東京

東京での一人暮らしの初期費用について【賃貸契約から家具など】

投稿日:

東京で一人暮らしする時の初期費用

 

いざ地方から上京して東京で一人暮らしする時に、初期費用がどれくらいかかるのか知りたいところです。今回は東京でかかる費用について見ていきます。

筆者はなんども引っ越しをしているので、ここら辺のことはかなり詳しいです。どこで買うと安いとか、どうすれば安くなるのかなど、経験から答えることができるので、当サイトでざっと知ってもらえたらいいと思います。

 

スポンサーリンク

東京での一人暮らしの初期費用は30万円〜

東京の一人暮らしでかかる費用は、だいたい30万円くらいかかります。しかしこれはかかる人です。まったくかならない人は10万どころか1万円くらいでもできます。

主な内訳は、賃貸物件の初期費用で15万。引っ越しで5万。家具を揃えたり、最初の一ヶ月分の食費などで10万くらいかかるので、合計で30万円と行ったところです。

賃貸物件の初期費用は抑えることができないので、少なくてもこれくらいはかかると予想しておいた方がいいいでしょう。安い物件を選んで、仲介手数料や敷金礼金などの初期費用のかからない物件なら、10万円以下でも可能です。

まずは東京の一人暮らしで最初にかかってくる賃貸物件の初期費用について見ていきましょう。

 

東京での一人暮らしの初期費用1:賃貸契約

賃貸アパートやマンションを借りる時にかかる費用は以下の通りです。東京の家賃6万円のアパートを例にしています。

名称 費用
家賃 6万
共益費 3000円
仲介手数料 6万円
敷金/礼金 3万円/3万円
鍵交換 1.5万円
クリーニング 5万円
合計 23万3000円

不動産屋さんによってはこれ以上に細々とした費用がかかることがありますが、主に大きく費用がかかるのはこれだけです。

共益費とはマンションやアパートの階段や廊下などの共有スペースの掃除にかかるお金です。仲介手数料は物件のオーナーに代わって紹介してくれた不動産屋さんに払う費用です。

敷金は退去後などの修繕や壁紙張り替えなどにかかる費用です。礼金はオーナーへの礼金です。意味不明な支払いです。

鍵交換は前の人と違う鍵にするための鍵穴からの交換です。クリーニングは退去前にする場合もあるので、場所によってかかります。なので、普通に不動産屋さんに行って物件を借りると、合計で20万は超えてきます。

 

初期費用は抑えることができる

もちろんんこれらの費用で抑えることができるものもたくさんあります。東京の一人暮らしではまだまだかかる費用はあるので、抑えられるものを抑えていった方がいいでしょう。抑えるとこれくらいです。

名称 費用
家賃 6万
共益費 0円
仲介手数料 0円
敷金/礼金 0円/0円
鍵交換 1.5万円
クリーニング 0円
合計 7.5万円

家賃を下げることは基本できませんが、共益費と仲介手数料と敷金礼金とクリーニングは0円にできることがあります。普通に15万以上も節約できているので、絶対にこうした物件と不動産屋さんを探した方がいいです。

初心者の人でもいい不動産屋さんにお願いできれば、10万以下の初期費用にすることができます。物件が限られますが、探せばできます。おそらく不動産屋さんにはメリットがないので、人を早く入れたいキャンペーンの物件を紹介されたり、不動産屋さんに仲介手数料の30%とかは払うことになると思います。

それでも東京の物件で10万円以内の初期費用で済ませることは可能ですので、絶対に諦めないでください

 

スポンサーリンク

東京での一人暮らしの初期費用2:家賃

東京での家賃の平均は6.6万円ほどど言われています。東京でまともな物件に住むなら、最低の賃料で社会人では一人暮らしで7万円、学生さんなら6万円は最低でも欲しいところです。

東京でやすいエリアに住むことができれば6万円以下で物件を見つけることが可能です。古くてもいいなら「中野駅」や「高円寺」などの人気の街でも6万円以下で見つけることができます。ルームシェアで借りるなら新宿や渋谷近辺でも一人6万円くらいで行けるでしょう。

なので、東京での一人暮らしは女性でも住めるような物件を借りるとなると、6万円は最低でも欲しいところです。

 

スポンサーリンク

東京での一人暮らしの初期費用3:光熱費

家賃と一緒に費用がかかってくるのは「光熱費」です。光熱費とは、電気料金・水道料金・ガス料金の3つです。物件によってオール電化でガス料金がない場合があります。料金の内訳としては以下の通りです。

光熱費 料金の目安
電気 夏3000円〜/冬4000円〜
水道 夏3000円〜/冬2500円〜
ガス 夏3000円〜/冬4000円〜

節約できる人では月に1万円くらい。普通に使う人では一ヶ月でだいたい1.5万円くらいです。かかる人で2万円以上くらいです。

東京や郊外の横浜や埼玉などで料金が変わるという人もいますが、ほとんど変わりません。だいたい一人暮らしの光熱費は上記の通りでしょう。筆者は郊外に住んでいますが、光熱費は節約なしで1.2万円くらいです。書かない時は1万円以下くらいです。

