引っ越し 生活

横浜で一人暮らしするのに必要な費用は?

投稿日:

横浜の一人暮らしにかかる費用

 

港町である横浜は海の景色を楽しむことができたり、みなとみらい地区ではおしゃれな商業ビルもんだってデートや買い物に人気のスポットです。横浜駅周辺のデパートやスーパーが多く、夕食の買い物にも最適でさらに賃貸物件の家賃の費用も安いので非常に住みやすい街です。

 

スポンサーリンク

横浜で一人暮らしするのに必要な費用はいくら?

東京の郊外である横浜は賃料が安くて治安もいいことから、人気の街ランキングでも常に上位にあります。人気の住みたい街ランキングで1位を獲得したこともあるほどで、東京よりも横浜に住む方が住みやすいという人も多いのです。

そんな横浜では一人暮らしをしていくのに必要な費用はいったいどれくらいなのでしょうか?生活費や物価などは東京と違ってどれほど違うのでしょうか?今回は横浜のエリアによる家賃や、学生さんや一人暮らしの社会人の生活費はどれくらいかも見てきます。

 

横浜の一人暮らしで必要な家賃は?

エリアによって安いところと東京と変わらないぐらいの家賃相場のところもあります。しかし基本的には東京郊外ですので、東京よりも部屋の家賃相場が2万円ほど低いことが多いです。だいたいのエリア別で見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

横浜駅周辺の一人暮らしの家賃相場

長い間工事をしている駅ビルで有名な横浜駅の周辺ですが、地下街に飲食店やお買い物スポットがあったり、デパートが集まっていたりと、買い物に優れているので非常に人気のあるエリアです。家賃相場としては平均で8万円ほどです。

ワンルームだと平均7万円ほど、1Kだと平均で8万円、1LDKだとだいたい9万円ほどの平均家賃くらいです。探せば6万円ほどもありますが、駅から少し離れたところになります。

横浜駅周辺の一人暮らしで安い家賃相場の場所と言ったら、保土ヶ谷や三ツ沢と言った横浜駅からちょっと離れた場所になります。駅の近くで探すとやはり先ほどの家賃相場ぐらいになります。利便性を考えて選ぶのがいいでしょう。

 

スポンサーリンク

横浜で一人暮らしするのに費用はかかる?

家賃以外にも生活費がかかってきます。横浜は東京と比べて物価が安いと言うわけではありませんが、東京都内で暮らすよりも比較的お金はかからないのではないかと思います。なぜなら娯楽に使うお金が減るからです。

東京に住んでいると飲食店が非常に多く、街を歩いてるだけでも美味しそうな匂いがします。ついてお店に入って無駄な浪費をしてしまうということが多いです。あるいは人混みが嫌でカフェに入って休憩したくなるので、お茶代が異様にかかったりします。

横浜は駅周辺は混雑していますが、平日などは空いているところも多く非常に住みやすいです。東京と違って緑もありますので公園に行って散歩をしたり、人間の自然のリズムで生活することができるので浪費も少なくなるでしょう。

 

スポンサーリンク

横浜で一人暮らしするのにかかる費用と内訳は?

では実際にどれくらいの費用がかかっていくのか今度は横浜で一人暮らしをした場合の費用の内訳を見て行こうと思います。

 

横浜で一人暮らしするのにかかる費用:家賃

先ほどご紹介しましたが、横浜で安いところを見つけようとすれば4万円から5万円の物件もあります。5万円ぐらいの物件でも内装がきちんと綺麗にされており、風呂とトイレが別で、ウォシュレット室内乾燥機が付いているようなところもあります。

最近は家賃が安い所でも、東京郊外ならば内装フルリフォームして綺麗にしていたり、新築物件などは最新の住宅設備を整えているようなところがあります。横浜住宅街が非常に多く広がっていますので、当然家賃の安い物件でもいいところがたくさんあります。

一人暮らしで家賃にお金をかけたくないというのであれば、京浜東北線の磯子や根岸や山手などが穴場です。横浜駅を少し離れるとお家賃もぐんと安くなり、静かで暮らしやすい所があるのでおすすめです。

 

横浜で一人暮らしするのにかかる費用:食費

続いて生活費を見てきます。横浜で一人暮らしをする場合は、生活費をうまく抑えると一人暮らしならば10万円以下でも十分暮らしていくことができます。中でも食費は節約するのに簡単な費用の一つです。

お米が1ヶ月5kg必要ですので2000円。食事を自炊すると大体1.5万円から2万円ほどで生活することができますので、自分でお食事を作っていくならば食費は2万円ほどしかかかりません。お惣菜を買ったり時々外食をするならば3万円ぐらいの食費で十分です。

 

