東京

話題のバンド「ザ・リーサルウェポンズ」聞いた!?メンバーやライブ情報も!

投稿日:2019年6月6日 更新日:

新しいバンドザ・リーサルウェポンズ

 

金曜ロードショーやゴールデン洋画劇場、それから日曜洋画劇場。「今週、ターミネーターやるらしいぞ!」と騒いでランドセルを背負って狭い校庭を走っていた時代が懐かしい。今は走っても背中に鳴るものは何もない。

鳴るのは肩こりと上司の怒声、それから時々「浅香光代さんですよね?」という繁華街のDQNの声。俺は男…。

「平成」に生まれた僕らは景気の悪い時代を生き、給料体制の崩壊、年金の崩壊、契約社員や派遣社員、〇〇難民、おまけに震災と、転びに転んでついに起き上がらぬまま「平成」が終わってしまった。

80年代のアクション映画を週末に見てきた僕らは、いつかきっと『ラスト・アクション・ヒーロー(1993) 』のシュワちゃんみたいなのがスクリーンを破って、「ヒーローも疲れるぜ..」そんなことを言って助けてくれるに違いなかった。

しかし平成にヒーローは出てこなかった。

時代変わって「令和」。まだ検索窓で一発変換できない頃、近所の商店街の店先のカレンダーが架け替えられていない頃、ノラ猫が平成のノリで築地にゴミをあさりにいっている頃、80年代上がりのニューヒーローが出てきた。

 

その名もザ・リーサルウェポンズ

 

スポンサーリンク

ザ・リーサルウェポンズがネットで話題になっている


「フジヤマ、フジヤマ、たかいい〜」wwwww

外国人の富士山好きはもやはDis笑。

撮影地はおそらく中野の哲学堂だと思われるのだが、『バック・トゥー・ザ・フューチャー』のマーティみたいな赤いベストに、『グーニーズ』のマイキーのお兄さんみたいな、いやサバンナ高橋の犬井ヒロシみたいな頭している流暢な日本語のアメリカ人?Vo.サイボーグジョー(CYBORG JOE)と、アメフトのヘルメットをかぶっているのギターや作曲のアイキッド(AI-KID)

二人は1月の終わり頃からYoutubeを通して80年代や90年代の映画や音楽やゲームなどを歌った楽曲の配信は始めている。CDなどの販売は2019年6月現在は行っておらず、Amazon MusicやApple MusicやAWAなどのネット配信によって販売を行い、新譜がYoutubeでMV付きの動画でIROMON RECORDから配信がされている。

すでにネットでかなり話題になっており、ツイッターでのバズ、iTunesでのロック部門ランニング1位を獲得している。先ほどの『クールジャパン』の他にも、厚切りジェイソンを想起させる『シェイキン月給日』の日本社会のサラリーマンを風刺したユニークな歌詞、80年代の学級崩壊や不良文化を歌ったスクールウォーズ的なPVの『熱血ティーチャー』。

それから大怪獣の着ぐるみで有名な我が家工房の怪獣が出演する『きみはマザーファッカー』。ニンジャスレイヤーみたいな『サイボーグメカニンジャ』、フレディやジェイソンが出てくる『プレミアムフライデーナイト』、スタローンやシュワルツェネッガーなどの80年代のアクションスターを歌った『80年代アクションスター』などのコミカルだが、クオリティの高い楽曲が盛りだくさん。

これらすべての楽曲のプロデューサーはアメフトヘルメットのアイキッド(AI-KID)さんが行っているようです。彼の顔は隠れてわかりませんが、おそらく日本人のようです。

 

Youtube再生回数やいいねがでかい!

youtubeの評価がすごい

基本的にはYoutubeを通してレコードを出していますが、2019年の6月の時点では総再生回数は150万再生くらいです。全部で11曲出しており、トップ3の曲で1位の『きみはマザーファッカー』が46万再生、2位の『80年代アクションスター』で25万再生で、3位の『シェイキン月給日』で19万再生です。他に10万PV越えのビデオが2本あります。

いいねの数も多く、悪い評価が少ないのも特徴です。悪い評価は本当に少なく、だいたい50以下です。10以下のもあります。海外のアーティストでスキャンダル起こしたり、ツイッターで変な発言してバット評価が付きまくったアーティストがいますが、まだ存在も知られていないし、スキャンダルもないので、純粋な曲の素晴らしさに評価が出ているのでしょう。

 

 

ザ・リーサルウェポンズのメンバーは?

