未分類

都内で勉強する場所はどこ!?無料で使えるのは図書館以外にもある!

投稿日:

東京都内でおすすめの勉強する場所

 

小生はこれでも一応大学に行ったことがあるので、受験勉強というものをしたことがあります。受験勉強をしていた時は地元の図書館や予備校の自習室を使っていたのですが、周りの人間が席を立つまで休憩しないぞという我慢比べをしていました。だいぶ「かしこ」でない高校に通っていたので周囲に勉強している人が一人もおらず、勉強というものがなんだかわからなかったのです。

都内に住む学生さんで、これから勉強の効率を上げるためにおすすめしたい場所があります。ぜひ活用してこれから輝かしい人生を歩んで欲しい。

 

スポンサーリンク

勉強は自分のペースで

勉強は自分のペースで行うものだと思う

集中力というのは自分でしかわかりません。自分がどれくらい集中できるかも自分の経験によるデータ収集でしかわかりません。確かに、スポーツのコーチが「お前集中していないな!そういう状態の時は集中できなくなんだよ!」と言う指導も正しいです。しかし勉強に関しては生徒が自習しているところをつきっきりで見ている人が少ないので、結局自分のデータに頼るしかありません。

「お前最近勉強していないな」とか、「午前中ずっと寝てんじゃないか」とかいう人がいますが、「お前のデータを俺に当てはめるな!」という感じです。集中力に関しては人の意見はあまり参考にならない気がします。

勉強は自分のペースで考えるのが一番いいのです。

 

勉強はどこでやるべき?

勉強はどこでやるべきか

よく勉強はリビングでやる方がいい、という人がいますが、小生は半分正しくて半分微妙だなと思います(だいたい正しいじゃないか…笑)。人によると思います。周りがガヤガヤした環境でやる方が集中力がつく、というのは確かにありますが、自分が一番集中しやすいところでやるのが一番いいと思うのです。

なぜなら教科によってリビングで集中しやすいものと、集中できないものがあります。文章を読む系の、特に国語の文章問題なんかはテレビのついているところでなんか集中できない。本番は静かなので、余計な音が入ってこないでかなり集中できます。センター試験の国語でも選択肢が簡単な分、文章がややこしいものがあるので、文章はしっかりと読めなければいけない問題が多いです。東大の国語などは難しい上に要約しなければいけないので、気が散って一箇所を読み飛ばすなどありえない。

よく本番環境に強くなるために、と言いますが、小生は本番環境に強いというのは「一回性の勝負に強い能力」のことだと思います。ミスったら終わり、という気持ちに強い能力のことだと思うので、場所のことではないと思います。むしろ本番環境である試験会場の大学の講義室はかなり静かでカフェよりも集中できます。

なので勉強は自分の一番集中できる場所を探して勉強するのがいいと思うのです。勝負強さは対戦ゲームやトランプで鍛えればいい。だいたい勝負というのは「自分が負けた方がいいかな、と考える人が負けるものだ」からです。

 

スポンサーリンク

自習室は人を滝行者にする

親に渡された高校生の小生は分厚い封筒を渡され、それを持って予備校に申し込みに行った思い出が濃い小生ですが、予備校に入ると他人を強く意識します。世の中のほとんどの人間は競争によってパフォーマンスを上げるものだと小生は思います。幼い小生は当時、勝負とは我慢比べだと思っていた。これがまずかった。

小生は学生時代、長時間のキツイ滝行を続けられる人が弁護士や医者よりも偉いと勘違いをしていたので、「椅子に座り続けられる人間がこれからの世の中を作っていくんだよ」とか、「お前の集中力、見切った」とか、「席を立ったな!はははははっ!武士がサヤを捨てるのと一緒の行為だよ!!!!!!」と、心の中で言っていました。

小生は滝行者に対する強い憧れとコンプレックスから、集中力が切れても座り続け、もはや集中しているかいないかわからない状態を続けていました。

これは勉強をしているのか、滝行者の心理を予備校の椅子を使って体験しているのかわからない状態でした。もしかしたら小生は大学に行きたいのではなく、菩提樹の下に座りたかったのかもしれません。

完全に人にもよりますが、予備校の自習室は人を滝行者にします。そういう人は勉強に本当に集中力を発揮することができる場所を新たに探した方がいいでしょう。そこで提案したいのは、ズバリ…

シェアオフィスです!!

都内にはビジネスに使うことができるワーキングスペースというものがたくさんあるのです。

 

スポンサーリンク

シェアオフィスとは?