横浜で一人暮らしするのにかかる費用:光熱費

光熱費とは電気代金とガス代金と水道代金です。物件によってオール電化のところがあれば電気代金だけでガス代金がないところもあります。しかしその場合は電気代金が普通よりもちょっと多めにかかるなどということもありますので注意です。

基本的には平均的には電気代金3000円、水道代金は3000円ほどです。ガス代金はキッチンでガスを使わなければ同じ3000円ぐらいです。これらを節約していくと2500円前後ぐらいにもできるので、だいたい8000円から1万円ぐらいと考えておくといいでしょう。

一人暮らしにかかる費用として意外と節約できないのは光熱費です。横浜も東京も光熱費にかかる値段はそれほど変わりません。ちなみに横浜のお水は綺麗なので、水道水を飲むこともできますし、調理に使うこともできますので安心です。

ちなみに私は電気電気も水道代金も一ヶ月3000円以下ぐらいですので、日中は仕事で外に出ているという人の場合は結構やすいです。

 

横浜で一人暮らしするのにかかる費用:ネット

最近は物件に無料のネットがついていることが多いので、インターネット無料の物件に入ると料金がかからないのでおすすめです。1ギガくらいあるとYouTube動画もサクサクと見ることができますので、1ギガ無料でついてくる物件を探してみると良いでしょう。

無料でネットが使うことができない物件の場合は、通信会社に契約してルーターを設置し、ネットを引かなければいけません。だいたい初回契約の人がルーター設置料金が無料で、あるいは不動産屋さんがキャンペーンで出しているネットで、無料で設置工事を行ってくれます。

月々にかかる費用としては大体3000円ぐらいです。しかし、自分のスマホのキャリア契約している料金もありますので横浜で、無料でネットが使える物件を探してみると良いでしょう。横浜なら新しいアパートなんかに内見に行くと、看板に「ネット無料」という風に宣伝しているところが多いです。

 

横浜で一人暮らしするのにかかる費用:娯楽費

東京と違って娯楽費は横浜ではあまりかからないのではないでしょうか。 横浜は桜木町屋横浜駅など以外は結構田舎です。田舎と言っても生活に必要なものはどこの駅にも揃っています。喫茶店や飲食店もありますが、カラオケやボーリングと言った娯楽は横浜駅周辺に多いです。

東京はどこの駅でもカラオケがあるというような感じですが、横浜では大きな駅でないとカラオケがなかったり、漫画喫茶がなかったりするので、意外と家で過ごすことが多くなるでしょう。

なので横浜で一人暮らしをする場合は娯楽費があまりかからないのでいいでしょう。横浜で一人暮らしする際は緑の豊かな公園を散歩したり、自転車を買ってサイクリングをしたり、海があるので釣りをしに行くなどの娯楽を楽しめます。

 

横浜で一人暮らしするのにかかる費用:交通費

東京と違ってかかるのは交通費ではないでしょうか。横浜に住む人は東京に通勤通学している人が多いです。湘南新宿ラインで東京まで一本でいけるし、横浜駅から東横線を使って渋谷まで一本です。横浜は東京に行くのに非常に簡単ですが、交通費がかかります。

通勤通学している人ならば定期を購入することができます。だいたい定期を6ヶ月で買うと一ヶ月あたりは新宿や品川までなら6000円から7000円ぐらいです。電車賃としては横浜から渋谷まで行くのに往復で600円ぐらいはかかります。

月々に換算すると交通費はなかなかかかるので注意が必要です。会社や学校で定期を発行することができるならば早めに作るのがいいでしょう。ちなみに通勤通学の朝と夕方の混雑は凄いので、通勤ラッシュにも注意が必要です。

 

横浜の一人暮らしで節約できる費用は?

横浜に住もうか、東京で住もう迷った人も多いのではないでしょうか。確かに横浜に住んだ方が東京に住むよりも一人暮らしの生活費用を節約することができるでしょう。しかしその人の生活環境によっては節約できない費用もあります。

例えば横浜の田舎の方の物件を借りてしまい、スーパーやコンビニが遠いところなどに住むと食費を節約するのが難しくなります。または時間が浪費されるので、バスや電車を多用し返ってお金がかかるということもあります。

東京ならばスーパーやコンビニはたくさんあります。激安商店街なるものもあり、意外と東京の物価は安いものです。横浜の場合は商店街がある場所、スーパーが集まっている場所を選ばないとお店まで遠いことが多いです。

 

横浜は東京よりもコスト(費用)は低くなるのか?