 

スポンサーリンク

東京での一人暮らしの初期費用4:引っ越し

物件が決まったら引っ越しの作業があります。地方から東京に出てくる場合は、移動距離が多いので結構な費用がかかるので注意が必要です。目安としては以下の通りです。

場所 費用の目安
福岡(1000km) 12万〜
大阪(500km) 10万〜
静岡(200km) 8万〜
東京近郊(100km) 5万〜
荷物量・繁忙期で30%くらい増

あくまで目安ですが、安いところを探して引っ越し業者に頼むとだいたいこれくらいでしょう。荷物が多い人や繁忙期の(3月や4月)はさらに引っ越しの初期費用がかかります。だいたい上記の金額に、30%上乗せされる感じです。

 

自分で引っ越しすれば抑えられる?

レンタカーを借りて引っ越しをすると初期費用を抑えられるのか?東京近郊でレンタカーをすぐに返せるなら安く収まります。しかしレンタカーを返しに行かなければ行けない距離が100km以上なら1日で引っ越しが終わらないので難しいでしょう。

筆者は東京近郊で一人で軽トラを5000円ほどで借りて引っ越ししたので、1万円かかりませんでした。距離が長かったら無理かなという印象です。

しかし、自家用車があるならば安く収まるでしょう。大きな家具などは東京に上京した時に買えばいいと考えるなら安く収まる可能性があります。筆者は岡山から東京にくらいまでドライブしたことがありますが、かなりきつかったですけどw。

 

東京での一人暮らしの初期費用5:家具

東京で一人暮らしする時に家具を揃えることになります。地方から上京した場合は実家で使っていた家具を持ってくると引っ越しの初期費用がかかるので、上京してから買い集めるという人も多いでしょう。家具の初期費用の目安はこれくらいです。

家具 費用の目安
ベッド 1万円〜
布団 4000円〜
カーペット 5000円〜
テーブル 5000〜
椅子 2000円〜
収納家具 1500円〜/複数1万円〜
本棚 8000円〜

計算しやすいように、一人暮らしの人が使うだろう必要家具の最低料金を載せています。自分が引っ越した時の資料を元にしているので、現実的で参考になると思います。本当に必要になるのは上から5つくらいでしょう。全部で2万円くらいはかかるくらいですかね。

ベッドか布団によって料金が変わります。ホームセンターやニトリで家具を揃えればもう少し安く初期費用になります。何れにしても東京の一人暮らしで家具を揃えると、最低でも2万円くらいはかかりそうです。

必要なものだけ最初に買って、あとは給料が入り次第買い集めていくのがいいでしょう。

 

東京での一人暮らしの初期費用6:家電

最近はテレビを見る人も少ないので、本当に必要な家電は冷蔵庫と洗濯機くらいなものです。東京の一人暮らしでかかる初期費用の目安は以下の通りです。

家電 費用の目安
テレビ 1万円〜
冷蔵庫 1.6万円〜
洗濯機 1.6万〜
扇風機 3000円〜
空気清浄機 1.5万〜

テレビはいらないとして、冷蔵庫と洗濯機は必要になります。冷蔵庫はないと節約するのが難しいので、多少無理しても買っておきたいところです。(筆者はどちらもなくても節約できますけどね。)

両方でまともなのを買うと、3万〜4万くらいはかかります。安いものを買うと冷蔵庫は8000円くらいで、洗濯機は1.3万円くらいでしょうか。冷蔵庫は1ドアのものでもいいので節約できますが、洗濯機は安いものがあんまりないので、初期費用を抑えることができません。

コインランドリーが近くにあるなら、一回小さい洗濯機で250円、洗剤無しの大きなので400円〜500円くらいです。月に4回洗濯するなら2000円〜3000円くらいでしょうか。シャツなどは手洗いでもできますので、いくらでも家電の初期費用は節約できますね。

 

東京での一人暮らしの初期費用8:日用雑貨

キッチン周りやバス用品など、日用雑貨の費用も東京の一人暮らしの初期費用に入れておかなければいけません。目安は以下の通りです。

 

キッチン

名称 費用の目安
フライパン 3000円
3000円
包丁 2000円(100均)
まな板 1000円(100均)
さえばし 200円(100均)
おたま 1000円(100均)

必要最低限のものを揃えるならフライパンと鍋を兼用で使うことができるものを買うといいです。底の深いフライパンで鍋料理もできるようにするなど、いろいろ方法があります。

フライパンと鍋以外は100円均一でも売っているので、かなり一人暮らしの初期費用を抑えることができます。

 

お風呂

名称
便座カバー 500円
バスマッド 1000円
洗面器 300円
タオル 800円
収納ケース 1000円

便座のカバーや洗面器はいらない人はいらないので、バスマッドやタオルは一人暮らしの初期費用にかかってくるでしょう。東京の物件は6万円くらいのアパートでも風呂のフルリフォームがされているところも多いので綺麗に使いたいところです。

値段はニトリ調べですが、安く抑える&なんでもいい人はニトリで十分です。

 