シェアオフィスで勉強するのがいい

ワーキングスペース?それ仕事をするところじゃないの?と思う人もいるでしょう。そうです、シェアオフィスとはスタバでドヤリングしすぎて街を追われた人間が、ビルに閉じ込められて高速無線LANに拘束される場所です。風の噂で聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

小生は先日、地元に帰った際にシェアオフィス使いに行ったのですが、そこで女子高生が勉強をしているのを見かけたのです。休日だったので制服ではなく私服でしたが、おそらくセンター試験かなにかの勉強をしていました。オフィスのオーナーがアドバイスなどをしてあげていたので、おそらく学生さんであろうと思います。そこで小生は思ったのです。

「可愛い!」…ではなく、「なるほど!これだッ!」

滝行時代を悔やんだのはこの時でした。そのシェアオフィスのフリーデスクは一ヶ月1万円。都内の高いとこでも1.5万円か2万円くらいでフリーデスクを使うことができる。なので下手に喫茶店やファミレスで店員の舌打ちを我慢するよりも、シェアオフィスで1日誰にも邪魔されずに勉強する方が断然効率がいい!ということに気がついたのです。

まあ、当時小生の街にはまだシェアオフィスやその概念もなかったのですが…..。

 

スポンサーリンク

東京都内で勉強に使えるシェアオフィスはコーヒーも無料で持ち込み可

東京都内のシェアオフィスは勉強に使える

小生の滝行時代に小生が町の市民会館的な場所で滝行をしに行ったら、町の一番頭いい学校の生徒がお菓子を食べながら勉強しているのを見て驚いたことがあります。

「この娘、滝に打たれているのにポテチ食べてる…。」

なんと、滝行の最中にお菓子を食べると言う修行者にはあるまじき行為。しかも偏差値に見合わずおしゃれで可愛い。(おい…)小生はその豊穣な….いや、修行不足の学生をあっけからんと眺めていました。隣の山では片目に眼帯をつけて疲れたら反対の目に眼帯を付け替えるという荒い滝行を行う修行者の噂を聞いたことがあったのですが、ポテチにはたいそう驚きました。

さらに驚いたのは後から同じ学校のシュッとしたサングラスをかけた学生(注:同学年)が来て、彼もまたお菓子を食べ始めた時でした。

「どうなっているんだ、この街は…賢しらに僅かな醜態を見せびらかして…」

エボシ的にこんなことを思ったのですが、今思えば周りの迷惑にならなければお菓子は別に勉強しながら食べても問題ないわけです。なぜなら自分が一番集中できる環境を作ることが大事だからです。

小生は滝行のおかげで集中力がありすぎるので、途中でお菓子を食べることに集中力を発揮してしまうのですが。

…..とにかくシェアオフィスというのは滝行中でもポテチを食べてもいい、と言う場所なのです。店舗にもよりますが、大抵はオフィスにポテチなどのお菓子が販売されていたり、料理を出してくれるところがあります。店舗によってコーヒーやドリンクも無料です。座席も自由に変更OK。

東京都内にはこのようなシェアオフィスがたくさんあるので、ドロップインの料金を支払えば3時間500円とか1日1000円くらいで使える場所があります。

 

東京都内には勉強に使えるシェアオフィスがたくさんある

東京都内には勉強に使えるたくさんのシェアオフィスがあります。地域が協力してるところもたくさんあります。「日経オフィスパス」というものがあり、都内の登録されているシェアオフィスを一ヶ月15000円くらいで使い放題になるサービスなんてものもあります。

都内に住んでいるなら図書館などが非常に需実していますが、勉強している学生が多く、混雑していることが多いので、シェアオフィスに登録しておくのもおすすめです。初期費用のかからないところがあるので、そうしたところを見つけて登録しておけば、カフェ代金を節約することもできます。

 

都内の勉強に使えるシェアオフィスは集中できる?

そもそもシェアオフィスは勉強に集中できるのかも気になるところです。基本的にシェアオフィスは静かなところが多いです。電話は専用の部屋でするとか、外に出るとかのルールがあります。会議も会議室が別にあるので、オフィスの中は静かです。

パソコンの音がうるさいこともありますが、席を変えればいいのです。ソファーの席やカウンターの席、別途料金で専用の机を確保することもできます。図書館のように集中することができるので大丈夫でしょう。

 

東京都内で他に勉強できるところ1:図書館

シェアオフィスがおすすめなのですが、他にも東京都内でおすすめの場所はあります。別の場所も一応見ていきましょう。一番はやはり無料で使える図書館です。都内には蔵書量の多い、Wi-Fiのある、広い、漫画がある、などの充実した図書館があります。学生街にある図書館はいろんな学生が来るので非常に混雑しますが、使いやすいので集中できます。