東京に暮らす代わりに横浜に暮らすことによって交通費がかかったり、お店に行くまでの時間がかかったりと、お金以外にコストがかかることがあります。お金と時間を同じ価値と考えると、実際は東京に住んだ方がいいのではないか?と思うこともあります。

東京に仕事があるならば2万円高くなっても。東京に住んだ方がいいのではないかと私は思います。毎日毎朝の通勤通学は大変だし、電車に乗っている時間のストレスは計り知れないものです。

しかし逆に東京よりも横浜は自然が多く、住宅地も静かで、治安も良いので安心して暮らすことができます。通勤時間がかかったとしても、家族で住んだり、子育てをしたりするならば横浜は非常に住みやすい街と言えるでしょう。

お金や時間のコストに関しては、若者やこれから結婚して子供を産んで同じ場所に住もうと考えている一人暮らしの方の状況などにもよるのかと思います。

 

横浜の一人暮らしでは買い物に費用がかかる?

もちろん東京の一人暮らしをしている人の方がお買い物に費用がかかるのではないかと思いますが、横浜もお買い物スポットが非常に充実していますので、お買い物にかかる費用が多いです。

横浜駅周辺にはルミネやモアーズやポルタに高島屋にビブレに電気屋さんや飲食店やカフェなど、非常にたくさんのお店があります。横浜駅に行けばまず何でも揃うでしょう。あるいはみなとみらい地区にも新しくできた商業施設もMARK ISなどがあります。

このように横浜はお買い物をするのに最適なデパートやショッピングモールが集まっていますので、一人暮らしでお部屋のインテリアを揃えたり、洋服を買いに行ったり雑貨を買いに行ったりしているとかなり費用がかかることになるでしょう。

 

横浜の一人暮らしは娯楽の費用がかからない?

しかしお金をかけないという方法もあります。東京と違って娯楽の内容が変わってくるでしょう。東京ではカラオケやダーツ、時間がちょっと空けばお食事をしたり飲みに行ったりということが多いでしょう。しかし、横浜では気軽に遊びに行く時間が減るでしょう。

地域によっては周りに何もなかったりして、気晴らしにすることと言ったら散歩くらいしかできません。東京の若者と横浜の若者とではだいぶ遊び方がかかります。大学生ぐらいならば横浜に住んでいる方が娯楽にかかる費用は抑えられるでしょう。

横浜でお金をかけないで遊ぶことができることも多いのも特徴的です。海が近いので海水浴に行ったり、釣りをしに行ったり、サーフィンをしに行ったり。大きな公園があるのでワンちゃんお散歩させに行ったり、ピクニックに行ったりという遊びが横浜では多いです。

 

横浜は費用がかからないのでやはり住みやすい!

なんだかんだ言っても横浜はいろんな費用がかからないので非常に住みやすい場所と言えるでしょう。家賃は安く、激安物件を見つけるの簡単です。町の人もいい人で、東京のような冷たさを感じることはないでしょう。初めての一人暮らしには非常に住みやすい環境が整っていますので是非とも横浜も賃貸物件を探しに行ってみてはいかがでしょうか。

 

-引っ越し, 生活
-, ,

関連記事

内見でおすすめの時間帯

内見の適切な時間帯はいつ?曜日を変えて2回以上行こう!

  内見は基本的には2回以上した方がいいです。不動産屋さんに急かされて一回しかしない人もいますが、2回以上、それも時間帯を変えて内見した方がいいです。 日当たりや住民の帰宅時間、また、周辺の …

内見時のチェックリスト

内見のチェックリストまとめ!行く前に見て!!【保存版】

  内見する時に見ておかなければいけないチェックポイントはいくつかあります。今回は筆者の過去の引っ越し経験から「見ておくべき」内見のチェックポイントをリストにしました。 台所や玄関など、場所 …

ニトリの単層ステンレスボトルライト

ニトリの「単層ステンレスボトルライト」買ってみた!いいぞこれ!

  単層ステンレスボトルをご存知でしょうか。ウィスキーやビールなんかを入れるステンレス製のタンブラーのことですが、これの携帯用のボトルがニトリでなんと400円で販売されているのです。 ニトリ …

引っ越しを自分でやる時の注意点

引っ越し作業を自分でやるときの注意点!

  面倒な引っ越し作業、嫌ですよね。特に引越し業者に頼むとその日までに準備をしなければいけなくなるので大変です。仕事をしながらや学校にいきながらちょっとずつ準備をしていくわけですが、急に時間 …

ニトリの電気ケトルのレビュー

ニトリの電気ケトル買ってきた!そして使ってみた!

  ニトリの電気ケトルは前から使っていたのですが、別の部屋の机に置きたいと考え、もう一個必要だなと言うことで今回改めて購入することにしました。 電気ケトルは無印やドンキにも売っていると知って …




東京散歩の特集

「東京上京-up to tokyo-」は東京に関する情報を発信するメディアです。スタッフの現地取材によってリアルな東京をお伝えするメディアとして東京で生まれました。東京に住む人も、観光で来られた人も、東京に関わるすべての人のためのメディアです!