?

不動産屋の内見時の服装は重要か?見た目で審査が通らないことはある?

  内見する時、どんな服装をしていけばいいのでしょうか?不動産屋さんと一緒に不動産屋で物件を探してもらい、気に入った物件を見にいくのを内見といいます。会う人は不動産屋さんだけですが、服装をち …

男の一人暮らしで危険なこと

男の一人暮らしで想定される危険なこと12選!意外と男でも痴漢にあう?

  一人暮らしで女性の人は夜が怖いという問題があります。しかし。男性でも一人暮らしは怖いことがたくさんあります。意外と男性でもストーカーにあったり、痴漢にあったりするものです。今回は一人暮ら …

有楽町の夜の散歩

有楽町の夜散歩してきたよ!日比谷や銀座方面へも…

  前回は有楽町の昼間の散歩をしていきましたが、今度は有楽町の夜の散歩に行ってきました!と行っても同じ日ですが笑 いいですよね。有楽町。テレビやラジオのスタジオなんかがあるし、丸の内から近い …

東京のペニンシュラホテルのアクセス方法

ペニンシュラホテルのアクセス方法!一目でわかる!

  東京の有楽町にある5星ホテルペニンシュラホテルは観光やビジネスで利用される東京を代表とするホテルです。東京駅や皇居、銀座に近いので東京の入り口と出発地にあるホテルとでも言いましょうか。東 …

一人暮らしの内見の件数

一人暮らしの内見のおすすめ件数は何件?適切な回数は?

  筆者は不動産屋さんの人間ではありませんので、内見に来るお客さんがどれくらい物件を見るのかの平均を知りません。しかし何度も引越しの経験をしたことがありますので、周りの人に聞いた情報などから …