メンバーはサイボーグジョーとプロデューサー兼演者のアイキッドの二人で行われています。

メンバーの詳細はYoutubeの概要欄や公式サイトなどにも掲載されていません。所属レコードレーベルの「IROMON RECORD」も公式サイトがないので、まだ詳細は不明ですが、ツイッターやインスタグラムなどの情報から雰囲気を知るしかありません。

 

サイボーグジョー

ボーカルのサイボーグジョー(@CyborgJoe2)は多分アメリカ人。で、日本語がやたら流暢な人物。なんとなくサイボーグ007のしまむらジョーを思い出したのですが、日本のアニメも好きなのかもしれません。しまむらジョーもハーフと言う設定でしたが、日本語が流暢なのでハーフなのでしょうか?なんとなく日本語を勉強して日本に来られた日本在住者の感じがします。


日本人はまずフィリーチーズステーキサンドなんて言葉を使わないので、多分アメリカ生まれの人物だと思います。バーガーとヴァーガーで悩んだもかもしれませんBurgerと書いています。

ツイッターのコメントの中に「テレビゲームのキャラクターとして生きたい!」、 『サイボーグメカニンジャ』を「これは僕の伝記ソング!」と言っています。

ザ・リーサル・ウェポンズはニンジャスレイヤーのコミュニティで話題になっていたらしいのですが、ニンスレをイメージさせる『サイボーグメカニンジャ』と言う楽曲があります。ニンスレファンなのかもしれません。

勝手な憶測でしかないのですが。

 

サイボーグジョーの年齢は?

ツイッターやインスタグラムのコメントなんかを見ると、本人は日本語が話せるだけでなく、日本語が書けるようです。ストⅡ世代でしょうか。30前後ではないかと思います。個人的には32か33くらいだと思うのですが。キャバクラみたいなので当てっこはやめますw。

大映スタジオなどにも訪れているから、日本の文化が好きな方らしいです。オタクの味方のようだ。嬉しい。

 

アイキッド

ザ・リーサルウェポンズのプロデューサーであり、楽曲制作やギターなどを担当している人物。あの80sサウンドはこの人が作っているらしい。80s好きの中二だった僕はかなり好みの楽曲ばかりでした。一番好きなのは『シェイキン月給日』。これはやばい。

Yamaha DX7とか使っているらしいのですが、シンセの柔らかい感じがかなりいいです。多分プロの方だと思うのですが、wikiで調べたら、ももクロなどに楽曲提供している、やはりプロの作曲家の方らしいです。通りで。

この人の曲本当にかっこいい。早く新曲が出ないか待ち遠しくなっています。いろんな曲を聞いてみたいです。シンセのバラードも聞きたい。


やっぱりフットボールとかが好きなようです。フットボールのヘルメットはそのためにかぶっていたんですね。

大学時代から編曲の仕事をしたいたようで、メジャーバンドのcaminoやビクターにもいたようです。プロの作曲家であり、映像作家でもあるようですね。Youtubeの概要欄にはMV監督と書かれているので、プロモを作っているのはこのアイキッドさんのようです。

なんでもできるんですね!!

 

アイキッドの年齢は?

wikiの情報はとにかく、「私は39じゃないぞ」と言っているので39より下なのでしょう。35より下っぽいです。サイボーグジョーとの絡み方から見て年が大きく離れてない感じがします。同い年か一個違い、といった感じでしょうかね。

ツイッターなどで話している話題から勝手にプロレスやフットボールの好きな世代の方のようです。20代でプロレスとか見る人あんま聞いたことがないので、30代以降でしょう。結局やっていたw

群馬出身らしいです。スーパーカブも歌に出てきましたね!アイキッドさんとサイボーグジョーさんの関係や出会いについては未だにわかりません。

でもこれからもっと話題になりテレビなどに出たらだんだんわかってくるでしょう。あとはライブで知るしかないですね。

 

スポンサーリンク

ザ・リーサルウェポンズの人気曲は?

2019年の6月時点でYoutubeに11本の曲を出していますが、今のところの人気曲を見ていきます。チャンネル登録者数が現在は2.3万人です。総再生回数は153万再生になっています。

ラジオで紹介されたり、メディアやネットニュースにもなってので、もっと上がっているかと思ったのですが、何せデビューして半年くらいですので、まだまだこれからグンと伸びてくるのでしょう。

 

ザ・リーサルウェポンズの人気曲1:『きみはマザーファッカー』

単純な再生回数で現在のところ人気の曲を見ていきます。「我が家工房」と言う大怪獣の着ぐるみを作る会社が協力してPVの撮影が行われています。朝のニュース番組のような演出で、よく晴れた日に屋上で撮影していますが、ファッ○ンやサノバ○ッチを連発しています笑。

パンクが好きだとどこかで見たのですが、この曲はパンクですね。「どくどく かぞく」、「パワハラ きょうし」と言う歌詞がツボります。子供向けの教育番組のような演出なので、難しい文字はひらがなで書かれています。

現時点で再生回数は46万再生です。ちなみにいいねは2万近く言っています。確かツイッターでシェアされまくった曲です。

 