東京での一人暮らしの初期費用9:消耗品

消耗品は1ヶ月か2ヶ月に一度くらい買っていくものですが、だいたい2000円〜3000円くらいで全部揃えることができます。かからない人は半分くらいで初期費用をまかなうことができます。

日用品 費用
トイレットペーパー 230円
ティッシュ 230円
シャンプー 200円
ボディソープ 200円
石鹸(3つ) 100円
歯ブラシ 200円
掃除セット 1000円くらい

トイレットペーパーやティッシュなどはすぐに必要になったりして、適当なところで買ってしまうこともあります。適当なところだと250円くらいです。安いところで200円ちょっとで買えます。ここら辺はもともと値段の安いものばかりなので、初期費用を抑えるのが難しいです。

東京で一人暮らしの部屋を掃除する時、100円均一の掃除グッズで十分掃除することができます。掃除機を買わなくても、100円均一や雑貨屋に掃除のグッズは十分すぎるほと売っているので、1000円くらいで十分です。

消耗品は毎月かかるのですが、最初に買っておけば翌月からは1500円ほどつづに節約できます。お店が多いので、東京の一人暮らしではなおさら節約は簡単ですね。

 

東京での一人暮らしの初期費用10:食費

食費は一番簡単に節約できる初期費用です。目安は以下の通りです。節約の基本は「お米」を買うことですので、炊飯器をお米5kgを買ってください。

名称 費用
お米 5kg 1500円
1食/3食で 100円/300円
30日で 9000円
合計 10500円

自炊すると一食あたり100円くらいでできます。冷蔵庫に入れて保存できる料理を作る&お菓子などの費用は含まない計算です。

お米はドンキやお米屋さんで、安いので1000円から1200円くらいのものがありますが、粒が小さくでまずいので国産の1500円以上のものがいいです。

目安としてはカレーを一人分作るのに300円くらいですので、3食食べると一食あたり100円ちょっとです。3食ともカレーはありえないので、カレーの具材などで他の料理を作ったりして食材をうまく使っていく感じです。

慣れると1万以下の食費に普通になるので、ぜひとも東京で一人暮らしをするなら自炊してください。時間がかかると思うかもしれませんが、自炊をしている人の方が時間が節約できていると思います。作るのに15分もかからないので食べに行くより早いのです。

 

東京での一人暮らしの初期費用を抑える方法

初めの一人暮らしなら、最初はなかなか初期費用を抑えるのが大変かもしれませんが、筆者は最初の月から料理を覚えて節約できましたから、やれば誰でもできると思います。うまく節約できるようになるまでには結構な時間はかかりましたが。

東京は素晴らしい場所です。東京に上京することを批判する人もいるかもしれませんが、やってみないことには否定もできない。上京など適当に一回してみれはいいだけですので、してみればいいと思うのです。

ぜひとも今回の記事を参考にして、自分の環境や生活にあった一人暮らしの初期費用を計算してみてください!

-東京
-

関連記事

新しいバンドザ・リーサルウェポンズ

話題のバンド「ザ・リーサルウェポンズ」聞いた!?メンバーやライブ情報も!

  金曜ロードショーやゴールデン洋画劇場、それから日曜洋画劇場。「今週、ターミネーターやるらしいぞ!」と騒いでランドセルを背負って狭い校庭を走っていた時代が懐かしい。今は走っても背中に鳴るも …

東京に今すぐ上京したい

上京今すぐしたいぞ!悩みと解決方法

  東京に上京する時、悩むことは非常に多いかと思います。今すぐ上京したいと考えている人でも、お金や人の反対など、色んな不安要素があって上京したいのにできないという人も多いのではないでしょうか …

東京に住む不安はどんなものか

東京の一人暮らしが不安な人に!不安要素とその解決方法

  一人暮らしには非常にたくさんの不安がつきまといます。特に初めての一人暮らしだと「お金」や「治安」など、実家に暮らしていた時とは違って不安に思うことも多いでしょう。今回は一人暮らしの経験の …

有楽町の夜の散歩

有楽町の夜散歩してきたよ!日比谷や銀座方面へも…

  前回は有楽町の昼間の散歩をしていきましたが、今度は有楽町の夜の散歩に行ってきました!と行っても同じ日ですが笑 いいですよね。有楽町。テレビやラジオのスタジオなんかがあるし、丸の内から近い …

丸ビルからの東京駅駅舎

丸の内でおすすめの散歩スポット11選!実際に歩いた場所を紹介!

筆者はかなり都内を歩いてきたので、散歩スポットを紹介するのが得意です!で、丸の内を散歩しよう!と思ったあなた!センスがいいですね。 丸の内は東京駅から銀座、日本橋、日比谷、新橋あるいは、人形町や神田ま …




東京散歩の特集

「東京上京-up to tokyo-」は東京に関する情報を発信するメディアです。スタッフの現地取材によってリアルな東京をお伝えするメディアとして東京で生まれました。東京に住む人も、観光で来られた人も、東京に関わるすべての人のためのメディアです!