何しろ無料で使うことができるのがいいでしょう。

 

東京都内で他に勉強できるところ2:スタバ

定番中の定番ですが、東京には駅に2つとか3つとかスタバが無駄にたくさんあります。「でもお高いんじゃない?と思うかもしれません。そんなあなたのために朗報です。

スタバは普通のアイスとホットのコーヒーを頼むと「ワインドリンクチケット」がもらえます。ワンドリンクチケットはプラス150円(税込み162円?)でもう一杯コーヒーを飲むことができるのです。しかも他の店舗でも飲むことができるので、非常に便利です。

東京都内にはスタバが多数あるので、他の店舗でも使うことができるのがいいところです。

 

東京都内で他に勉強できるところ3:ドトール

東京都内にはドトールが380店舗以上もあるらしいです。駅前には必ずあるので、ドトールを探してサクッと勉強して帰る、ということができてしまいます。ドトールはスタバに比べてアイスコーヒーの料金が安いので、非常に使いやすい。

都内特に都心のドトールでは仕事をしている人も多いので混在していますが、地方のドトールに行くと受験期間中はかなりたくさん勉強している学生さんがいます。ドトールは夜は空いているので結構集中できるのです。

場所によっては東京都内で勉強や仕事、長居が禁止されているところがあるので注意です。入り口や座席に書かれているのでチェックしてから座るようにしましょう!

 

東京都内で他に勉強できるところ4:公園

一番無料で使いやすい場所と行ったら公園ではないかと思います。都内は公園が非常に多いので、参考書をじっくりと読みたいと思った時、公園に行くのがおすすめです。都内には芝生の広がってい公園がたくさんあるので、こうしたところに行って寝っ転がりながら勉強するのが一番です。

 

 

まとめ

都内には無料で勉強することができる場所から、比較的安い料金で勉強に使うことができるカフェがあります。でも一番いいのはシェアオフィスを借りてしまうことです。お金に余裕があるなら、バイトをしていたなら、親が出してくれるなら、シェアオフィスに行くのがいいと思います。

小生が今学生だったら、予備校は自習室を借りるためとライバルを見つけるために一科目だけとって予備校に通い、あとはシェアオフィスに1万円くらいで勉強します。

勉強頑張ってくださいね!

 

-未分類
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京に住むメリットとデメリットは?

東京に住むメリット11選!!東京はいいやつなのか悪いやつなのか?

  眠らない街東京ですが本当に眠りません。イベントごとがあると朝まで電車が通っていたり、深夜にも関わらず人がたくさん歩いていたり、はたまた朝になるとものすごい通勤客が押し寄せて、忙しく動き始 …

一週間の出張で持っていくべき持ち物

一週間の出張で必要な持ち物!ホテルに「ある」ものと「ない」ものなど

  一週間程度の出張ではどのくらいの持ち物が必要なのでしょうか。一週間となると着替えはどうするのか、クリーニングできるのか、ホテルには何があるのかなどを詳しく見ていきます。 一週間の出張の前 …

一人暮らしの夜の過ごし方

一人暮らしのみんな!!夜は何してる?寂しい夜の過ごし方22選!

    みんなは一人暮らしの夜に何をているのだろう。夜は寂しくて外に出ないという人も多いのではないだろうか。小生は基本的には夜は家にいるので外に行くことがあまりないのであるが、東京 …

横浜でおすすめの夜景スポット

横浜の夜の散歩スポット!暇つぶしにもデートにも最適な場所を実録公開!

  横浜は小生の生まれ故郷。正直東京よりも横浜が好きだ。おしゃれで綺麗で住みやい。綺麗な女の人もたくさんいる。いいとこしかない。 夜に一人で散歩するのもいい。友達と夜までやっているカフェにお …

人から聞いた怖い話

人から聞いた断片的な怖い話まとめ!

  皆さんは怖い話はどれくらいお持ちでしょうか? 江戸時代には庶民の間では一人に一つは怖い話を持っているものだと言われていたらしいです。それほど怖い話が大好きな人が多かったようですね。 人生 …




東京散歩の特集

「東京上京-up to tokyo-」は東京に関する情報を発信するメディアです。スタッフの現地取材によってリアルな東京をお伝えするメディアとして東京で生まれました。東京に住む人も、観光で来られた人も、東京に関わるすべての人のためのメディアです!