ザ・リーサルウェポンズの人気曲2:『80年代アクションスター』

シルベスタースタローンはコネで家族をちょい役でねじ込む、と歌詞で言っていますwww確か家族も女優とかなんですよね。賞とかとってますよね。

他にシュワルツェネッガーやブルースウィリス、などの小ネタが入っています。引っ張って、最後のフレーズで落とす系の歌ネタです。芸人なのだろうかと思う一曲です。

現時点で再生回数は25万再生です。

 

ザ・リーサルウェポンズの人気曲3:『シェイキン月給日』

個人的にはこの歌が一番好きですね。コミカルな曲よりも普通に作った曲の方が好きなのかもしれない。

空耳アワー的な歌詞が面白いです。日本のサラリーマンの月給日を歌った曲ですが、主人公は派遣会社で働いているのか搾取されていますね。

曲のクオリティやリズムなど、この曲はすごい好みの曲です。現時点で出ている11曲のうち3番目に再生回数がでかいです。

現時点で19万再生です。

 

スポンサーリンク

消された楽曲『昇竜拳が出ない』はどこに?


PVにストⅡの映像が入っていたので著作権的に削除したようですが、今はネットにない曲です。これもいい曲です。

出だしから「昇竜拳が出ない〜」と言う歌詞で始まります。歌詞の中に技だしで指紋が削れるや、ザンギエフのパイルドライバーが鬼畜の所業など、ストⅡあるあるが入っています。

確かに兄貴にパイルドライバー連発されて泣いた思い出があります。昇竜拳は失敗するとしゃがんでかくっとなるから「こいつ昇竜拳出そうとしてるな..」ってバレるんですよねw懐かしいので思い出します。

ゲームとかも好きなんでしょうかね?いつの間に小生の文章が敬語になっている。

 

スポンサーリンク

ザ・リーサルウェポンズのライブ情報は?

バンドを知ったのは昨日の夜。それからずっと調べて聞いています。ライブが7月に行われるらしいので、チケットをとって見に行こうと思います。

前回は50人限定で阿佐ヶ谷のライブハウスでワンマンが行われたようです。そのあとに秋葉原のMOGRAでゲストライブが行われたようです。もっと早く知っていればー!と言っても、彼らはまだ2019年に登場したばかりです。焦るな。

次回は7月20日の11時〜のようです。前売りが始まるようです。買いにいきます。

 

日本の次世代スーパースター登場!期待するしかない

ライブが頻繁に行われていませんが、ライブよりもネットでのバズを狙っているのでしょうか。限定ライブを行っていましたが、ネットでバズらせ、限られた人しか行くことができない少人数ライブを行い話題性を作ると言う感じなのでしょうか。

ももクロとかも年齢や性別限定のライブが行われていましたよね。福山雅治さんが性別限定ライブを行って話題になりましたが、その時はチケットの争奪戦に負けてしまうファンクラブの人を優先させるために行ったようです。

限定ライブを行う方が根強いファンが作れそうなので、地盤作りにもなりそうですよね。リーサルウェポンズの意図はわかりませんが、7月のライブが楽しみですね!

 

 

-東京
-

関連記事

有楽町の夜の散歩

有楽町の夜散歩してきたよ!日比谷や銀座方面へも…

  前回は有楽町の昼間の散歩をしていきましたが、今度は有楽町の夜の散歩に行ってきました!と行っても同じ日ですが笑 いいですよね。有楽町。テレビやラジオのスタジオなんかがあるし、丸の内から近い …

吉祥寺は一人暮らしにおすすめ

吉祥寺は一人暮らしにおすすめ!家賃相場や周辺の施設まとめ

  吉祥寺は一人暮らしで最も憧れる土地といってもいいでしょう。家賃相場が高いことでも有名ですが、学生さんから社会人まで、お買い物や食べる気や観光もできる吉祥寺は憧れの場所です。 今回はこの吉 …

日帰り出張の持ち物

日帰りの出張で忘れてはいけない持ち物リスト!出かける前に見て!

  筆者は出かける前に絶対に忘れたくないものは全て玄関に置いておいたりと、いろんな対策をしてきました。いざ日帰りの出張となると焦ってしまって何を準備すればいいのかわからなくなってしまうもので …

東京に今すぐ上京したい

上京今すぐしたいぞ!悩みと解決方法

  東京に上京する時、悩むことは非常に多いかと思います。今すぐ上京したいと考えている人でも、お金や人の反対など、色んな不安要素があって上京したいのにできないという人も多いのではないでしょうか …

東京に住む不安はどんなものか

東京の一人暮らしが不安な人に!不安要素とその解決方法

  一人暮らしには非常にたくさんの不安がつきまといます。特に初めての一人暮らしだと「お金」や「治安」など、実家に暮らしていた時とは違って不安に思うことも多いでしょう。今回は一人暮らしの経験の …




東京散歩の特集

「東京上京-up to tokyo-」は東京に関する情報を発信するメディアです。スタッフの現地取材によってリアルな東京をお伝えするメディアとして東京で生まれました。東京に住む人も、観光で来られた人も、東京に関わるすべての人のためのメディアです!